通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度<合格体験記>(113)(中国語)

2017年02月12日 02時46分18秒 | ●2016年度<合格体験記>

2016年度<合格体験記>(113)(中国語)

●中国語(動画利用者、教材利用者)

(1)受験の動機

中華圏在住も20年以上となり、また2020年のオリンピックを控え、これまで少しづつ積み上げてきた中国語能力を生かすことができる資格を目指したもの。将来的にはこの資格を生かし、地元に何らかの貢献をしたいと考えたため(あいまいな動機ですみません)。

(2)第1次試験対策

(各科目毎に、他の受験者に参考になるようにできるだけ詳しくご記入ください)

<中国語> 

HSK6級免除を狙ったが、時間的に間に合わず。結局翌年の受験に保険を掛けるために9月のHSK6級を受け合格した(時すでに遅し)。

試験対策は、東方書店「中国語作文のための短文練習」を使い中国語作文練習を繰り返し行い、日本語→中文作文の勘所が鈍らないようにした。

四字熟語等の語彙力を日々の勉強でアップさせた。白帝社「40字で伝える日本」を繰り返し勉強し、「桜前線」「水引」等の日本独特の文化的事象等を中国語で説明(書ける)よう訓練した。

<日本地理> 

「通訳案内士試験直前対策」・ シンクタンク瀬戸内総合研究機構「世界遺産ガイドー日本編ー」「いますぐ行きたい!日本の世界遺産」「トリップアドバイザー 外国人に人気の日本の観光スポット」を利用。

また、「日本ジオパークネットワーク」のホームページはすべての日本ジオパークを印刷し、隅から隅まで毎日少しづつ読むようにした。

ハロー教材では、第1次邦文試験対策<特訓1800題>をほぼ毎日繰り返した。「通訳案内士試験直前対策」は文章での内容は充実しているが、地図が少なく、地理的感覚を養うのは難しいと感じ、ハローの教材(地図帳)を補助教材として利用。河川名・山脈名が面白いほど頭に入った。自己採点では70点くらい。

<日本歴史> 

「通訳案内士試験直前対策」・ハローの「マラソンセミナー」教材・第1次邦文試験対策<特訓1800題>のみ利用。

「通訳案内士試験直前対策」で政治史・外交史・文化史の流れを把握し、ハローの教材で重要用語を把握(コンメンタール式の記述がとても参考になった)。

2016年度はこの2教材+1800題をしっかりやれば合格点を取れるような内容と感じた。自己採点は85点。

<一般常識> 

「通訳案内士試験直前対策」・観光庁のホームページで役に立ちそうな情報を印刷し熟読・第1次邦文試験対策<特訓1800題>くらいしかやらなかった(少しあなどっていました)。

実際の試験では、わからない問題が数多く出てきてかなり戸惑った。途中で開き直り、「とにかく知識を総動員して類推しよう」との気持ちで問題に向かったのがよかったのではないかと感じている。

自己採点では50点以下、「また来年か…(海外在住なのでまた飛行機代かかるな)」を覚悟した。

(3)第2次試験対策

まずは用語の理解とハローの「予想問題厳選30題コンテスト」から自分のわからない用語(約150項目)をウイキペディア等で調べ、日本語で理解するようにした。

週一回中国語に行っているので、中国語の先生を試験官に見立てた模擬試験を9月から三か月間行った。

中国語の先生からはプレゼンは「時・地・人・物・事」を必ず盛り込むようアドバイスされ、上記150項目を一つ一つ「時・地・人・物・事」を念頭に日本語で整理し、覚えるようにした(本音は中国語で整理すればよかったと思っているが、如何せん時間がなかった)。

日本語→中国語訳は出張者が来るとよく通訳役をやらされているので、特段練習はしなかった。

(4)ハローのセミナー、メルマガ、動画、教材などで役に立ったこと

本試験勉強は2016年初より始めたが、何の羅針盤もなく戸惑う日々が続いた。

そんな中、上述の「通訳案内士試験直前対策」にハローのホームページの紹介があったので、何気なく開いてみたらまさに「目から鱗」状態。

内容も素晴らしいし、各科目の合格点ラインの情報(正直ハローの情報がなかったら、一次試験の一般常識で不合格であると思い込んで、二次試験対策はしなかったと思う)等、役に立つものがぎっしり。

この出会いがなかったら合格は程遠かったと感じます。本当に植山先生に感謝申し上げます。

(5)今後の抱負

現在海外在住なのですぐに通訳案内士の業務に就くことは考えていないが、またハローにおんぶにだっこで、業界の情報収集から徐々に始めていきたい。

植山先生今後ともよろしくお願い申しあげます。

以上

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <新人ガイド懇親会>の申込... | トップ | 2014年度<合格祝賀会>参加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●2016年度<合格体験記>」カテゴリの最新記事