通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

試験形式、評価項目、合否基準の変更もありか?

2016年12月04日 08時43分25秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

試験形式、評価項目、合否基準の変更もありか?

●ありえへんほど低い合格基準
「うわさ」によると、(JTBグループの意向を受けて)JNTO(=観光庁)は、今年の第2次口述試験において合格率80%達成するために、外国語能力の合格基準をありえへんほど低く設定して、すでに試験官に通知した模様です。

●試験形式、評価項目、合否基準の変更もありか?
一人でも多くの合格者を出すために、過去3年間実施してきた試験形式(逐次通訳とプレゼンテーション)、評価項目、合否基準そのものを変更する可能性もあると思われます。
通訳案内士試験を私物化しているJTBグループにとっては、わけのないことです。

●平常心を失わず。。。
受験者は、たとえ新しい試験形式で受験することになっても、平常心を失わず、「和田アキ子」「小島よしお」で頑張っていただきたい!新試験形式では、あなたは、格段に合格しやすくなっているはずだからです。
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/d24effea5d994908c0e9fb439988c2b3

●過去3年間の評価項目(5点満点で3点以上で合格)
(1)プレゼンテーション
(2)コミュニケーション
(3)文法及び語彙
(4)発音及び発声

●2014年に、JNTO(=観光庁)が、試験官に指示した具体的内容
(1)合格率を80%になるように採点して欲しい。
(2)特に、合格不合格ギリギリの受験者には、受験者の将来を考慮して(←意味不明)、合格判定を与えて欲しい。
(3)2020年の東京オリンピックを控えて、これ(合格率を80%にして合格者を多数出すこと=JTBグループを大儲けさせること)は、国策です。
(4)私たち(JNTO)は、上(観光庁)からの指示に従わなければなりませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

●本年(2016年度)、合格者が増える理由とは?(重要!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/40e44546be695a8c2fba7fc798ce9403

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「和田アキ子」「小島よしお」「真田丸」「明治維新とモーニング娘。」とは?

2016年12月04日 08時42分50秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講のご感想にある「和田アキ子」「小島よしお」「真田丸」「明治維新とモーニング娘。」とは何なのか、下記にご説明します。

●「和田アキ子」
JTBグループが、カネ儲けのために私物化している通訳案内士試験で、不当に高い受験料を払っているあなたは、試験官に対して、緊張したりあがったりする必要は全くないだろう。
「和田アキ子」が試験室に入ったとしたら、開口一番、試験官に向かって「何故、私は紅白に落ちたのよ?」「もう、NHKなんか見ないわよ!」と食ってかかるだろう。そのくらいの気持ちで、受験してほしい、の意味。

●「小島よしお」
ある受験者が、「私の英語にはなまりがあるので心配です」と言っていたので、私は、「私は、海外生活経験がない日本の純粋な土人なので、私の英語は日本語なまりの下手くそな英語です」と申し上げた。
アメリカ人だろうが、イギリス人だろうが、カナダ人だろうが、オーストラリア人だろうが、例外なく、皆なまっているのだから、なまっているなどと悩む必要は一切ない。
「小島よしお」が試験室に入ったとしたら、開口一番、試験官に向かって、「ア、ソレ、ア、ソレ、ア、ソレソレソレソレ、なまっていても、そんなの関係ねぇ!あー そんなの関係ねぇ! あー そんなの関係ねぇ!」と言うだろう。
そのくらいの気持ちで、受験してほしい、の意味。
なまった英語が不合格になるのならば、ドイツ語なまりの強いキッシンジャー元大統領補佐官などは完全に不合格になるだろう。
安心してなまってください!

