“酒の肴”は映画とソーセー児

今宵の“酒の肴”...それは映画とチョットおませな双子姉妹のお話

『メアリと魔女の花』の巻

2017-07-16 | 映画劇場鑑賞のお話

米林宏昌監督。スタジオジブリ退社後 初監督作
メアリと魔女の花

ワタクシの住んでいる地域近辺でも
大雨落雷による被害でニュースとなった先週。
幸い ワタクシの家や一家には何事もなかったが・・・。
局地的で しかも 尋常じゃない降り方をする
天気予報だけでは
ココまでの事態が予測できないなぁ___と。
そんなことを考える今日この頃
国宝「犬山城」しゃちほこ
落雷により損傷したらしく
その姿を新聞で見て なんとなく 寂しくなっちゃった

さて 健康児の双子姉妹イッコ&ニコ。
数日で 待ちに待った
小学五年生の
どんなになるのだろうか
を前に浮かれているワクッ♪×2
双子姉妹のイッコ&ニコと劇場へ

   ・
天真爛漫だが 不器用で毎日に不満を抱えている
赤毛にそばかすの少女メアリ。
ある日 赤い館村に引っ越してきたメアリは
森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。
この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。
一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは
雲海にそびえ立つ魔法世界の
最高学“エンドア大学”への入学を許可されるが
メアリがついたたったひとつの嘘が
やがて大切な人を巻き込んだ大事件に発展してしまい・・・。
 ・
 

『借りぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』の
米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品。
同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立した
スタジオポノック長編第1作となるファンタジーアニメ
イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学を基に
禁断の魔女の花によって不思議な力を手に入れた
少女(メアリ)の冒険が描かれている。

最近 すばらしい活躍を魅せてくれる杉咲花チャンが
主人公の赤毛にそばかすの少女メアリの声を
また 神木隆之介クン、天海祐希サン、小日向文世サン、
大女優 大竹しのぶサン等が声優をつとめている。
今回のストーリーでも ある意味キーパーソンとなる
爽やかで 澄み切った目を持ち合わせる少年の役を
神木隆之介クンが声を当てているのだが
もはや安定感すら感じる見事なアフレコ力ですなぁ
また 初の主役アフレコをした杉咲花チャン。
もともと 花チャンのお声を聞いた時から
アニメ声優も出来るのでは...と。感じていたワタクシ。
勝手に 先見の目があった...と。自負しております
主人公のメアリにピッタリ!
個人的には 小日向文世サン、個性派俳優 佐藤二朗サン
渡辺えりサンのアフレコ声も好きなんでけれど



一緒に観賞した双子姉妹イッコ&ニコ
主人公のメアリは11歳ということもあり
イッコ&ニコにはとっての近い存在に写った様子。
実は 思わぬ反応を見せた双子姉妹驚き!
主人公メアリが“エンドア大学”への入学して
学校内を案内されているあたりから
「コワイッ!」と言って 目を背けたり
ワタクシ自身が年月をかけて育てた
めっちゃ (しまりのない)柔らかい
ワタクシの二の腕にしがみついたり___おやっ?
ネタバレになっちゃうけれど
人間や動物が 実験に使用されるシーンが
直視できなかったらしくて...。
本当に ○○バカで申し訳ありません
ベソかき気味のイッコ&ニコ
とてつもなくカワイイっ って思っちゃいましたテヘッ



禁断の魔女の花によって不思議な力を手に入れた
少女の冒険が描かれた本作品。
アニメのファンタジー作品だけれど
侮ることなかれ!
素敵なストーリーに 素敵な画力

これから を迎えようとする
双子姉妹に見せる作品としては最良作品だったよぉ
双子姉妹イッコ&ニコよ
この夏 どんな冒険(!?)してくれるのかなぁ~
身体面でも 精神面でも どんなんでもいいから
チョットでも何かが成長していてくれることを
なんとなく...。なんとなく...。だけれど
願っているよぉ~キラッ。キラッ。
 ★★★☆☆ < 星3.5ツ>

『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルビーポテトチップス“香る... | トップ | “よなよなエール”の巻 »

あわせて読む