通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2015年度<合格祝賀会>感想(25)

2016年03月19日 04時01分31秒 | ●2015年度<合格祝賀会>参加者の感想
2015年度<合格祝賀会>感想(25)

●植山先生
先日は、豪華盛大な“ありえへん”ほど素晴らしい合格祝賀会にご招待いただき、本当にありがとうございました。
1次試験通過後、ずっとここを目指して(夢見て)頑張ってきたので、遂に、この日を迎えることができ、感無量でした。
過年度の動画を見て想像していた通り、本当に楽しく笑顔の絶えない祝賀会でしたが、 実際の会場では、想像をさらに上回る、密度の濃い時間を過ごさせていただきました。

開始前の控え室から、既に、熱気はピークに達していました!
初対面の皆さんと名刺交換させていただき、また、12/13の迎賓館打ち上げ会で出会ったメンバーのうち3人と再会できて、とても嬉しかったです。
はりきって、名刺200枚を用意し、パーティー仕様のものと、(万一、派手すぎて浮いた時のために)普段仕様の無難なものと、両パターン用意して行きましたが(笑)、
皆さんの個性豊かな素敵な名刺を拝見して、私も、迷わず、パーティー仕様のみを配らせていただきました。(笑)

個人的に、ただ1つの心残りは、せっかく先生が、交流の機会として設けてくださった11~12時の控え室での時間を、十分活かしきれなかったことです。
遠方から出席のため、始発の次の早朝のJRで来たにもかかわらず、都内でのヘアセットやコインロッカー探し等で時間を取られ、やっと会場入りできたのは、12時少し前のほぼ終盤のあたりでした。
もっと早く到着できていれば、もっと多くの方とお話する機会を得られたのに、と悔やまれます。
来年以降に行かれる方は、是非、少しでも早く、会場に到着されることをおすすめ致します。
今回、大量に余ってしまった名刺は、また、今後の放送事故多発セミナー(笑)等の機会に、活用したいと思います。

階段を利用しての、約200名の合格者全員での集合記念写真。圧巻でした!
とても手際よく誘導していただき、整列も予想外にスムーズで時間がかからず、撮影後、再び、控え室での交流の時間に充てられたことは、大変ありがたかったです。

いただいたこの晴れやかなお写真は、私の誇りであり、宝物です。
今後、新たな試練が訪れた時、きっと、心の支えになると思います。
HPにアップされた集合写真の大きな画像では、お一人お一人のお顔を鮮明に見ることができ、嬉しいです。
また、約700枚のスナップ写真のアップも、とてもありがたいです。(自分が写っていなくても、記念に、全部保存したいです。(笑)

祝賀会では、(私も含め)大勢の方への金一封の贈呈や、美味しいお料理、豪華商品の抽選会、優雅な生演奏等、ありえへんこと尽くしでしたが、中でも一番、ありえへんかったイベントは、やはり、植山ファミリーのご登場だったと思います。

他の方のご感想にもありましたが、まさか、お兄様も、先生と同じ路線の方だとは、全く予想もしていなかったので、びっくりポンでした!(笑)
まさかの金髪ウィッグ登場に、会場、大爆笑!
しかし、私個人的には、ただ、面白おかしいだけでなく、英語でモノマネをする、つまり、ある人物の特徴を捉えてそれを英語で再現する、という、かなり高度な芸のご披露に、驚嘆・感嘆させられました。
私の外国語での表現力も、いつか、そこまでのレベルに高められると良いのですが。

そして、さらに、ありえへん植山ご兄弟のルーツであられるお母様のご登場!
誰も予想だにしていなかったこのサプライズに、会場からは、どよめきが起こっておりました。
ご高齢にもかかわらず、気品があり凛とされていて、いただいたお言葉は、とても胸に染み入りました。
そして、お二人の息子様達は、まさに、お母様のお言葉を実践なさってこられたのだな、 と感動致しました。
素敵なファミリーヒストリーのダイジェストを見たようで、とても温かい気持ちになりました。
某N○Kの同名番組で取り上げれば、高視聴率、間違いなし!だと思いました。

祝賀会での植山先生とのツーショットも、夢の1つでしたので、撮影タイムになった瞬間、お食事よりも、まず最優先で、ツーショット撮影の列に並びました。
何せ、200名もいるのですから、単純計算で1人1分でも3時間以上。
恐らく途中で時間切れになって、全員は撮影できないかもしれない、と思ったからです。
それで、早めに並んで、無事、ツーショット撮影を終了し、お料理の列に行くと、もう、あまり残っていませんでした。(笑)
皆、前日から(?)、プチ断食していたこともあり(笑)、
予想外に、お料理のなくなるスピードが速かったようです。
時間差で後から出てきたデザートは、少しゲットできました♪見た目もキレイで美味しかったです。

もちろん、ツーショットの方が重要ですので、美味しそうなお料理をやや逃した件(笑)については、全く後悔はありません。
ただ、驚いたのは、予想以上に、撮影タイムが長く、その後も、延々と、ツーショット撮影タイムが続いていったことです。
撮影の列が、途絶えるどころか、長くなる一方なので、皆の期待に応えてくださっていて、つまり、先生は、祝賀会中ずっと、飲まず食わずだったということになります。
プロデューサー兼総監督であり、ずっと、お忙しく、ビデオ撮影や指示を出しておられた上、フリータイム中も、サービス精神満点で、皆のおもてなしに徹しておられるお姿に、感激致しました。

長い期間かけて準備してきてくださった一大イベントが、無事、大盛況のうちに幕を閉じ、先生も、そろそろ、お疲れが出てこられる頃ではないかと思います。
是非、南の島で、ごゆっくりお疲れを癒していらっしゃってくださいね。
Bonnes vacances !!

今後も、植山チルドレンの1人として、自分にできる社会貢献を目指し、実践しつつ、 先生主催のイベント等にも、また、是非、参加させていただきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。

合格祝賀会、本当におつかれさまでした。本当にありがとうございました。

以上
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年度<合格祝賀会>感想... | トップ | 2015年度<合格祝賀会>感想... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む