PAPILLON OF GUARDIAN LIONS

パピヨンとの日常や出産・子育て、ドッグショー、私生活について。
「ブログ内の写真・文章の無断転載、写載等は厳禁です。」

近況

2012-05-23 | 出来事
ジャパンインター表彰式の後も相変わらずめちゃくちゃバタバタしていて、携帯も壊れ、また10歳を超えた子達が順番に病気で入院するというアクシデントに見舞われ続けております・・・。

まずは↓の写真のあちゃ丸君。

この写真は最近撮ったものですが(写メで)、あちゃ丸君、会陰ヘルニア(えいんヘルニア)と言病気になって5時間30分もの大手術に耐え抜き、このように元気になりました。



あちゃ丸君の会陰ヘルニア(えいんヘルニア)は重度のもので、最初は便秘気味だな・・・と思っていたのですが、とにかく様子がおかしくて、何度も何度も排便の形をとるのに上手く出来ない様子・・・。・・・なんか変・・・と思い獣医さんに連れて行くとかなり重い症状で、直腸に2箇所大きな穴が開いてそこへ臓器が落ち込んで便もつかえていたのです・・・。その他にも前立腺が肥大しすぎ肛門が外に飛び出していて手術を必要としていました。


開腹してみると穴は先生の想像以上に大きく、骨盤の横の筋肉を移植して穴を塞ぎ、肛門と直腸を糸で元の位置にひっぱり込むといった大手術になってしまったのです・・・。


この日は夜に会議があって、でもいつまでも獣医さんから連絡なく・・・。

連絡があったのは午後1時手術開始から五時半後の夜の6時30分を過ぎていました。



約2週間入院して退院してきたわけですが、退院当初のあちゃ丸はお尻の毛と尻尾の毛が刈り上げてあって、尻尾の先にチョコンと毛が残されていたので、笑ってはあちゃに申し訳ないのですが・・・まるでライオン丸・・・そのものでした。


今では直腸の穴も塞がって定着して元気になっています。

その後、美々杏が肝臓と腎臓と胆嚢の数値を悪くして、腎臓結石が出来ていることが判明・・・。そして現在利プりが異物を飲み込んで入院中・・・と、高齢化に伴う病気やらアクシデントで気の休まる時間がありません・・・。



でもそんな中でもファミリーから嬉しいプレゼントが届きました。

下の写真はアウトスタンディングブリーダー受賞の記念にファミリーが贈って下さったものです。



下の写真は頂いたカードなのですが、「素晴らしい子供達を生んでくれてありがとう」とのメッセージに思わず目頭が熱くなってしまいました・・・。皆さん、ありがとう




実はこの間、あちゃ丸とウィンズの初代子パピちゃんの1頭のそらちゃんが思わぬ事態で天国に旅立ち、パピヨンを繁殖してきたことに大きな疑問を持っていたのです。

あちゃ丸とウィンズの初代子パピちゃん達はあちゃ丸君とウィンズさんの出来ちゃった結婚で生まれた愛の結晶のお子達ではありますが、ワンコの寿命は人間より確実に短く、思いもよらない悲しみを受け止めなければなりません・・・。

家で生まれたパピ達の数だけ私にはその悲しみを受け止める覚悟が必要で・・・・・。

でもいざ直面してみると受け止めるのが辛くて悲しくて本当に自分に耐え切れるのであろうか・・・との思いで日々辛さが増していくばかりだったのです・・・。




それでも家の子達が生まれたことにありがとうと言って下さったファミリーの皆さんが居て下さって、愛されて幸せに暮していることは何よりの慰めになりました。



それからこの間ショーチャレンジしてきたウィンズの白雪姉妹の麗ちゃんが4枚目のカードを獲得してニューチャンピオンになりました。

yumiさん、麗ちゃん。本当に良かったです。おめでとうございます。

お写真沢山頂いているので編集できたらアップしたいと思っていますが、このショーチャレンジにはまた特別な思いがありますので、後日写真と共に触れたいと思います。


なかなか更新できないブログですが、美々杏と利プリの病状についても触れて行きたいと思っています。



この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンインターナショナルドッグショー表彰式

2012-03-31 | 出来事



個人としてはドッグショーから大分遠ざかっていますが、今日はジャンパンインター1日目に行なわれた表彰式に行ってきました。

それは何故かと申しますと、前回のウィンズさんのアウトスタンディングダムの表彰に続き、今回はブリーダーとして(・・・って、私は本職のブリーダーではありませんがf^^;)ブリーティングアワード・アウトスタンディングブリーダーとして表彰されることになったからです。

下の写真は名前を呼ばれて一歩出てお辞儀しているところです。お隣はマックスディーンのりえさん^^。
りえさん、おめでとうございますm--m







今日はファミリーのchieさんやお友達のかおりさんもわざわざお祝いのためにお花をもって駆けつけてくれました(・・・って実はかおりさん以外にはどなたにもお知らせしていなかったんですけど・・・。本当にありがとうございます。

かおりさんのお家のリティ君。


同じくステラ君。


この表彰は繁殖したパピヨンの数が少ない家としてはとっても意外で、お知らせを聞いたときには、(・・・ん???・・・・・?)と思いましたが、ファミリーの皆様がオーナーハンドラーで家の犬舎の子達をチャンピオンにして下さったお陰様です。

本当はもっともっと感謝の思いを言葉でお伝えしたいのですが、相変わらず時間がないので(すみません)取り急ぎアップさせてもらいました。

私は時間がないので、かおりさんにお写真送って出来ればファミリーの皆さんにかおりさんのブログでお知らせして頂けると・・・なんて図々しいお願いまでしてしまいました。かおりさんの方のブログも是非ご覧下さい!



この記事をはてなブックマークに追加