“酒の肴”は映画とソーセー児

今宵の“酒の肴”...それは映画とチョットおませな双子姉妹のお話

『怪盗グルーのミニオン大脱走』(日本語吹替版)の巻

2017-08-13 | 映画劇場鑑賞のお話

『怪盗グルー』シリーズ 待望の第3弾!
怪盗グルーのミニオン大脱走
(日本語吹替版)

お盆ですなぁ
街中は静かだけれど...。家中は大騒ぎ
小学5年生 の双子姉妹イッコ&ニコ
只今 という 双子姉妹にとっては
‘ありがた~い’システムを満・喫・中・
先日 夏休み前より公開を楽しみにしていた
映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』を観賞すべく
で浮かれまくっているわ~い!!
双子姉妹のイッコ&ニコと劇場へ

STORY   ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~
いろいろなガジェットを使い犯罪を繰り返す
バルタザール・ブラットを逃したことで
反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。
そんな中 グルーに双子の兄弟がいることが判明。
父親から莫大な遺産を相続している双子兄弟のドルーは
父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。
一方 グルーが悪の道に戻らないことがわかり
彼と決別したミニオンたち。
新たなボスを探す中で思わぬ事態に・・・。
 ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・

『ペット』、『SING/シング』などの
ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる
人気アニメーション『怪盗グル―』シリーズ第3弾
晴れて結婚したグルールーシーの前に
1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり
80年代ファッションに身を包んだバルタザール・ブラット
新たな敵!?として出現する。
そして あの怪盗グルーには生き別れになっていた
双子の兄弟であるドルーの存在が判明することになるのだ。

双子姉妹のイッコ&ニコ。‘双子という設定に
何故かハニカム  わたしたちと一緒だね

そうそう・・・。忘れていたわっ
『怪盗グルー』シリーズの主役はグルーだった。
なにしろ ミニオンたちの印象が強烈で
ミニオンたちのキャラクターに引っ張られていたけれど
よ~く よ~く考えてみると 主役は グルーなんだよねぇ
それにしても 悪党なんだけれど 憎めないミニオンたち
幸せを呼びそうなイエローのボディー
まん丸でズン胴。何頭身か全く検討がつかない
ある意味 魅惑的なボディーフォルム
さらに 小ぶりサイズでチョコマカと動く
守りたくなる小悪魔的なリアクション
さらに なんといっても アノ表情がた・ま・ら・ん
顔のカタチがイマイチわからないけれど
すばらしく豊かな表情の数々! キャァァァーーー。ヤバイッ!


今回は80年代を知るワタクシにも胸キュン
だって 今回の敵役!?バルタザール・ブラット
80年代ファッションに身を包んだワル!

キング・オブ・ポップと称されるマイケル・ジャクソン
今でも絶大な人気を誇るマドンナ
そしてA-haなどのヒット曲が使用されていて
思わず口ずさんじゃう~
隣に座った ニコから冷静な一言を言われるほど。
「楽しそうだね でも 静かに...ネッ。」  了解!

双子姉妹と一緒だったため
日本語吹替版での観賞となったが
意外だったのは 松山ケンイチ君 のバルタザール・ブラット
正直 エンドロールを見るまでは全く判らなかった上手いねぇ~
シリーズ始まった当初の怪盗グルー
笑福亭鶴瓶サンの声も ある意味 意外だったけれど
今は お馴染みに...。 なっちゃったからタラ~
芦田愛菜チャンのアグネスの声は無論 上手い!

ミニオンたち 90分間 幸せにしてくれて
 あ・り・が・と・う
怪盗グルー一家にも感謝してますよっ
 ★★★☆☆ < 星3.5ツ>

『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開館25周年・名古屋港水族館 ... | トップ | 日本モンキーパーク遊園地の巻 »

あわせて読む