通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

北米・南米旅行の動画のご紹介

2016年09月03日 05時38分16秒 | ●海外旅行

北米・南米旅行の動画のご紹介

今回の北米、南米旅行の最終日の前日に、お上りさんよろしく、ニューヨークのマンハッタンを一周する<Circle Line Sightseeing Cruises>観光船に乗船してきました。
・<Circle Line Sightseeing Cruises>のルート
マンハッタンのミッドタウンウエストから出港した船は、逆時計回りに、ハドソン川を南下し、One World Trade Center, Statue of Liberty などを見て、イーストリバーを北上し、再び、ハドソン川を南下して元の波止場に戻るというルートです。所要時間2時間30分のツアーを33分に編集し、アップロードしました。真夏のマンハッタンの風を感じながら、しばし船上からのクルージングをお楽しみください。

・専属ツアーガイド
乗船した観光船のツアーガイドさんにガイドの経験、なぜガイドの仕事をするようになったかについてインタビューしました。動画の冒頭をご覧ください。

●<Circle Line Sightseeing Cruises>の動画
https://youtu.be/Pa0O5cbEriY

●<Circle Line Sightseeing Cruises>のホームページ
https://www.newyorkpass.com/En/

6月4日に日本を出て、約一か月間、北米、南米と廻ってきましたが、旅の疲れを癒すために、7月8日~10日に New York 郊外の<Mohonk Mountain House>という避暑地(リゾート)に行ってきました。
約150年の歴史を持つ<Mohonk Mountain House>は、アメリカのセレブたちに愛されてきた重厚かつ落ち着いた雰囲気のホテルで、日本で言えば、箱根富士屋ホテルか軽井沢のホテル鹿島ノ森と言ったところか。

●<Mohonk Mountain House>の動画
https://youtu.be/nAUBbAI1mfM

●ニューヨーク市庁舎(New York City Hall)見学ツアー
https://youtu.be/KU8f7AIrVSY

・ニューヨーク市庁舎(New York City Hall)
ニューヨーク市庁舎は、ニューヨーク市ロウアー・マンハッタン、シヴィック・センターのブロードウェイ、パーク・ロウとチェンバーズ・ストリートの間に位置するシティホール・パーク内にある。建物内には、ニューヨーク市長の執務室、ニューヨーク市議会室などがまだ残っており、アメリカで最も古い市庁舎である。
市役所の13の機関は、市庁舎の近くに位置し、世界最大の政府の建物の1つであるマンハッタン市営ビル内にある。市庁舎は、1810年から1812年にかけて建設され、アメリカの国定歴史建造物、国家歴史登録財にもなっている。

●サンフランシスコ湾クルーズの動画のご紹介
https://youtu.be/8Xub8kKgEYA

●軽飛行機の操縦訓練(Beechcraft社 C23 Sundowner)

サンホセのリード・ヒルビュー空港(Reid-Hillview Airport)に行き、パイロット養成学校であるAIR ACCORD社で軽飛行機の操縦訓練を受けてきました。
訓練の内容は、機体および燃料の点検から始まり、離陸前のエンジン出力性能確認、離陸、上昇、下降、左右360度の旋回、着陸など多岐に渡るものでした。
日本で訓練を受けていた時の機材は、CESSNA 152 とCESSNA 172だったのですが、今回の機材は、Beechcraft社 C23 Sundowner ということで、最初はかなり緊張しましたが、教官の適切な指導のおかげで、離陸後30分くらいすると Sundowner の飛行特性が分かってきましたので、楽しく操縦することができました。
今回は、操縦することに神経を集中させていたので、まわりの景色を見る余裕は全くありませんでしたが、次回は来るときは、サンホセ郊外の素晴らしい景色も是非楽しみたいと思いました。

●軽飛行機の操縦訓練(Beechcraft社 C23 Sundowner)の動画
https://youtu.be/ohyLW5RNQ4cへ行くのか

●ヨセミテ国立公園の概要

ヨセミテ国立公園はカリフォルニア州の中東部、シェラネバダ山脈に広がる自然公園で、世界的にも日本人にとっても最も有名な国立公園のひとつであろう。 特に日本人にとって、高原、高山、川、森林という上高地や尾瀬、そして北アルプス山脈を連想させる完璧な避暑地というイメージがあり、日本人が訪れる国立公園としてはグランドキャニオンと並んで最も人気が高い。 

4000m級の山々、1000mの絶壁、巨大な滝、裾野に広がる草原、深い森林と美しい小川は世界中の旅行者を魅了している。 
ヨセミテの魅力は、どの広大な広さと手つかずの大自然、観光客が集中するヨセミテ渓谷は全体の1%にも満たず、道路、建物、トレイルといった人工物を全て入れても全面積の9割は全く手つかずの大自然がそのまま保存されている。 ヨセミテは1864年に州立公園、1890年に国立公園として指定され、1984年には世界遺産に登録された。
シェラネバダ山脈が隆起してきたのが今からおよそ1,000万年前、山脈は西側に緩やかに傾く高原と、東側の急峻な岩肌を形成した。 