●「真田丸」
第2次口述試験では、話せば話すほど危険であるので、攻撃ではなく、守りの姿勢が一番重要である。腹八分目どころか、腹六分目くらいで話せ!
話し過ぎてはいけない。深追いはケガも元である。

●「明治維新とモーニング娘。」のありえへん関係
<模擬面接特訓>で「明治維新(Meiji Restoration)」を「Meiji Revolution」と数名が間違った。
これは、「明治日本の産業革命遺産」の中の「industrial revolution」の影響を受けたものと考えられるが、中には、モー娘。のファンで、「恋愛レボルーション21」の「超超超 いい感じ、超超超超 いい感じ LOVE REVOLUTION!」が耳にこびりついていた受験者もいたのか、と思った次第。(笑)

●Love Revolution 21(モーニング娘。)←息抜きにお聞きください!
https://www.youtube.com/watch?v=4B3HszdrRoA

●上記ご参考の上、「超超超 いい感じ!」で受験してください!

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通訳案内士試験第2次口述試験既出問題(2013年度・2014年度・2015年度)

2016年12月04日 08時21分07秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

通訳案内士試験第2次口述試験既出問題(2013年度・2014年度・2015年度)

●2015年度出題

<逐次通訳>
・おせち料理
・ラジオ体操
・駅弁
・歌舞伎
・源氏物語
・古墳
・桜
・山梨県
・神道
・青森県のりんご
・扇子
・相撲力士
・築地市場
・着物
・町人文化
・東京湾の埋め立て地
・灘の酒
・日本の家電製品
・日本の城
・日本建築
・忍者
・福岡県の看板
・戻ってきた財布
・野猿公苑
・歴史的地区
・和食

<プレゼンテーション>
おすすめの日本のおみやげ
おでん
お受験
お地蔵さん
お茶漬け
お彼岸
カプセルホテル
けん玉
ゴールデンルート
ししおどし
デパ地下
ナマハゲ
のれん
一年を表す漢字
一万円札に描かれた人物
横綱
家元制度
火祭り
懐石料理
街コン

金閣寺の構造
金沢の名産品
軍師
恵方巻き
血液型
源氏物語
高山祭
合掌造り
坂本龍馬
札幌雪まつり
殺陣
漆器
渋谷スクランブル交差点
出羽三山
出雲大社
書院造
小京都、
招き猫
新撰組
神楽、
精進料理
聖徳太子
西国三十三箇所
千円札に描かれた人物
銭湯
打ち水
大奥
棚田
地下足袋
中山道
田んぼアート
冬至
東海道五十三次
道の駅
徳川家康
鍋料理
日本で人気のスポーツ
日本のアイドル
日本のバレンタインデー
日本のハロウィン
日本のミュージカル
日本の湖
日本の城の種類とその特徴
日本の蒸気機関車
日本の数字の数え方
日本の野生動物
日本人のくせ
忍者
卑弥呼
付き出し
風林火山
風鈴
仏像の種類と特徴
優先席
立山黒部アルペンルート
流行語大賞
路面電車

●2014年度出題

<逐次通訳>
・ICカード
・ひらがなとカタカナ
・マナー
・日本の祭り
・日本の城
・白川郷
ハッピーマンデーについて

<プレゼンテーション>
古墳
高野山
黒船について
鎖国
初詣
日本アルプス
日本における最大の木造建築
日本の自然災害について
日本三景
風鈴
宝くじ
北陸新幹線について
明治維新
厄年
福袋
東海道五十三次
草津温泉の特徴と行き方

●2013年度出題

<逐次通訳>
・浮世絵
・温泉
・祇園祭
・秋葉原
・新幹線
・日本の自然

<プレゼンテーション>
19世紀の日本に起こった大きな変化について
2011年の東日本大震災の最も被害を受けた地域とその現状について
温泉に入る時に気をつけること
絵馬について
居酒屋について
江戸について
侍について
新幹線について
東京が日本の他の地域と異なる点について
東北の魅力的なスポットについて
日本でお薦めのスキ―場
日本で年末年始に行われること
日本の季節ごと見られる草花について
日本の宗教について
日本の伝統芸能について
富士山
浮世絵について
旅館について

●合格された方は、是非、<第2次口述試験対策特別セミナー>にご参加ください!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/fbeeaa33128e8d77c39a4c122b2b4057

●第2次口述試験合格のためのバイブル「日本的事象英文説明300選」をご希望の方は下記よりお申込みください!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/1c2c0c0d82c19d1e7ad24fda018d2154

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、決戦!

