通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

受験レポートを拝見した感想です。

2016年12月20日 15時20分28秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

受験レポートを拝見した感想です。

植山先生

いつも大変お世話になっております。
皆さんの受験レポート楽しく拝見しております。
試験が終わり、いまは合格発表の日を待ち遠しく感じています。

レポートを拝見していて感じたことなのですが、
逐次失敗→プレゼンに影響 という負のサイクルをたどる方が意外に多いように感じました。
今年から逐次が長くなり難易度も上がりましたので、来年はぜひプレゼン対策のセミナーの一部の時間を割いて、逐次対策講座などを開いていただけますととても参考になるかと思いました。
是非ご検討いただけましたら幸いです。

また常々疑問に思っていることなのですが、テーマ違いのプレゼンで果たして合格できるのかということです。
北川さんの方法は大変参考になり、私も2つほどパターンを準備しました。
しかし、これはあくまでもいざというときのため、準備ができなかった時のための捨て身の方法であり、通常ですと減点される可能性が高いようにしか思えないのです。
例えば、昨年ですと街コンで街のコンサートについてプレゼンされた方、今年ですと、おばんざいからおせち料理さらには銀座での買い物に展開された方がいらっしゃいました。
他にもお伊勢参りで、伊勢神宮の説明をされた方もいらっしゃいました。
伊勢神宮がテーマであれば伊勢神宮と出題されるはずですから、お伊勢参りとなっている以上、求められているプレゼンは、お伊勢参りの歴史、流行した背景、昔はどのようにしてお参りしていたのか(ルートや資金)、現在ではどのように参拝するのか、伊勢神宮での他の神社とは違う参拝方法にプラスして簡単に伊勢神宮の説明が必要になると思われます。

もしお伊勢参りのテーマで伊勢神宮についてのみプレゼンした場合、この方法でも合格できるというのであれば、知識など関係なく語学力が高く、熱意やホスピタリティさえ示せればそれでOKとなってしまいます。

極端に言いますと「神社」がテーマのプレゼンで、神社はよくわからないので「寺院」につなげてそれをメインにプレゼンした場合、その方の英語がネイティブに近いレベルだった場合合格してしまうのであれば試験の意味がないように思えますし、国家試験ですから観光庁もそこまで適当ではないと思われます。

もしいけるのであれば、七五三の説明は苦手だから準備のある和服の説明に転換しようとか、お盆の説明はうまくできないけど、阿波踊りは詳しいからその説明をしようとかという戦略が成立することになります。
そうであれば今年ですと、「下駄」というテーマについてつたないながらも知識をふり絞って途切れ途切れでもプレゼンする方がいいのか、準備があり流ちょうにプレゼンできる「足袋」に転換してプレゼンを行った方がいいのかという判断になるかと思います。

通常の試験であれば下駄のテーマに足袋の説明をメインに行ったら間違いなく大幅な減点です。熱意やホスピタリティにあふれていたとしても、確実に不合格です。
IELTSや英検の2次面接でも同じかと思います。
私が試験官だとしたら、テーマ違いのことをべらべらと話さたら減点、テーマに関連したことを少しでも一生懸命説明していただいた方が多少の加点をあげたくなるように思います。

またなんでもかんでも観光に結び付けようとする方法も果たして正しいのか疑問に思いました。例えば今年のテーマで盆栽とありましたが、ここでは、盆栽の歴史やその特徴、特殊な育て方、いい盆栽とは、育てるのに時間がかかるが価値が高い、なぜ人気があるのか等について説明し、もし盆栽美術館の存在や観光客が盆栽を見ることができる場所を知っていれば追加すればいいのですが、知らなければ無理やり観光に結びつける必要はないのかとも思いました。
逆に無理やり結びつけることで墓穴を掘るように感じます。
日本文化の説明として完結していいのではないかと思いました。
観光について必要であれば質疑でフォローされると思います。

