通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

<模擬面接特訓>受講の感想(68)

2016年12月03日 21時20分38秒 | ●2016年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(68)

植山様

本日は模擬面接特訓、ありがとうございました。

試験前日の総仕上げとして教祖様から直接指導頂けたこと、大変感謝いたします。

詳細に渡りご指導いただきありがとうございました。

下記が本日の気づきです。

(1)和食は「Food」より「Cuisine」の方が良い
(2)和紙は和紙を漉くことをイメージして「handmade」をつけることを忘れずに
(3)通訳は大体3文程度で、S+Vなにかを意識して構成する。
(4)プレゼンは、日本のことを余り知らない外国人観光客をガイドの立場でおもてなしするという視点を常に忘れない。
(5)はやる気持ちを抑え、焦らずゆっくりと話す。
(6)歌舞伎は「a stage drama」、能は「a stage art」また寺は「Buddhist temple」 神社は「Shinto Shrine」など連語で表現し、最初から違いを意識する。
(7)今回の無形文化遺産の最新情報は話す機会や聞かれる機会があれば差別化できるので押さえておくと良い。

本日総点検して頂いたので明日の試験には自信を持って臨めると思います。

本日はありがとうございました。

以上

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <模擬面接特訓>受講の感想... | トップ | <模擬面接特訓>受講の感想... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む