通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度最終合格発表がありました。(官報)

2017年02月10日 12時08分15秒 | ●<合格速報>

本日付け官報にて、2016年度通訳案内士試験の最終合格者の受験番号と氏名が発表されました。

http://kanpou.npb.go.jp/20170210/20170210g00027/20170210g000270001f.html

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年度通訳案内士試験<合格速報>(改訂版)

2015年02月06日 07時55分46秒 | ●<合格速報>

2014年度通訳案内士試験<合格速報>

2014年度通訳案内士試験の<合格速報>です。
合格された方は、おめでとうございました!

●外国語別の受験者数、合格者数、合格率は下記の通りです。

<外国語><受験者><1次合格><2次合格><2次試験のみの合格率>(最終合格率)
英語     <5352><1936><1422><76.5%>(26.6%)
フランス語 <253>< 55><   49><84.5%>(19.4%)
スペイン語 <171>< 33><   27><81.8%>(15.8%)
ドイツ語  < 78>< 25><   19><76.0%>(24.4%)
中国語   <906><  94><   81><82.7%>(8.9%)
イタリア語 < 65><  17><    9><64.3%>(13.8%)
ポルトガル語< 62><   8><    9><100.0%>(14.5%)
ロシア語  < 84><  12><   11><78.6%>(13.1%)
韓国語   < 290>< 29><   30><83.3%>(10.3%)
タイ語   < 30><  1><    1><50.0%>(3.3%)
合計    <7290><2279><1658><77.2%>(22.7%)

●概観
総受験者数は7,290人(前年度4,706名、受験者数対前年度比+55%)、合格者は1,658人(合格率22.7%、前年度1,201名、合格者数対前年度比+38%)でした。また、合格者のうち、外国籍の方は42人(構成比2.5%)でした。

●<2次試験の合格率>
注目された<2次試験の合格率>ですが、英語26.6%、全外国語72.8%でした。

●年齢別合格者数及び構成比:
40代470人(28.3%)、50代452人(27.3%)、30代353人(21.3%)、60代224人(13.5%)、20代127人(7.7%)、70代25人(1.5%)、10代7人(0.4%)

●最年長合格者:79歳(男性、受験外国語:英語)
※平成25年度最年長と同年齢で過去最年長

●最年少合格者:13歳(男性、受験外国語:英語)
※平成22年度の14歳を更に下回り、過去最年少

●職業別合格者数及び構成比:
会社員588人(35.5%)、主婦230人(13.9%)、その他183人(11.0%)、教職員及び塾講師165人(10.0%)、無職145人(8.7%)、公務員・団体職員144人(8.7%)、通訳・翻訳106人(6.4%)、専門職36人(3.0%)、学生45人(2.7%)

●居住地別合格者数(上位5位)
東京都601人、神奈川県227人、千葉県115人、大阪府87人、埼玉県83人

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年度通訳案内士試験<合格速報>

2014年02月07日 14時43分20秒 | ●<合格速報>

2013年度通訳案内士試験<合格速報>

本日、2013年度通訳案内士試験の合格発表がありました。合格された方は、本当におめでとうございました!

●外国語別の受験者数、合格者数、合格率は下記の通りです。

<外国語><受験者><1次合格><2次合格>(合格率)
英語   <2885><1198>< 892>(30.9%)
フランス語 < 189>< 45>< 41>(21.7%)
スペイン語 < 120>< 31>< 29>(24.2%)
ドイツ語  < 52>< 15>< 13>(25.0%)
中国語   < 917>< 154>< 137>(14.9%)
イタリア語 < 60>< 15>< 12>(20.0%)
ポルトガル語< 49>< 6>< 6>(12.2%)
ロシア語  < 79>< 21>< 17>(21.5%)
韓国語   < 336>< 71>< 52>(15.5%)
タイ語   < 19>< 2>< 2>(10.5%)
合計    <4706><1558><1201>(25.5%)

【解説】
●合格者激増は何故?
昨年と比較すると、受験者は、5.9%減少(5,000名→4,706名)しているにもかかわらず、合格者は、全体として57.0%激増(765名→1.201名)しました。

2020年東京オリンピックを控えて、JTBの意向を受けて、観光庁が通訳ガイド料金を極限まで下げることを目的に、英語の30.9%を筆頭に、過去最高の合格率で合格者を激増させたということです。

●受験者激減は何故?
2007年度には9,245名いた受験者が、何故、2013年度に4,706名にまで半減したのか?

ヤミガイド(無資格ガイド)を大量に使うので<ヤミの御三家>と呼ばれているJTBの意向を受けて、ヤミガイドを野放しにして通訳案内士の価値を下げ続けてきた観光庁(国交省)の無為無策が、受験者数の減少の第1の理由です。

●その他の資料

(1)外国語別合格者数及び合格率:
  英語892 人(30.9%)
  中国語137 人(14.9%)
  韓国語52 人(15.5%)、
  フランス語41 人(21.7%)
  スペイン語29 人(24.2%)
  ドイツ語13 人(25.0%)
  ロシア語17 人(21.5%)
  イタリア語12 人(20.0%)
  ポルトガル語6 人(12.2%)
  タイ語2 人(10.5%)

(2)年齢別合格者数及び構成比:
  40 代 336 人(28.0%)
  50 代 330 人(27.5%)
  30 代 250 人(20.8%)
  60 代 155 人(12.9%)
  20 代 105 人(8.7%)
  70 代 20 人(1.7%)
  10 代 5 人(0.4%)

(3)最年長合格者:79 歳(男性、受験外国語:英語) 

(4)最年少合格者:17 歳(女性、受験外国語:英語) 

(5)職業別合格者数及び構成比:
   会社員397 人(33.1%)
   その他 162 人(13.5%)
   主婦159 人(13.2%)
   無職118 人(9.8%)
   教職員及び塾講師114 人(9.5%)
   公務員・団体職員110 人(9.2%)、
   通訳・翻訳63 人(5.2%)
   学生42 人(3.5%)
   専門職36 人(3.0%)

(6)居住地別合格者数(上位5 位)
   東京都365 人
   神奈川県152 人
   大阪府77 人
   千葉県69 人
   埼玉県68 人

●その他、試験結果の詳細は下記をご覧ください。
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20140207_guide.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加