私も昨年渋谷スクランブル交差点の質疑の際、ハチ公の説明ができず、その代わりに渋谷でのショッピングについて解説し、試験官にうんざりしたような表情をされたことを覚えています。

以上、去年、今年と2回参加して感じた内容になります。
長文にて失礼いたしました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(139)10:00~11:00(干潟)

2016年12月18日 15時22分29秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(139)10:00~11:00(干潟)

●受験会場:昭和女子大学
●受験外国語:英語
●受験時間帯:10:00~11:00

【1】日本人試験官

女性 30から40代 通訳ガイド風。最初の名前と生年月日の確認、日本語の読み上げと時間の計測のみ。

【2】外国人試験官

男性 40から50代 大柄 ヨーロッパ系。チェコやオランダ?優しい。おそらく、どこかで英語学校の講師をやっていそう。

【3】通訳の問題文

日本各地の川の河口には干潟がたくさんあり、古くからのりの養殖などの漁業がさかんに行われてきました。しかし、臨海部の大都市で土地が不足しはじめると、工業用地や下水処理場などの施設をつくるために、干潟が大規模に埋め立てられることが多くなりました。このため現在は、とくに大都市の近郊で、干潟はほとんど姿を消しつつあります。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・おばんざい料理
・下駄
・日本の免税制度

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

おばんざい料理

おばんざい料理が説明できないと思ったので、代わりにと言って強引におせち料理の説明をして、おせち料理はデパートで買える、銀座にはデパートがあり、そこは世界でも有名なショッピングエリアであること、そしてそこには200以上のギャラリーがあることを説明した。そこまでで2分経ち、終了と言われた。

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

7つほどあります。

・おばんざい料理とおせち料理の違いは何か?

 →おばんざい料理は日々の料理で、おせち料理は新年に食べる料理と説明

・おばんざい料理の材料は何?おせち料理との違いは?

 →おばんざい料理は野菜料理と説明しておせち料理は魚や野菜、肉などがあると説明。(おばんざい料理について知らなかったので、間違った説明をしました。)

・おばんざい料理は地方の料理か?それとも全国的な料理か?
 →地方の料理で、地方の食材を使った料理である。

・おせち料理が食べられる具体的なレストランの名前を教えて欲しい。
 →(パッと思い浮かばなかったので、)浅草に行くとよい。浅草は昔からの庶民的な雰囲気を残す町て、そこに行くと、おせち料理だけでなく、新年の料理が食べられるレストランがあると説明

・おせち料理はスーパーで買えるのか、それともレストランで食べられるのか。
 →おせち料理はスーパーで買える。また、レストランでも食べられると説明。

・銀座で葛飾北斎の絵を見たいのだが、どこに行けばよいか。
 →それについてはよく知らないが、幅広いジャンルのギャラリーがあると説明するとともに、近くに上野があり、そこに国立西洋美術館があり行くとよい、そこは今年の7月に世界遺産として登録されたと説明。

・その博物館の近くでは花見ができるのか?
 →博物館は上野公園の中にあり、上野公園は花見のスポットであることを説明。

【7】受験の感想

今やれることはやって出し切ったという清々しい気持ち。

12/1に転職したので、直前は送別会や休むことが出来なかった、更に12/2は歓迎会もあり、最後の最後の追い込みもできなかった。こんなことは10以上の資格試験を経験している中でも始めて。

当日は逆に開き直って、どんなテーマが出ても、北川さんに教わったパターン対処方法を活用しようと思った。

それも行きの電車の中てショッピングで銀座に持ち込むことを考えていた。

また、なぜか電車の中で国立西洋美術館が出るかもしれないと気になり、スマホで調べて説明をできるようにした。

邦文英訳はメタメタだったので、日本人の試験官はダメだこりゃという感じでしたが、お題に対応した説明については、植山先生の昨年のセミナーで説明できなかったら同様のテーマで話せば全く話せないよりもよいということを思い出し、おばんざい料理から強引におせち料理にして説明し、そこからデパート、銀座の説明へとなだれ込んだ。