2016年12月03日 22時58分13秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

明日、決戦!

「うわさ」によると、(JTBグループの意向を受けて)JNTO(=観光庁)は、今年の第2次口述試験の合格率80%達成するために、外国語能力の合格基準をありえへんほど低く設定した模様です。

●2014年に、JNTO(=観光庁)が、試験官に指示した具体的内容
(1)合格率を80%になるように採点して欲しい。
(2)特に、合格不合格ギリギリの受験者には、受験者の将来を考慮して(←意味不明)、合格判定を与えて欲しい。
(3)2020年の東京オリンピックを控えて、これ(合格率を80%にして合格者を多数出すこと=JTBグループを大儲けさせること)は、国策です。
(4)私たち(JNTO)は、上(観光庁)からの指示に従わなければなりませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

●本年(2016年度)、合格者が増える理由とは?(重要!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/40e44546be695a8c2fba7fc798ce9403

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<自己暗示による合格必勝法>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●体調管理
今晩は、少しぬるめのお風呂にゆっくりお入りください。新陳代謝をよくして、ぐっすり寝ることを心がけてください。

●自己暗示による合格必勝法
寝床についたら、次のようなことを繰り返しイメージしてください。

(1)明日の朝は、気持ちよく起きる様子を思い浮かべる。
(2)朝食を美味しく食べて、試験会場まで足取りも軽く行く様子を思い浮かべる。
(3)試験場では、今まで勉強してきたことばかり出題されていることを知り、思わず嬉しくなってしまう様子を思い浮かべる。
(4)通訳もプレゼンもうまくいき、思わず微笑んでしまう自分を思い浮かべる。
(5)試験後、足取りも軽く帰路につく様子を思い浮かべる。
(6)楽しい気持ちで<受験の感想>をハローに送信する様子を思い浮かべる。

繰り返しイメージすることは、潜在意識に刷り込まれ、実現されるようになります!
ポジティブはイメージはポジティブな結果を、ネガティブなイメージはネガティブな結果をもたらします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊張しやすい方への<特別アドバイス>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「自分の実力が100%発揮できたらそれで大満足!」と考えること!
試験直前の心構えとして最も大切なことは、「自分の実力が100%発揮できたらそれで大満足!」と考えることです。「不合格になったらどうしよう」などと余計なことを考えると、つい肩に力が入ります。自分の実力を100%発揮することのみを考えてください。これで、不要な緊張感から解放されます。
「人事を尽くして天命を待つ」が理想的な心境です。

●3回深呼吸する。
試験場に入ったら、目を閉じて大きく3回深呼吸して、「合格必勝!合格必勝!合格必勝!」と3回心の中でつぶやきます。
上記を3回くらい繰り返しますと、不思議なことに、<頭のてっぺんの方から>次第に緊張感がほぐれてきます。今日から練習しておくとよいでしょう。
緊張をもたらす交換神経優位を緩和し、副交感神経優位に転換するためです。深呼吸は、副交感神経優位をもたらし、血管が拡張して血液の流れがよくなり、緊張緩和にかなり有効であることが知られています。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(69)

2016年12月03日 22時13分42秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(69)

植山先生

本日は最後の枠でお疲れのところ、ご指導をいただきましてありがとうございました。

今朝のメルマガでも述べられていた試験の背景について詳しくご説明いただいたことと、模擬面接にて合格点をいただけたことで、リラックスして明日に望めそうです。

ただし、残された時間は最後の最後まで準備を続けたいと思います。

特に以下4点について取り組む予定です。

(1)2分間の発表時間の感覚をつかむこと

(2)いただいたパンフレットをもとに観光地についてビジュアルイメージをもつこと

(3)登録数が変更された日本の文化遺産について、一言コメントできるよう準備すること

(4)(私は時間が遅いため)当日のメルマガをもとに試験官の質問傾向やレベル感をイメージすること

準備してきたことがしっかりと発揮できれば合格できるのではと思います。本日はありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(68)

2016年12月03日 21時20分38秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(68)