太古から流れる川の流れと、相次ぐ氷河期の到来により急峻な渓谷は滑らかなU字谷と変わっていった。100万年前の氷河期には、氷河がヨセミテ渓谷全てを埋め尽くすほどの時期があり、当時の氷河の厚さは1200mに達したと考えれらる。ヨセミテ国立公園は、シエラネバダ山脈の中でも非常に多岐に渡る生態地域が存在している。標高600mから4000mまで、実に5つの植生帯(シャパラル/オーク森林帯、低地・低山植生帯、高地・低山植生帯、亜高山帯、高山帯)に分かれ、カリフォルニアにある約7000種の植物のうち20%以上がヨセミテ国立公園内で見られる。 野生動物も多く、ブラックベア、アライグマ等の哺乳類が100種類以上、鳥類は200種以上生息している。もともとこのエリアは、1万年前頃から先住民の祖先が生息していたと言われている。 

11世紀頃からアワネッチー(アワニー)、パイユートと呼ばれる先住民達が住み着き暮らしていた。 1848年、カリフォルニア州コロナの町に流れる小川から金が見つかった。ニュースはあっという間に広がり1849年にかけて約10万人がカリフォルニアに押し寄せてきた。 当時、アワニーチーズ人達がヨセミテ渓谷で平和な狩猟生活を送っていたが1851年、白人のマリポサ大隊はヨセミテ渓谷に攻め込み、土地をカリフォルニア州のものとしてしまう。テナヤ酋長率いるアワニーチーズ達は必死の抵抗をするが、弓矢に鉄砲相手では勝ち目無し、この対立はマリポサ戦争として歴史に残っている。

●Yosemite Falls(ヨセミテ滝)とMirror Lake(ミラーレイク)
https://youtu.be/wqVRGwnOvpU


まずは、ヨセミテ公園代表するヨセミテ滝とMirror Lakeをご覧ください。

●ヨセミテ公園の公認ガイドによるヨセミテ渓谷ツアー(Yosemite Valley Floor Tour)
https://youtu.be/xympV8c_O-o


(1)このツアーは、Park Ranger が公認ガイドを務めることになっています。
(2)公認ガイド(女性)が、なぜ、Park Rangerを目指すようになったのか、その動 機について話してもらいました。(
(3)公認ガイドによるヨセミテ渓谷内のツアー

●マーセド川の清流
https://youtu.be/e_TY4mJWot0


(1)マーセド川の清流を眺めていると方丈記(鴨長明)の一文が浮かんできました。
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。  
たましきの都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、高き、卑しき、人のすまひは、世々
を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。
あるいは去年焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。
朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水のあわにぞ似たりける。知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。
また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。
その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。

(2)また、フランスの画家ポール・ゴーギャン最も有名な絵画の一つの名前である
D'où Venons Nous Que Sommes Nous Où Allons Nous
が思い浮かんできました。
即ち、
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

ヨセミテは、一人静かに、自分の人生の来し方行く末、人生そのものを考えさせてくれる場所でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヘリコプターでゴールデンブリッジの下をくぐり抜けました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サンフランシスコは、過去に三回ほど来たことがあるのですが、到着早々に、フィッシャーマンズワーフに出かけて行って、定番のシュリンプカクテル、クリームチャウダー、ロブスターなどを食べました。

●ヘリコプターでゴールデンブリッジの下をくぐり抜けました。
そして、本日、サンフランシスコを上空から撮影するためにヘリコプターをチャーターして飛んできました。
お天気も最高に素晴らしく、あのゴールデンブリッジの下をくぐり抜けたりと、大変楽しい飛行を楽しむことができました。

●サンフランシスコのヘリコプター飛行
https://youtu.be/VtdDLbbR3Sw

●フィッシャーマンズワーフのシーフード
https://youtu.be/WpTS_f5Lsvg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政府公認ガイドによるマチュピチュ遺跡観光の動画(英語)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日、マチュピチュ遺跡の観光をしました。
無資格ガイドの薄っぺらな説明には全く満足できませんでしたので、直後に、私は、英語が話せる政府公認ガイド(Deza Ore Fredy氏)を専属で雇って、再度、同じコースを説明してもらい、それを動画撮影しました。
合計で、約6時間の炎天下のツアーになり、体力的にはかなりきつかったのですが、とても良い動画が撮れたので大満足です。
まだ、マチュピチュにいらっしたことのない方、これから行く予定の方には是非ご覧になっていただきたいと思います。

●動画の内容
(1)Fredy氏によるペルーの通訳ガイド養成制度、資格試験などの説明。
(2)Fredy氏は、「ガイドの仕事は、私の人生そのものだ」と言っているのですが、彼が、なぜ、ガイドを目指すようになったのか、その動機について話してもらいました。(父親から、いつも、インカの歴史などを聞いていたとのこと、祖先がシャーマンだったことなど)
(3)Fredy氏によるマチュピチュ遺跡内のツアー

