通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

<11:00~12:00>眼鏡橋のレポートと出典の候補

2016年12月06日 09時50分11秒 | ●2016年度<2次試験>受験者へ

<11:00~12:00>眼鏡橋のレポートと出典の候補

下記は、眼鏡橋のレポートと出典の候補なのですが、コピペ率が低いので、確定できないでいます。
どなたか、探してください!

<眼鏡橋のレポート>

●長崎にある眼鏡橋は、アーチ型の石橋である。水面にうつった二つの円が眼鏡のように見えることから、眼鏡橋と呼ばれるようになった。
眼鏡橋は1960年重要文化財に指定された。1982年に大水害により一部崩壊したが、現在は復元されている。

●長崎の眼鏡橋は、中島川にかかる橋で、1960年に重要文化財に指定されました。
2つのアーチが眼鏡の型どるためそう呼ばれています。
1982年の水害で大きな被害を受けましたが、翌年再建されました。

●長崎県には中島川に架かる、眼鏡橋という有名な橋があります。
眼鏡橋は川面に映る橋の姿が眼鏡に見えることから眼鏡橋と呼ばれています。
眼鏡橋は1960年に国の重要文化財に指定されました。眼鏡橋は1982年の長崎大水害で崩壊しましたが、翌年復元されました。

●長崎の中島川に眼鏡橋という橋があります。
形が眼鏡に似ているのでその名前が付けられました。
1960年に重要文化財に指定されました。1982年の洪水で一部がこわれましたが、翌年、修復されました。

●長崎の眼鏡橋はアーチ形の橋で中島川にかかっています。
川面にうつる丸い2つの影が眼鏡橋の由来です。
この橋は19XX年に水害で破壊されまたが、翌年、復元されました。

●長崎県にある眼鏡橋は中島川に架かるアーチ式の石橋である。
川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから名付けられた。
1960年に国の重要文化財に指定された。
1982年の水害で一部破損したが、翌年に修復された。

●長崎の眼鏡橋は、〇〇年に作られた、中島川にかかる石でできたアーチ状の橋です。
水面に写る丸い輪が、眼鏡のように見えることから、そう呼ばれています。
1982年の長崎大水害で、一部が壊れましたが、翌年修復され、現在に至ります。

●長崎にある眼鏡橋はアーチ型の橋で有名です。
水面に映る姿が眼鏡のように見えることからこう呼ばれます。
1982年(忘れました)に水害でその一部が壊れましたが翌年には復元されました。

●長崎市にある眼鏡橋は中島橋にかかっている。
水面に映る影と合わせて、眼鏡のように見えるのでこの名前がついています。
1960年国の重要文化財となっています。1982の大水害で一部破壊されましたが、修復され、現在に至っています。

●長崎の眼鏡橋は、アーチ型の石橋で中島川にかかっています。
1960年に重要文化財に指定されており、川の水面にうつる形が眼鏡をかたどるのがその名前の由来です。
1982年の水害で破壊されましたが、翌年には復元され、現在に至っています。

●長崎県にある眼鏡橋は、アーチ状をしていてナカシマ川に架かっています。
水面に映る2つの円の姿からこう呼ばれており、1960年に重要文化財に指定されました。
1982年に水害により一部崩壊しましたが、その翌年に再建され、現在に至っています。

<眼鏡橋の出典の候補>
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/95/

以上

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2次口述試験の<逐次通訳... | トップ | 2016年度第2次試験<受験レ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む