これは準備不足ながらも、植山先生が作成された、「300選」のうちの128題を毎日のように音読したので、それらについてはいつ来てもほぼ説明できるようにしたためだと思う。

ちなみに外国人の試験官はとても優しく、やりやすかった。

今振り返るとおばんざい料理を説明させるためにうまくいろんなことを聞いていたのだと思いました。

また、国立西洋美術館が上野公園にあることも説明させてくれて、最後は結構知識があるのねということで日本神の試験官も納得した感じでした。

昨年全く話せず、待機場所に戻るのが、6人のうち、ダントツに早かったですが、今回は最後から2番目でした。

やれることはやりました。これで駄目ならしょうがないという感じです。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

「日本的事象英文説明300選」、そして、植山先生の aside from を説明したセミナー(下記のステップ(1))と北川さんのパターン対処方法(下記のステップ(4))を活用しきりました。ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ(1)】2015年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●動画
https://youtu.be/mwkL-MMx7bw

●資料(印刷して動画をご覧ください)
http://hello.ac/2015.2jisemi.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ(2)】2015年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●動画
https://youtu.be/fXkJkZ_LiLk

●資料(印刷して動画をご覧ください)
http://hello.ac/2015.11.23.seminar.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ(3)】2016年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●動画
https://youtu.be/i9LH7GFbM4I

●資料(印刷して動画をご覧ください)
http://hello.ac/2016.11.13seminar.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ(4)】2016年度<第2次口述試験対策特別セミナー>(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・動画
https://youtu.be/5eXka3HOPlI

・資料(印刷して動画をご覧ください)
http://hello.ac/2016.11.20.pdf

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(138)13:00~14:00(富士登山)

2016年12月18日 15時12分22秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(138)13:00~14:00(富士登山)

●受験会場:品川
●受験外国語:英語
●受験時間帯:13:00~14:00

【1】日本人試験官

50歳前後の女性。怖いとは言わないが、能面のごとく無表情で事務的に対応していた。

【2】外国人試験官

男性。北欧風、50歳くらい。おとなしそう、かつ優しい。こちらの話によくうなづく。あとの質問は隣に置かれたペーペーを見ながら聞いてきた。

【3】通訳の問題文

富士山に登る人に対していくつかの禁止事項があります。花や実、昆虫を採取してはいけません。岩や溶岩を持ち帰ってはいけません。また位置を変えることも禁止です。決められたルート以外を通ってはいけません。岩や建物などへの落書き、火を焚いたり、テントを設営したりしてはいけません。登山者の動物を放すことも禁じられています。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・日本の城の種類
・人力車
・川柳

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

・日本の城の種類

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

・山城は山のどこにあるのか?(山頂?山腹?)

・昔からの建物が残っている城はどのくらいあるか?

・山城に登るのにどのくらい時間がかかるか?

・山城の天守閣はどのくらい大きいか。

・日本の城はみな大きいのか。

・日本の城とヨーロッパの城はどう違うか?

【7】受験の感想

本日は11:40頃、10時からの問題をハローの公式ブログの<受験情報>で見られて非常に役立った(前年比、決して簡単なプレゼン問題ではないこと、逐次はもしかするとあまり面倒な構造の日本語は出ないかな・・・これがその時受けた印象)
  
小生の面接で 逐次は同じ感想(丁寧にメモを取れば、大きく外した訳文はしない可能性大。但し、問題文を読むスピードは予想より早かった)つい、2分がどこかに行き、少しオーバーしたのは失敗。

プレゼンは 「日本の城の種類」が一番楽で、一見してすぐ他のテーマは捨てた。ただ、(たまたま10月備前松山城と姫路城に行ったこともあり)つい、たくさんのことを話した。(禁じられた早口で。これも失敗)

まあ、間違いたことは言っていないし、外人試験官も興味深そうに聞いていたので、何とか望みをつなぎたいが、あれだけ植山先生に「ゆっかり、あわてず」と言われながら、いざとなるとつい気負いこんでしまった。この試験には魔物が住む?
「ヨーロッパの城」に関しては、自分のロンドン時代の体験をもとに ウインザー城、リーズ城、ノイッシバシュタインなどと比較して話したら興味を持って聞いてくれた。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