●Fredy氏によるマチュピチュ遺跡内のツアーの動画
https://youtu.be/lHg_gtVS6Q0

●ハイラム・ビンガム
ハイラム・ビンガム3世は、インディアナ・ジョーンズのモデルとされたアメリカの探検家、政治家で、1911年、イェール大学ペルー探検隊を組織して、ペルーへ入り、同年7月24日にマチュ・ピチュを発見しました。

●ハイラム・ビンガム列車
ハイラム・ビンガム列車は、オリエント急行を経営するベルモント社が運営するクスコのボロイ駅とマチュピチュ駅を結ぶ豪華列車で、下記をすべて含むサービスを提供しています。

・列車内でのブランチ(行き)とカクテルディナー(帰り)
・ベルモント マチュピチュ サンクチュアリー ロッジでのアフタヌーンティー
・マチュピチュの入場券
・マチュピチュ駅~マチュピチュ間のシャトルバス往復乗車券
・列車内での英語のガイド

 ●ハイラム・ビンガム列車

クスコからマチュピチュまでの3時間のはっと息をのむようなアンデスの絶景と音楽をお楽しみください。
https://youtu.be/_D-CkIdn7Fc

 ●ベルモント マチュピチュ サンクチュアリー ロッジ

マチュピチュ遺跡入口近くにある唯一の人気ホテルで、予約が取れないことで有名。
現在、同ホテルにてこのメルマガ原稿作成中です。
https://youtu.be/Gj4qKv6VteI

●イグアスの滝
本日、世界三大瀑布の一つで、世界最大の滝であるイグアスの滝(ブラジル/アルゼンチン)にブラジル側から観光しました。イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンの国境に存在し、滝の幅は約4、000メートルで、ブラジル側が80%、アルゼンチン側が20%を占めています。季節、降水量にもよりますが、大小150から300の滝が出現し、最大高低差は、アルゼンチン側の「悪魔の喉笛」と呼ばれる滝で約82メートルあります。玄武岩からなるパラナ高原の端にあり、100年で30㎝削られ上流へ後退しているそうです。本日は、まず、最初にヘリコプターの観光飛行をして、その後、滝に突っ込むボートツアーに参加しました。かつて、アメリカのT.ルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうなナイアガラよ」と言ったとか、その壮大なスケールに圧倒されました。

●イグアスの滝ヘリコプター観光飛行
約10分間の飛行でしたが、空から滝の全体像とそのスケールの大きさを実感できました。
https://youtu.be/Y6NtooYTRX4

●イグアスの滝にボートで突っ込む
25名乗りくらいのボートで、下流から滝の真下まで往復するボートツアーで、何回も滝に突っ込むので、ゴルフのカッパを着ていたのですが、下着までびしょ濡れになってしまいました。
https://youtu.be/lcV3_C_GZ_c

●イグアスの滝の全景
地上から、滝の全体像をご覧いただけます。
https://youtu.be/w5FjV3l2M8s

・悪魔の喉笛(イグアスの滝)
https://youtu.be/fUmNJmA9Ejs

・アンデスのフォルクローレ(民族音楽)
https://youtu.be/qiMJx8_fMCw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他の動画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ナスカ(ペルー)の地上絵の観光飛行
リマからイカ空港まで往復10時間をかけて、ナスカの地上絵を見に行きました。
https://youtu.be/Mwpsg6BfGDc

●リマ(ペルー)の街角
朝のラッシュに時間帯の街角の様子です。
https://youtu.be/UuyEYS7Rn3A

●アーリントン墓地(JFKのお墓、無名戦士のお墓の衛兵の交代)
https://youtu.be/RVR3vu9U1A8

●アーリントン墓地の観光ツアー(英語のガイドの説明付き)
https://youtu.be/1Se2MWkL570

●小型ヘリコプターの操縦体験
ロスアンゼルスで小型ヘリコプターをチャーターして、ロスアンゼルス上空を飛びながら、約45分間操縦体験をしました。
https://youtu.be/8h6XxZ_8rzI

●シェナンドー国立公園の熊
ワシントンDCからレンタカーを借りてシェナンドー国立公園に行った時、公園内の道の横に突然熊がでてきたので驚きました。
https://youtu.be/iC83SJ6pWc0

●南北戦争の激戦地ゲティスバーグ
ゲティスバーグで観光ツアーに乗った際のガイドの説明です。
https://youtu.be/qMFlbBUKsew

●ボルチモアの湾内の観光クルーズ
湾の外に出ると、すごいスピードを出すので、水しぶきでびしょ濡れになってしまいました。
https://youtu.be/5VhKyAgr85A

●ご感想
もし、よろしければご感想をお聞かせください。
宛先:info@hello.ac
件名:北米旅行(氏名)

以上

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はっと息をのむようなアンデ... | トップ | 「日本的事象英文説明300選」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む