通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度第2次口述試験(現在までに判明している情報)

2016年12月07日 12時11分57秒 | ●2016年度<2次試験>受験者へ

2016年度第2次口述試験(現在までに判明している情報)

2016年度第2次口述試験について、現在までに判明している情報を下記に集約しましたのでご覧ください。何か、間違いがあればお知らせください。
・件名:<間違い、見つけた!>(氏名)
・宛先:info@hello.ac

●コピペ出題者さん、ゴメンナサイ!
下記の通訳問題については、完璧に出典を確定できました。(祝!)
そば、鳥居、富士登山、迎賓館、偕楽園、大阪

●通訳問題で、まだ、干潟、酢飯、日本橋などの出典が不明です。
出典を見つけた方は、至急、下記までご連絡ください!
・件名:<出典見つけた!>(氏名)
・宛先:info@hello.ac

●「日本的事象英文説明300選」から17題が出題されました。(祝!)
プレゼンのテーマとして、「300選」から、下記の15題(全体36題の42%)が出題され、「受験者のバイブル」としての面目を保ちました。

・下記の( )内の数字は、「300選」のページ数を示します。
納豆(38)、漆器(52)、盆栽(56)、合気道(62)、神社(72)、初詣(82)、ひな祭り(84)、七夕(88)、文化の日(92)、お盆(90)、七五三(92)、振袖(102)、下駄(104)、提灯(108)、天皇制度(123)

・通訳問題として、下記の2題が出題されました。(祝!)
そば(32)、鳥居(72)

●鉄板予想問題の筆頭の<世界遺産>がプレゼンで出題されました。(祝!)
<模擬面接特訓>では、参加者全員が<世界遺産>を学習しました。

(1)世界遺産
日本には、現在、20の世界遺産 があります。そのうち、16 は 文化遺産で、4つが自然遺産です。富士山は2013年に世界文化遺産に登録されました。
There are now 20 World Heritage Sites in Japan. And 16 out of them are Cultural Heritage Sites and the other 4 are Natural Heritage Sites. Mt. Fuji was designated as World's Cultural Heritage in 2013.

●2016年度2次試験<受験レポート>の掲載について
頂戴しました<受験レポート>は、下記<公式ブログ>に順次公開しております。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/b25cc26d0289b9dffaaaab3d5cb90a28

●「日本的事象英文説明300選」購入のお申込み
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2次口述試験<現在までに判明している情報>
(  )内はプレゼンのテーマ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<10:00~11:00>そば
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●そば(盆栽(56)、御朱印、ラムサ-ル条約)
そばは厳しい気象条件の荒れ地でも育つことから、世界中に広く栽培されています。日本でも古くから食べられてきたもので、信州は冷涼でやせた土地が多く、良質なそばがとれたことからそばの名産地として知られていました。そばはそばがきやクレープのように食べられる例が世界的に多いのですが、日本独自の進化として麺状にして食べています。

●出典
長野県信州そば協同組合 > そばの歴史

●該当するサイト
http://www.ngn.janis.or.jp/~shokuhin/Buckwheat/soba_history.html

●出典コピペ度:100%で間違いなし!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<10:00~11:00>干潟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●干潟(下駄(104)、おばんざい料理、日本の免税制度)
日本各地の河川の河口付近には、多くの干潟がありました。そこは、古くから海苔の養殖が盛んでしたが、大都市の都市部では土地不足となったので、そこを埋め立てて土地にしました。よって、今はこのような干潟は減っています。

●出典不明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<11:00~12:00>鳥居
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●鳥居(ひな祭り(84)、日本の世界遺産、江戸城)
神社にお参りに行くと、最初に見えてくるのが「鳥居」です。「鳥居」は神聖な場所である神域への門です。語源は、「通り入る」がなまったという説や、日本最古の歴史書「古事記」に出てくる「鳥の止まり木」など、いくつか説があります。また造りや材質はさまざまで、地域や神社によって異なります。

●出典
太宰府天満宮 > 神社の知っ得 > 初めての神社 > 境内あれこれ

●該当するサイト
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/sittoku/first

●出典コピペ度:100%で間違いなし!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<11:00~12:00>眼鏡橋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●眼鏡橋(茶室の役割、厄年、国立西洋美術館)
長崎にある眼鏡橋は、アーチ型の石橋である。水面にうつった二つの円が眼鏡のように見えることから、眼鏡橋と呼ばれるようになった。眼鏡橋は1960年重要文化財に指定された。1982年に大水害により一部崩壊したが、現在は復元されている。

●ズバリな出典なサイトは不明。下記は参考サイト。

・長崎旅ネット > 眼鏡橋
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/95/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<13:00~14:00>富士登山
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●富士登山(川柳、日本の城の種類、人力車)
富士山に登る人に対していくつかの禁止事項があります。花や実、昆虫を採取してはいけません。岩や溶岩を持ち帰ってはいけません。また位置を変えることも禁止です。決められたルート以外を通ってはいけません。岩や建物などへの落書き、火を焚いたり、テントを設営したりしてはいけません。登山者の動物を放すことも禁じられています。