植山様

本日は模擬面接特訓、ありがとうございました。

試験前日の総仕上げとして教祖様から直接指導頂けたこと、大変感謝いたします。

詳細に渡りご指導いただきありがとうございました。

下記が本日の気づきです。

(1)和食は「Food」より「Cuisine」の方が良い
(2)和紙は和紙を漉くことをイメージして「handmade」をつけることを忘れずに
(3)通訳は大体3文程度で、S+Vなにかを意識して構成する。
(4)プレゼンは、日本のことを余り知らない外国人観光客をガイドの立場でおもてなしするという視点を常に忘れない。
(5)はやる気持ちを抑え、焦らずゆっくりと話す。
(6)歌舞伎は「a stage drama」、能は「a stage art」また寺は「Buddhist temple」 神社は「Shinto Shrine」など連語で表現し、最初から違いを意識する。
(7)今回の無形文化遺産の最新情報は話す機会や聞かれる機会があれば差別化できるので押さえておくと良い。

本日総点検して頂いたので明日の試験には自信を持って臨めると思います。

本日はありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(67)

2016年12月03日 21時17分35秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(67)

植山先生

今日は貴重な場を設けて下さり、ありがとうございました。

いよいよ本番を明日に控えたなかでの模擬面接特訓でしたが、私にとっては今日が「本番」と思えるほど緊張してしまいました。

西永福駅には集合時間の50分前位に到着してまず「迎賓館」の下見に行ってきました。
仕事柄、いろいろな都内のマンションに行っていますが、これほどの所は見たことがありません。まさに「迎賓館」の名に相応しい、ものすごい所でした。
そして、そのことが私の緊張感をさらに高めてくれたことは間違いありません(笑)。

15分前に再び迎賓館に戻ると、丁度コンシェルジュの方がホールのドアを開けてくださり、「5分前にご案内しますので今しばらくお待ちください。お手洗いの方は大丈夫でしょうか?」
と話しかけてくださりました。どうも落ち着かないなかでロビーの高級なソファーに座り、少しでも「宿題」の予習をしようとスマホに入れた文章を見ていましたが、全く頭に入ってきませんでした。

そして再びコンシェルジュの方より声がかかり受付カウンターのさらに奥にあるドアから入ってお部屋の方に伺いました。
玄関のドアには「ご自由にお入り下さい」と張り紙が貼ってあったので一応ノックして入りました。シーンとした室内は何もかも綺麗で高級な感じで、さらに緊張の度合いが高まります。

耳を潜めていたら前の時間帯の人と思われる方の声がところどころ奥の方より聞こえてきました。
そしてドアが開き、前の時間帯の女性が現れ、お互いに一言二言交わして明日の健闘を祈り合いました。

女性が帰った後、間もなく植山先生がドアから「どうぞお入りください」と声をかけてくださったので心臓がバクバクしながらぎこちない歩き方で室内に入りました。

例のソファーに案内していただき「プリントを読んで待っていてください」と言われ、5分少々待った後にいよいよスタートしました。

先生はぱっと見たところとてもお疲れの表情で(無理もありませんが)失礼ながらあまりご機嫌も勝れられないご様子で、私の不安はMAXに高まったのですが、それも「作戦」のうちなのかお話が進むにつれ、どんどん緊張でこんがらかった糸がきれいに解れていくように、いつの間にか私は涙が出るほど笑いころげていました。

私の予想では50分間ひたすら通訳とプレゼンのレッスンをして下さるものだと思いこんでいたのですが最初の20分位は、試験にどう向かい合うか、鉄板テーマの応用方法、そして「例のアレ」など他の学校が逆立ちしても出来ない、まさにプライスレスなお話を一対一で聞かせていただきました。

この時点で(受かる受からないは「向こう」の都合だから別にして)明日の試験は楽勝だなと、背負っていた重荷が一気になくなった気分になりました。
改めて先生という人はものすごい人なんだなと感じ入った次第です。

