“酒の肴”は映画とソーセー児

今宵の“酒の肴”...それは映画とチョットおませな双子姉妹のお話

開館25周年・名古屋港水族館 第1巻

2017-07-29 | ソーセー児姉妹のお話

双子姉妹イッコ&ニコ。 今日も元気 元気

今年も来てしまった双子姉妹の
の恒例お出かけスポット名古屋港水族館GO!
なんと 名古屋港水族館 は今年で開館25周年 !!
 名古屋港水族館

~・~・~・~・ 名古屋港水族館 ・~・~・~・~




小学5年生の双子姉妹
一緒にお出かけするのには 抵抗を感じ始める年頃
正直 嫌がるかな...と。思っていたが
テンション上げて行きたがるのだ行こうよっ!楽しみ♪
それには そ・れ・な・り(!?)の理由があるのだが...

まずは南館からスタート!
開館25周年を記念して開催されている企画展
「くらげの刻(とき)~漂い生きる不思議な生き物~」

くらげ___好きなんデス
スケルトンボディフワフワした感じ



双子姉妹には理解できなくてもなんでぇ~?どうしてぇ~?
アラフォーメスのワタクシにはた・ま・ら・ん
ハートを癒してくれる貴重な生物だから。。。

黒潮大水槽
名古屋港水族館名物イベント
「マイワシのトルネード」を見ることが出来るのだ。
ここ数年 双子姉妹には感動が伝わらずスルーポイントだっだが
とりあえず スゴイ! って。ことを熱意で伝えたところ
今回は一緒に観賞してくれたよ

大きな群れの形を刻々と変化させる約35,000匹マイワシ
マイワシの群れが一つの生き物のように
流動的に動き回る様子は圧巻

クエの歯磨きを見ることができたよっおもしろいっ!×2
飼育員さんがクエのお口を持つと
お口を開ける仕草をするクエ お利口さんだわぁ感心


赤道の海エリア

幸いあまり人が居なかったために サンゴ礁の海でチョット休憩
ここは テンションを上げてくれるエリア

鮮やかな色のお魚さんたちやサンゴ礁も美しい
淡いブルーの光が差し 双子姉妹も思わずマッタリ~


そして 深海ギュラリー
チョットばかり毒々しい展示...。
何しろ 深海なので 全般的に暗い
でも 何故か最近 胸キュンさせられてしまう深海の生き物たち。

ダイオウグソクムシ
見た目はダンゴムシに近い。フナムシ?
大型の割に極めて少食で飢餓に強いらしく
数年に一度しか食べなくても生きられる...。
なんとも かなしい生き物ですことぉ
食べることも最大の幸福であるワタクシにとって
食べない生活なんてコワイ キャァァァァーーー
でも。もし それができるとあれば
ワタクシも驚くほどのモデル体型で
世の殿方二度見じゃなくて三度見させる程の
魅力的な姫君になることができたのでしょうが・・・ムリ~×2

さて 双子姉妹の成長のため
ワタクシ一行もランチにしましょぉ~ヤッホィ~!待ってました!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 第2巻へつづく ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

『テーマパーク』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “よなよなエール”の巻 | トップ | 開館25周年・名古屋港水族館 ... »

ソーセー児姉妹のお話」カテゴリの最新記事