・「日本的事象英文説明300選」・・とにかく、各テーマのイントロをスムーズに話すために有効。(そのあとは、いろいろ自分なりに付け加えればよい。最初がつまるとその後に響く)

・一般情勢(選考基準、近年の動きなどの裏話)

・2010年頃の動画で、外国人講師(かなり年齢?)が「出題されそうな日本的事象」の一つ一つを寧に解説したもので、毎回、男女5人くらいの生徒が答え、先生が訂正するもの。(↓下記のセミナーです)夏場にゆっくり時間をかけて聞いたのが、今になると効き目があった。

●第2次英語口述試験対策<特訓セミナー
ベテラン外国人講師による<日本的事象英文説明>のコツを学んでください。

動画、音声ファイル、テキスト
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/2dfab9954ce2bc6e042e532fac022d42

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(137)15:30~16:30(迎賓館)(韓国語)

2016年12月18日 14時53分13秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(137)15:30~16:30(迎賓館)(韓国語)

●受験会場:目白大学
●受験外国語:韓国語
●受験時間帯:15:30~16:30

【1】日本人試験官

女、40後半、タイプ、現役の通訳案内士?、逐次通訳は、読み終えたらすぐにお願いしますとの厳しいオーダーをされました。

【2】外国人試験官

男、50後半、穏やかな韓国人、おそらく大学教授。

【3】通訳の問題文

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

振袖、グリーンツーリズム、和紙

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

男ですが、振袖を選びました。「日本的事象英文説明300選」の一番最初に出ていたので、とっつきやすいものでした。

【6】プレゼンの後に受けた質問 

男の方が主導権を握っていましたが、比較的優しい方だと思います。

男は何を着るの? →はかま

どんな時に袴とか振袖を着るの? →基本的に成人式

あなたは、成人式でなにを着ましたか? →スーツです(スーツ정장と言うはずが、정상と言っちゃいましたが、クヨクヨしないようにしておきました)

新潟から来られたと言いますが、まずどこを案内しますか? →弥彦神社です。

韓国語いつから、どうやって勉強しましたか? →五年前から一人で勉強し始めました。

この試験の勉強はどうやって勉強しましたか? →過去問を分析して臨みました。(女性の試験官も驚きの様子でした。)

日本の文化を理解するために、どこに行けばわかりますか? →イェス❗️江戸東京博物館🎵

以上で終わりました。

【7】受験の感想

逐次は、個人的に練習を積んでなんとかなると思って臨みましたが、ハローの当日の受験速報を見てギョッとしました。

しかも、赤坂迎賓館の逐次通訳が当たった人が午前中に勉強兼ねてやっておくべきだと思ったのが一番のミスです。しかし、途中で投げ出すことなく、最後まで責任を持って取り組みました。

かたや、プレゼンテーションは、気持ちを切り替えて、カードを見た時、ラッキーと思いましたが。正直、日本的事象をシャドーイングせずに音読のみしていたので、想定外のものが出たら死ぬと思いましたが、日本的事象の一番最初に出ていたので、男ですが、振袖のプレゼンテーションをしました。

質疑応答は、身の上話が結構でたのと、今住んでいるところでどこを案内したいですか等比較的、穏やかに終わったような感じでした。実際、試験官も頷いている様子でした。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

2次対策の動画を含めハローの無料教材は、全て活用させてもらいました。昨日の先生の<模擬面接特訓>を受けれなかったのが残念です。

お忙しい中、色々とサポートしてくださったことは非常に感謝しています。

とりあえず、最後まで責任を持って取り組み、あきらめずに対応はしましたので、年明けの結果を待ちます。

ありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(136)16:30~17:30(大阪)

2016年12月18日 14時44分31秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(136)16:30~17:30(大阪)

●受験会場:昭和女子大学
●受験外国語:英語
●受験時間帯:16:30~17:30

【1】日本人試験官

女性。50代後半か60代。ひたすらニコニコしていて優しそう。注意事項のみ。高校の英語の先生にいそうな優しそうなおばさまでした。

【2】外国人試験官

男性。30代のくるくるパーマのメガネ。英会話の先生か、大学の非常勤講師みたいな感じでした。ドアを開けてくれました!