そして逐次通訳演習が4つほど、プレゼンテーマを3つほどやらせていただきましたが、おかげさまで特につまりもせず、2分以内にまとめることが出来、「合格」のお墨付き(信じております)を頂いたのは本当に嬉しかったです。
先生がニコリともせずに「ほぼ完璧です。あなた、来年は試験官やられたらいかがですか?」と言われたのには思わず爆笑してしまいました。
勇気づけてくださるために誰にでもおっしゃってることだとは分かりつつも嬉しかったです。

50分という時間は本当にあっと言う間に終わり、最初あれだけ緊張していたのが、いつも間にかそれが「楽しさ」にかわっていたことはまさに「植山マジック」でした。

ロビーに降りてコンシェルジュの方にうやうやしく挨拶をし、玄関を出ようとした時に、次の時間帯の若い女性の方と丁度すれ違いました。
女性の方も私が模擬面接の受講生だと感じとったのか、不安気で緊張した表情で「どうでしたか?」と尋ねられたので「大丈夫ですよ。植山先生がきっと自信をつけて下さいますよ」的なことを伝えて「迎賓館」を後にしました。
彼女もまた一時間後にここを出る時にはその時の私と同じ清々しく、自信にあふれた
気持ちになっていたことでしょう。

本当は今夜は徹夜覚悟で足りないところを勉強するつもりでしたが、植山先生よりいただいた貴重な資料を隅々までおさらいするに留め、できれば十分な睡眠をとって明日の決選に備えようと思っております。
本当に今日という日を経験できてラッキーでした。先生、本当にありがとうございました。

明日は10時の組なので誰よりも早く「速報」をお送りできるよう、メーラーの下書きBOXにテンプレートをコピペしたものを待機させておきます!

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(66)

2016年12月03日 19時29分32秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(66)

植山先生

本日は連日お疲れの中…ありがとうございました。

朝から緊張し、ようやくたどり着いた迎賓館で、ホッとしすぎたのか、詰め込んだつもりの頭の中は空っぽで、超テッパンのお題さえ支離滅裂でした。

プレゼン中、途中で次の言葉が思い浮かばず止まってしまう私に「続けるっ…次に行くっ…」と声をかけてくださったのですが…この声が本番の面接中も聞こえてきそうです。

明日は自分の試験時間までの皆さんの報告を頼りに最後まで足掻き、植山先生にいただいた「模擬面接特訓 評価表」をお守りに…何とか「レベル2」に滑り込みます。

ありえへん合格を勝ち取り、大切なふるさとのために何かできる通訳案内士になりたいです。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(65)(中国語)

2016年12月03日 18時10分27秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(65)(中国語)

植山先生

本日はご指導をいただきまして、誠にありがとうございました。

現在私は海外に在住しておりますため、セミナーなどは、いつもYoutubeを介して拝見しておりました。

今回植山先生に直接ご指導いただく機会を与えていただけたこと事は本当に奇跡としか言えません。

中国語での受験ですが、模擬面接特訓の枠に入れていただきまして、本当にありがとうございました。

植山先生はまず、私が極度の上がり症であることをお伝えすると、緊張をする必要など無いという結論を理論だてて説明くださいました。

それが皆さんが感想にて書かれている和田アキ子理論と、小島よしお理論です。メルマガでは読んでいたものの実際に先生からお話を伺い、俄然勇気が出てまいりました。

緊張などして話に詰まってしまうようなことがあっては決していけないと肝に銘じました。そんな必要などないのですから。

それから、自分なりの締めを用意していることをお話し、その締めを中国語で言いました。その締めとは、「外国のお客様に一人の通訳ガイドとして心を込めて日本についてご案内したいです。これが私の夢です。」です。

締めについては、あくまで時間的に余ってしまったり、話が続かなくなってしまったときの手段として使えばいい、司法試験などの国家試験の質疑応答でもそうだが、憲法9条の内容を説明せよ、と言われたら、9条の内容を答えればいいのだ。と先生からはご助言いただきました。

このことは、模擬面接を受けていなかったら気がつかなかったと思います。

こう言うことでやる気を見せて(実際にもそう思っておりますが)将来性があると試験官の方に思っていただけると、自分では思い込んでいたからです。

いよいよ実際の模擬面接となりました。プレゼンでは、はじめ39秒で終わってしまいました。

自分なりに用意してきた締めを言わないでみました。植山先生からお題を変えずにもう少し話を膨らませてもう一度言ってくださいとのご指導があり、次は52秒になりました。今回は締めを少しだけ追加しました。

