通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

HISが、ヤミガイドを食い物にするピンハネビジネスを立ち上げ!

2017年06月30日 13時09分48秒 | ●インバウンド業界ニュース速報

HISが、ヤミガイドを食い物にするピンハネビジネスを立ち上げ!

日本経済新聞(2017.6.29)によりますと、来年、ヤミガイドが合法化されることを受けて、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、ヤミガイドを食い物にする新しいピンハネビジネスを立ち上げることにしました。

●二重搾取を受けないように気をつけて!
ヤミガイド合法化を新たなビジネスチャンスと見て、今後、(ヤミ)ガイドを食い物にするビジネスが続出すると思われますが、派遣会社同様、二重搾取を受ける仕事は一切受けないようにご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HIS、訪日客に通訳ガイド紹介(規制緩和受け)(日本経済新聞)(2017.6.29)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、訪日外国人客と日本人通訳ガイドを仲介するサービスを2018年春から始める。国家資格の通訳案内士や規制緩和で認められるようになる無資格ガイドを登録し、空いている時間に担当地域を案内してもらう。モノやサービスを共有する「シェアエコノミー」の裾野が広がってきた。
報酬を得てガイドをするには通訳案内士の国家資格が必要だが、訪日客急増で不足してきた。そこで無資格者に有償ガイドを認める改正通訳案内士法が5月に成立。18年3月までに施行される。
パソコンとスマートフォンから見られるサイト「トラビー」を立ち上げてガイドを募集し、有資格者と無資格者を合わせて500人の登録を目指す。顔写真と対応できる言語、地域を表示。5段階で訪日客がガイドを評価する欄も設ける。
ガイドは自由に登録できるが、面談して語学力や接客力、観光知識が一定水準以上なら認定マークを付与。定期的に講習を開いて質を高める。
HISが全国で約500の観光プランを作り、ガイド情報と一緒に英語や中国語、韓国語でサイトに載せる。チャット機能で待ち合わせ場所などを打ち合わせてもらう。電話相談窓口も備える。
ガイドの報酬は評価などにより変わるが1時間あたり平均3千円前後を検討。8割をガイドに渡し、2割をHISが仲介手数料として受け取る。
訪日客はリピーターほど地方に関心を持ち、日本人との交流を求める。魅力的なガイドと橋渡しできれば地方への誘客とファン獲得につながる。
通訳案内士は4月1日時点で2万2754人が登録。観光庁の調べでは業務の頻度が年に10回以下の人が4割を占める。マッチングサイトができれば活躍の場が広がる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HIS サンフランシスコ支店催行の「灼熱地獄バスツアー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HISといえば、昨年、サンフランシスコで酷い目にあいました。

●事実経過
私は、H.I.S.サンフランシスコ支店催行の【ヨセミテ国立公園2泊3日プラン】というツアーに、2016年6月28日~30日に参加しました。
6月28日の午前7時30分にサンフランシスコのヒルトンホテル前に集合して、乗客合計約10名が、ツアーバスに乗って一路ヨセミテに出発しました。

サンフランシスコ近郊までは問題なかったのですが、サンフランシスコを離れて内陸に進むにつれて、バス車内の温度がかなり上がってきました。
数名の乗客が、「冷房を入れてください」と言っても、冷房が故障していたので、車内の温度はどんどん上がるばかりでした。

ガイド兼ドライバーの通称ツルさんも、たまらなくなったのか、車内中央にある天窓を開けて外気を入れようとしたのですが、外気そのものが、摂氏約40度もあったので、熱風が車内に入り込むばかりで、車内はさながら「サウナ状態」となり、サンフランシスコからヨセミテまでの約6時間が「灼熱地獄バスツアー」となってしまいました。
乗客の中には、気分を悪くする人も出て、ヨセミテに着くころには、全員が長時間の暑さでぐったりしてしまいました。

この時点で、楽しいはずのツアーが台無しになってしまい、今回のツアーに申し込んだことを深く後悔するとともに、このような故障バスを手配したH.I.S.サンフランシスコ支店に強い憤りを禁じえませんでした。
帰りのバスも「灼熱地獄バスツアー」ではたまらないので、翌日の6月29日に、H.I.S.サンフランシスコ支店に何回も電話をして、「灼熱地獄バスツアー」の状況を具体的に説明するとともに、6月30日の帰りのバスは、くれぐれも冷房の効くバスを手配してくれるように、支店長の小松氏に厳重に申し入れました。

小松氏は、「6月30日の帰りのバスは、必ず、冷房の効くバスを手配する」と言いましたが、当日になるまで、また同じような「灼熱地獄バス」来るのではないかと不安を払拭することができませんでした。
幸い、6月30日は冷房の効くバスが来たので、問題はありませんでした。

●H.I.S.サンフランシスコ支店の対応の問題点
当初、私の「灼熱地獄バスツアー」の説明に対して、小松氏は、「当社は、冷房の効くバスを手配しているので、植山様の仰ることが正しいかどうか分かりません」などと言っていたので、私が「暑いと言っているのは私だけではありません。
ガイド兼ドライバーのツルさんにも是非確認して欲しい」と再三言ったところ、小松氏は、バス運行会社に「6月30日の帰りのバスは冷房の効くバスを手配して欲しい」と言ったとのことでした。

初日の「灼熱地獄バスツアー」で台無しになってしまった【ヨセミテ国立公園2泊3日プラン】ですが、このままでは、H.I.S.サンフランシスコ支店のためにもならないと思い、再度、文書で抗議をしましたが、小松氏は、驚いたことに、「一昨日来 当該オプショナルツアーの催行会社へのヒアリングを行い、植山様の仰せの事実確認を実施させて頂きました。植山様のご判断では車のエアコンが故障していたとの事ですが、催行会社におきましてもさらに厳重なチェックを行いましたが、故障の事実はないとの報告を受けております」と木を鼻でくくったような返答をしてきました。

私は、これまで、日本のH.I.S. 新宿支店で、よく航空券を買ってきたH.I.S.の顧客であり、また、H.I.S.のCLASS ONEの会員でもあり、いわば、H.I.Sのファンでした。

今回、H.I.S.サンフランシスコ支店から、上記のような不当な扱いを受けたことに対して、厳重に抗議するものです。

●H.I.S.サンフランシスコ支店催行の下記のツアーは、「灼熱地獄バスツアー」を覚悟してください。
http://activities.his-j.com/TourLeaf/SFO0059.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤミガイド合法化でどうなるのか?(動画)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤミガイド合法化でどうなるのかについて、私(植山)が、約1時間お話いたします。

●動画
https://youtu.be/0IYmQReVptc

・下記を印刷の上、動画をご覧ください。(きれいに印刷できます)
http://hello.ac/douga.pdf

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <日本歴史>の「試験方法・... | トップ | 「落とすなら落としてみろ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●インバウンド業界ニュース速報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事