通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

旅程管理主任者の資格は必要か?

2016年12月31日 04時15分28秒 | ●通訳ガイドに関する質疑応答コーナー

旅程管理主任者の資格は必要か?

<ご質問>

「プロガイドデビュー前に、是非、旅程管理主任者の資格を取ってください」とありますが、やはり必須でしょうか?

<回答>

理想を言えば、添乗員が別にいて、通訳ガイドはガイディング(説明)に専念できることが望ましいのですが、経費の面から、通訳ガイドの仕事の主要な部分が、実は添乗員としての仕事となっています。
具体的には、ツアーの場合、ホテル(予約人数、到着時間)、バス(到着時間)、レストラン(人数、時間)予約の前日確認、バゲージ・コレクション(バゲコレ)の指示、観光施設が開いているかどうかの事前確認、場合により、料金の回収などの仕事までガイドに課している旅行会社やエージェントもあります。
これがうまくいかないとツアーそのものが崩壊してしまいます。
通訳ガイドは、単に、「観光地で外国語を使って説明する知的な仕事」ではないのです。
旅行会社やエージェントは、添乗員としての基礎知識を持ったガイドを採用したいと思うことは当然であり、それはトラブル防止の安心感につながります。
ですから、通訳案内士の資格取得後、就活のために旅行会社、エージェント廻りをする前に、旅程管理主任者の資格を取得しておくことは、採用される上でかなり有利になるということです。
また、事前に旅程管理主任者の資格を取得していることは、あなたの仕事への真剣度と熱意をアピールすることにもなります。

●旅程管理主任者資格には、下記の二つの種類がありますが、通訳ガイドは、国内のみ添乗可の(1)国内旅程管理主任者で大丈夫です。

(1)国内旅程管理主任者 (国内のみ添乗可)
(2)総合旅程管理主任者 (国内、海外とも添乗可)

●旅程管理とは

旅行会社は「企画旅行を行う場合は企画旅行を円滑に実施するために国土交通省令で定められた措置を講じる」ことが義務付けられている。
この措置のことを「旅程管理」といい、具体的には以下の通りである。
(1)計画通りのサービスが受けられるよう旅行開始前に予約する
(2)計画通りのサービスが受けられるよう手続する
(3)計画通りのサービスが受けられない時に代替サービスを手配する
(4)団体行動をする時に集合時刻・集合場所などの指示をする

●資格を取得するには

国土交通大臣に登録された研修機関(日本旅行業協会、全国旅行業協会、日本添乗サービス協会、など)の行う旅程管理研修を修了し、かつ所定の添乗実務経験を有した者でなくてはならない。(旅行業法第12条の11)

●標準的な国内旅程管理研修のカリキュラム(二日間)

<第1日目>
09:30~11:00   旅行業法
11:10~13:10 旅程管理業務(国内旅程管理業務:実習含む)
13:10~19:40   旅程管理業務(国内旅程管理業務:実習含む)

<第2日目>
09:00~10:30   旅行業約款
10:40~12:40 旅程管理業務(国内旅程管理業務)
13:25~16:25   旅程管理業務(国内旅程管理業務)
16:40~17:25   修了テスト(旅行業法及び旅行業約款)(国内旅程管理業務)

●主な研修機関のホームページ

・一般社団法人 日本旅行業協会
http://www.jata-net.or.jp/

・一般社団法人 全国旅行業協会
http://www.anta.or.jp/exam/kenshu/ryotei_annai.html

・一般社団法人 日本添乗サービス協会
http://www.tcsa.or.jp/training/

・トラベル&コンダクターカレッジ
http://www.tc-college.jp/course/ryotei_gaiyo.html

●添乗員料金でいいですか?

通訳ガイドの料金を低く押さえたい旅行会社やエージェントは、しばしば、通訳ガイドに「今回は、予算が少ないので、添乗員料金でいいですか?」と値切ってくることがあります。
添乗員料金(一日)とは、安いと7,000円、高くても9,000円くらいで、有資格通訳案内士をバカにした料金です。
その場合は、「私の最低一日料金は、25,000円です」と言ってやってください!

(回答者)植山源一郎

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会社をやめて、フランス語ガ... | トップ | JTBグループが通訳案内士... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む