●出典
富士登山オフィシャルサイト
「富士登山のルールとマナーの中の法律で禁止されている行為」から抜粋

●該当するサイト
http://www.fujisan-climb.jp/manner/index.html

●出典コピペ度:98%で間違いなし!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<13:00~14:00>酢飯の作り方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●酢飯(合気道(62)、神社(72)、日本の家庭)
酢飯の作り方について説明します。まず米は固めに炊いてください。米が炊けたら、それをふんわりと桶に移してください。すし酢はそのまま注がずに、しゃもじに伝わせて酢が全体に行き渡るようにしてください。そこですぐに混ぜてはいけません。5秒待って、米にすし酢が染み込んでから混ぜてください。

●ズバリ出典サイトは不明。下記は参考サイト。

(1)
http://ninki-recipe.com/cookpad-tukurepo1000-tirashizushi-recipe/

(2)
http://www.sirogohan.com/recipe/sumesi/
ページ中程の③

(3)
http://kurozu-check.com/osu/komezu.html
ページ中程の美味しい寿司飯の作り方の項目

(4)
https://artroot.jp/article/201411233
ページ中程の3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<14:00~15:00>山梨県のブドウ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●山梨県のブドウ(お盆(90)、江戸時代の身分制度、鏡開き)
山梨はフルーツの日本有数の生産地です。とりわけブドウの生産が盛んです。これは四方が山に囲まれた盆地気候によるものです。夏は暑く、冬は降水量が少ないブドウ栽培に適した気候によるものです。

●出典候補サイト(参考サイト)

(1) 富士の国やまなし観光ネット(やまなし観光推進機構)
山梨の果実といえば、何といっても「ぶどう」でしょう。県内を見渡したほぼ全てのシーンに、ぶどう畑が登場すると言っても過言ではないほど。四方を山に囲まれた盆地気候は、日照時間が長く降雨がすくない。夏暑く冬寒い。また名水の里といわれるおいしく豊かな水など、この地に与えられた全ての条件がぶどう栽培の好条件となって、名実ともにフルーツ王国・やまなしのザ・ぶどうです。

http://www.yamanashi-kankou.jp/taste/fruits.html

(2)旅ぷら 山梨県のケンミン食(まちづくりプラットフォーム)
フルーツ王国山梨県は、ぶどう・もも・すももの出荷量が日本一。その中でも代表格は、何といっても「ぶどう」でしょう。県内を見渡したほぼ全てのシーンに、ぶどう畑が登場すると言っても過言ではないほど。四方を山に囲まれた盆地気候は、日照時間が長く降雨がすくない。夏暑く冬寒い。また名水の里といわれるおいしく豊かな水など、この地に与えられた全ての条件がぶどう栽培の好条件となって、驚くほど美味しく、宝石のように美しいぶどうを育てます。

http://kenmin.machi-pla.com/food/item?kenmin_id=19100011

(3)山梨県
山梨県では多くの果物が作られており、特に「ぶどう」「もも」「すもも」は国内最大の生産量を誇っています。4月の初めには桃の花が甲府盆地を埋め尽くし、さながら桃源郷の趣を見せてくれます。春から秋にかけて、甲府盆地は収穫の季節を迎えます。近年では国内はもとより、海外にも輸出され人気を博しています。また、シーズンには、広く世界中から多くの人々が山梨の果物を楽しむために山梨県を訪れています。

http://www.pref.yamanashi.jp/miryoku/budo/

(4)甲府市
山梨の果実といえば、なんと言っても「ぶどう」です。四方を山に囲まれた甲府盆地は、日照時間が長く、降雨が少なく、また、夏暑く冬寒い気象条件と、おいしく豊富な水があるなど、ぶどう栽培に適した条件が揃っており、名実ともにフルーツ王国やまなしの代表です。

https://www.city.kofu.yamanashi.jp/kanko/event/h24_budougari.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<14:00~15:00>となみのチューリップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●チューリップ(天皇制度(123)、高野山、日本の国立公園)
富山平野では戦前から水田の裏作としてチューリップの球根を栽培してきました。チューリップの球根は国内だけでなく海外へも出荷されます。富山県の砺波市では毎年、となみチューリップフェアが4月から5月にかけて開催され、700種、300万本の色とりどりのチューリップが咲き乱れます。

●出典候補サイト
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<15:30~16:30>迎賓館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●迎賓館(振袖(102)、和紙、グリーンツーリズム)
迎賓館、赤坂離宮は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、1909年に東宮御所として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

●出典
内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 迎賓館 > 迎賓館赤坂離宮

●該当するサイト
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/akasaka.html

●出典コピペ度:99%で間違いなし!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<15:30~16:30>日本橋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本橋(初詣(82)、七夕(88)、文化の日(92))
日本橋は文化財に指定されている橋です。しかし、現在、日本橋の上は高速道路で覆われています。高速道路は1964年の東京オリンピックの年に整備されましたが、いまでも首都の重要な大動脈として機能しています。

●出典不明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<16:30~17:30>偕楽園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●偕楽園(七五三(92)、納豆(38)、お伊勢参り)
偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖(せんばこ)に臨む七面山(しちめんさん)を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。

●出典
梅の芳香と歴史の景勝地 偕楽園

●該当するサイト
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen03.html

●出典コピペ度:100%で間違いなし!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<16:30~17:30>大阪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●大阪(漆器(52)、提灯(108)、駅の自動改札)
古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。

●出典
OSAKAINFO (HISTORICAL OVERVIEW 歴史1400年の歴史を誇る街)

●該当するサイト
http://www.osaka-info.jp/jp/discover/learn/historical_overview.html

●出典コピペ度:100%で間違いなし!

以上

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこの予備校がおススメですか? | トップ | 2016年度第2次試験<受験レ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む