通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

会社をやめて、フランス語ガイドとして専念すべきかどうか?

2016年12月30日 21時48分26秒 | ●通訳ガイドに関する質疑応答コーナー

会社をやめて、フランス語ガイドとして専念すべきかどうか?

<ご質問>
今年度、1次、2次試験をフランス語で受験し、現在結果を待っている者です。将来この道で食べていけるようにしたいと考えています。
現在、ある会社で働いていますが、合格後、最初から今の仕事を完全にやめてガイドの仕事に専念すべきかどうか迷っています。アドバイス頂けますでしょうか。

<回答>
仕事を完全に辞めるのはかなり勇気が要りますし、確かにリスクは高いですが、将来的にガイド専業で生計を立てることをお考えでしたら、思い切って辞めてしまうことをお勧めします。

最初の数年はガイドだけで食べて行くことは難しいと思います。(デビュー後すぐに食べていける人もいるのかもしれませんが、私は知りません)
ガイドだけで自活出来るまでにどの位かかるかは不明ですので、ある程度の貯蓄が必要です。

しかし、辞めることで退路が経たれた時、人間は底力を発揮します。
また、主な収入源をガイドの仕事にすることにより、全精力をガイド業に集中でき、結果として仕事の質も高まると思います。

ガイドの仕事は他の仕事と両立出来る簡単なものでもありません。真剣にお考えでしたら、そして今のお仕事にそれほど執着が無いのであれば辞めて良いのでないでしょうか。

収入が足りないうちはガイドを副業とするのではなく、他の何かを副業と考え(例えガイドの収入の方が小さくても)、自分はガイドだという意識で頑張っていれば、いつか必ずガイド業で食べていけると思います。そう信じたいです、私もまだガイドだけで食べていけてませんので。(笑)

(回答者)セミナー講師(フランス語ガイド)平本真衣子

(植山のコメント)
この相談を見ていて「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」を思い出しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティア・ガイドは「好... | トップ | 特別セミナー<通訳ガイドで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む