次のお題に移り、時間を出来るだけ意識してプレゼンを終えると、ようやく1分12秒くらいまで到達しました。

プレゼン内容を先生に説明しますと、先生から完璧ですね。と言っていただきました。一瞬顔を埋めて喜んでしまいました。

練習を何度もしていたお題だったとはいえ、先生にそう仰っていただき、さらに勇気が出てまいりました。

ただし、時間の感覚はこれからもう少し訓練するようアドバイスいただきました。腕時計をチラ見する訓練も含めて。

その他に気が付いたことがありました。緊張していると、普段はしないようなトンチンカンなことをしでかすことがある、ということです。

植山先生の前で、幾つか大ボケなことをやってしまい、ご迷惑をかけてしまいました。本日は色々な意味でとても実践的な訓練が出来ました。

これから試験直前まで、先生からいただいた資料の最終チェックと、時間の管理を特訓し、実際の試験では大きく構えていきたいと思います。

植山先生、本日はありがとうございました。

また、北川様はじめ、昨年と今年のセミナーなどで体験談をお話しいただきました方々にも感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<模擬面接特訓>受講の感想(64)

2016年12月03日 18時09分57秒 | ●2017年度<2次試験>受験者へ

<模擬面接特訓>受講の感想(64)

本日は、親身のご指導を心からありがとうございました。

すでに十分おんぶに抱っこに肩車に、綿飴まで頂いているのに、まだまだ不安な私によしよしと背中を撫ぜていただいた気持ちです。

時間管理が一番苦手です。先生から秒針付きの腕時計を腕の内側につけることをアドバイスいただきました。メモを見るときに確認すると自然です。

逐次は魚。背骨が一番大事、シンプルなSVで表し、枝葉末節はカッコに入れて(省略して)もいいとのこと。メモを取るときに、どこがこの話の背骨なのか抜けてしまわないように、しっかり聞き取ろうと思いました。

自分の準備したプレゼンの文言に引っ張られて、聞いてもいないことを訳出するというドジもありました。

プレゼンはどうしても一定の着地点が定められず、最後に自分のしやすい戦略に土壇場で変えました。

オチはテーマが場所なら「是非訪ねてください、私がご案内したいです」と。他なら「是非お試しください」と。できるならお得情報なども添えて。

初めは「日本的事象英文説明300選」に基づいて、他の情報も加えて切り貼りでプレゼンを作っていましたが、質問ではああ来るかも、こう来るかもと予測して予備の説明を書き出したら、てんこ盛りになって草稿がどんどんダラダラ伸びてしまいました。

プレゼンを覚えるどころか、恥ずかしながら模擬面接までに纏めきれませんでした。

先生の前で、厚かましくもぶっつけ本番で勝負しようと、運を天に任せた気分でした。

でもやはり、1分半にまとめていないと話しすぎます。

話しすぎないこと!ゆっくり話そう!と思いつつも、緊張するとどんどん早口になり、先生の御表情から時間経過を読み取る余裕もなく、私が終わりましたのサインとして最後の一言Thank you.でしめると、見事に30秒もオーバー。

3回の模擬プレゼンは徐々に超過時間は短くなったものの、全て2分オーバー! どんなに話してもそこからは評価されないわけで、むしろ2分以内に纏められなかったことが情けなくなりましたが、先生は、それだけ情報をまとめたことは意義があると励ましてやる気を評価していただけたようです。

合格点をいただき、どれほどの励みになったことでしょう!ありがとうございました。

明日の本番にもっと落ち着いてゆっくり、喋りすぎないように、最後の時間をこれから練習します。

メルマガでも何度も先生のお書きになっている助言、ゆっくり話す、話しすぎないことを肝に銘じて、喋りがちな私の場合は事故も想定して、1分を目標にこれから推敲します。

どうぞご自愛くださいませ。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加