【3】通訳の問題文

古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・提灯
・漆器
・駅の自動改札

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

駅の自動改札

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

これから5分かけて4,5問質問します、とネイティブ男性に言われる

・カードってどんなもの?

・お金はどうするの?(乗る前にチャージってさっき言ったよ)

・ICってなに?

・僕NYC出身なんだけど、日本の自動ゲートって何が特殊なの?切符入れたら自動で開くけど…(え…何かあるっけと思いつつ、1枚のカードで関東でも関西でも使えることをアピールなんで?とさらに聞かれ、convenienceのためと回答。4,5年前はそれぞれのエリアでしか使えなかったことも伝えると、なるほどねと納得)

・毎日使うの?

のような感じでした…。ひたすらトピックについて質問されました。

【7】受験の感想

逐次通訳ボロボロ。でも、半分くらいは訳せたかなというところです。

プレゼンの方は、提灯と漆器を見て、う・・・となって、駅の自動改札を選びました。

午前の世界遺産などについて話せた方たちは羨ましい限りです。

が、トピックについてひたすら聞かれたので、身近な話題を選んで正解でした。

提灯や漆器なんて、日常生活の反対側にあるようなものなので、質問ぜめにされたら対応できなかったと思います。

たくさん質問されましたが、終始和やかな雰囲気で安心しました。

待ってる間に鼓動が激しくなりかけたら、その都度「和田アキ子、和田アキ子…」と心の中で唱えて落ち着いていました(笑)

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

ハローの教材と、植山先生の毎日のメルマガがないとここまで到達できませんでした。

今回は、月曜から金曜まで5日間有給を取って、実家に帰り勉強する日々でした。

北川さんのように一日15時間とまでは到底及びませんでしたが…(汗)

会社の人にも家族にも頑張ってね、と応援してもらい、先生のメルマガにも毎日励まされていました。

まだ20代で若いので、将来性で追加ポイントいただければ受かるかな…と信じて、1月17日を迎えたいと思います!

植山先生、ありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(135)16:30~17:30(偕楽園)

2016年12月18日 14時39分15秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(135)16:30~17:30(偕楽園)

●受験会場:品川コンファレンスセンター
●受験外国語:英語
●受験時間帯:16:30~17:30

【1】日本人試験官

男性。40代?。穏やかな感じ。

【2】外国人試験官

男性。40代?体格が良く、優しい感じ。

【3】通訳の問題文

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖(せんばこ)に臨む七面山(しちめんさん)を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・お伊勢参り
・七五三
・納豆

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

納豆

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

納豆はとこでも作られるのか?

味は同じなのか?

なぜネバネバしているのか?

他に好きな日本食は何か?

【7】受験の感想

植山先生のおかげで、全く緊張しませんでした。笑顔で大きな声で対応できました。

しかしながら、逐次は後半部分が、全く訳せませんでした。

プレゼンは、テーマの選択に悩み、終わってから、やっぱり七五三にすれば良かったと、後悔する有り様でした。

外国人試験官の方が、始終にこやかに対応してくださったのが、救いです。お慈悲を願うばかりです。


【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

<模擬面接特訓>が、とても役に立ちました。それから、「日本的事象英文説明300選」の暗記は必須ですね。

ありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(134)14:00~15:00(山梨県のブドウ)

2016年12月18日 14時33分02秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(134)14:00~15:00(山梨県のブドウ)

