折々のうま-当たらぬでもなし:大外枠の爆走

我を愛する者は我が言葉を守らん

「過ち」はアイドルの余興に留まる曲ではない

2017年02月12日 11時54分03秒 | 芸能
稲垣潤一とさや姉とのデュエット曲「過ち

山本彩の守備範囲はどこまでなのだろう。
ロック、歌謡曲から演歌まで行けるアイドルだ。
アーティストという賞賛さえ陳腐に感じてしまう。
山口百恵の再来、美空ひばりにどこまで近づけるかだ。

有線大賞は確実だが、あとは、やすすがさや姉にレコ大を獲らせる度量があるかだ。
この曲はアイドルの余興に留まる曲ではない。
シングルカットすべきだ。
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レナッチーズ「ハッピーエン... | トップ | 能年玲奈に続き清水富美加も…... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。