●受験会場:目白大学
●受験外国語:ドイツ語
●受験時間帯:14:00~15:00

【1】日本人試験官

男性。50代。通訳ガイド風真っ黒に日焼け。大変優しい感じ。

【2】外国人試験官

女性。20代~30代 朗らか。明るい感じ

【3】通訳の問題文

山梨は果物の産地です。特にブドウが有名です。山梨は四方を山に囲まれて、盆地特有の気候です。日照時間が長く雨が少なく。夏は暑く、冬は寒いです。 豊かな量のある水にもあり条件に恵まれています。
(細かい文章は忘れてしまいましたが、だいたいこのような内容でした。)

すべてを書き留められるほど、ゆっくり言ってくださいました。1分半ほどで訳してくださいとのことでした。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・鏡開き
・江戸時代の身分制度
・お盆

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

鏡開き→長すぎで4分ほど話したらしい。あとから教えてもらいました。途中で止められませんでした。

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

(鏡開きで餅について話したので)

餅は何で作られているのか?

どこで買えるのか?

いくらぐらいか?

ドイツに持って帰れるか?

もちはどのような味なのか?→うまく伝えられなかったからか2回聞かれた。

【7】受験の感想

通訳はこちらの書き取りを確認しながら、日本語を言ってもらえたので、すべて書き留めました。1分半ほどでとちょっと長めに時間をいただきました。

プレゼンはお盆と迷ったのですが、主婦でもあり鏡開きのほうが話したくて、思わず選んでしまいました。

でも、質問的にはその方が盛り上がったと思います。

プレゼン中から、このテーマの人がいなかったせいかとても熱心に聞いていただき質問もたくさんされました。たぶん10分は優に過ぎていた気がします。

プレゼンの際に日本人の試験管の方が、タイマーを押し忘れそうになったりなどして終始和やかな感じで進みました。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

先生のおっしゃったとおり、入る前に「絶対合格!」とつぶやいて入りました。

最後まで先生の資料を眺めてがんばったつもりです。

全体的には満足しています。英語とのダブル受験だったこともあり午後の試験は周りを見回す余裕もありました。

あとは、結果を待つだけです。昨年より早く結果がでることはうれしいです。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(133)15:30~16:30(迎賓館)

2016年12月18日 14時25分44秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(133)15:30~16:30(迎賓館)

●受験会場:龍谷大学
●受験外国語:英語
●受験時間帯:15:30~16:30

【1】日本人試験官

女性、40代、通訳ガイド風、始終ニコニコ顔

【2】外国人試験官

女性、白人、英会話学校の先生風、この方も始終ニコニコ顔

【3】通訳の問題文

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる。)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・和紙
・振り袖
・グリーンツーリズム

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

和紙

【6】プレゼンの後に受けた質問

和紙の質問は1〜2個程度。私のプレゼン(ショッピング)についての質問ばかりでした。

【7】受験の感想

語力には自信がないので、笑顔と丁寧なコミュニケーションで臨みました。

両試験官が女性であり、始終ニコニコされていましたので、談笑に近い会話ができました。

逐語訳の日本語読みが想定以上に早く、メモできませんでした。すぐに英訳するように指示されましたので、S+Vの構文にキーワードを組み込んで、ゆっくり英訳しました。低レベルの英訳をしてしまい、完全に失敗しました。

プレゼンは、先生が繰り返し重要テーマと指摘された世界遺産&世界無形遺産は全てを暗記していました。

それ以外は、北川さんのパターンを応用しようと、温泉(下田&箱根)、ショッピング(銀座)、神社仏閣(東大寺&下鴨神社)等の10パターンを過去3年間のプレゼンテーマと結びつけて準備しました。

最後の締めの言葉も北川さんのものをそのまま暗記しました。

そして、本番プレゼンでは、直球ど真ん中の、和紙が出題されました。この瞬間、周りはバラ色に輝きました。

すべて、FACTでプレゼンできると思いましたが、あえて、和紙はデパートで買えます。銀座が日本一のショッピング街です、

という構成に組み替えました。FACTを並べると、和紙の専門家トークになり、通訳ガイドとしては不十分という判断でした。

北川さんの指摘どおり、違和感無く、銀座トークを進めることに配慮し、最後の締めの言葉も言い切る事ができました。

試験官の質問は、和紙に関してほとんど無く、ショッピング&銀座&交通機関の使い方に集中しました。

プレゼンテーマが和紙なのに、何故?と思いながらも、全ての質問には、即時に対応できました。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

本番直前の北川さんのパターン方法のおかげで、プレゼン準備&本番でも、気分的にリラックスできました。

スーパー高校生のプレゼンは、私にはすごくストレスになっていましたので、感謝しております。

ありがとうございました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(132)16:30~17:30(鳥居)

2016年12月18日 14時19分23秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(132)16:30~17:30(鳥居)

●受験会場:NTT研修センター
●受験外国語:英語
●受験時間帯:16:30~17:30

【1】日本人試験官

60代位の男性。眼鏡をかけており、真面目そう。

【2】外国人試験官

男性、40代位?インド系の外見。訛りはないが、ネイティヴではなさそう。とても聞きやすい英語でした。かなりフレンドリー。

【3】通訳の問題文

古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・漆器
・駅の自動改札
・提灯

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

漆器

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

漆器とは何か。服か?

漆器は高いか?

着物と浴衣の違い?

着物を持っているか?

着物はどこで買えるか?

出身地のおすすめについて?


【7】受験の感想

逐次通訳はハローの速報で、昨年よりも長いとの情報を得ていたので、半分諦めていましたが、撃沈しました。

プレゼンは、まず、提灯がちょうちんで合っているか迷いました(英語の勉強の前に日本語を勉強する必要あり…)

漆器→黒い箱→新年に使う→お土産にいい→浅草で買える、という内容をかなり突っ込み所満載の英語で説明しました。最後は無理やり Thank you for liestening で終わらせました。

質疑応答は楽しく対応できました。これが評価されたら、御慈悲をもらえるのではと思います。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

全て役に立ちました。特に鉄板13選。着物をどこで買えるかという質問に銀座のデパートや老舗で買えると答えました。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度第2次試験<受験レポート>(131)16:30~17:30(鳥居)

2016年12月18日 14時10分27秒 | ●2016年度2次試験<受験レポート>

2016年度第2次試験<受験レポート>(131)16:30~17:30(鳥居)

●受験会場:昭和女子大
●受験外国語:英語
●受験時間帯:16:30~17:30

【1】日本人試験官

女性。40-50代。穏やかで優しそう。ガイドタイプ?質問はなかった。

【2】外国人試験官

男性。40-50代。イギリス英語っぽい。気さくな感じ。彼が席まで案内してくれてカバンを置くようにと言ってくれました。

【3】通訳の問題文

古来から、大阪はあらゆる地方から人が集まってくる場所。交通量の多い瀬戸内海と、内陸から大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪。大昔、まだまだ電車や車が走っていなかった頃から、経済の中心地として発展し、アジア全域からの貿易商や旅人を迎える日本の玄関となっていました。

【4】プレゼンのテーマ(3個)

・漆器
・提灯
・駅の自動改札

【5】自分が選択したプレゼンのテーマ

漆器。
お恥ずかしながら提灯がチョウチンだと咄嗟にわかりませんでした…灯篭の話をしなくて良かった。(汗)

【6】プレゼンの後に受けた質問(すべて)

・漆器の日本での歴史?
(北陸あたりで作られていたと答えた)

・北陸は日本のどこにあるのか

・どこで買えるか。いくらくらいか

・漆器に使う中の木に違いがあるのか

【7】受験の感想

漆器も提灯も「日本的事象英文説明300選」にあります。基本は大切と感じました。あとは日々意識して自分なりに知識を増やしていく努力が実になると思いました。

【8】ハローの教材、セミナー、動画、メルマガなどで役に立ったこと。

全て‼︎ おせわになりました!

逐次通訳は最後単語の羅列のようになってしまいました。本当にめちゃくちゃ…

でも先生の教えの通り「自滅はしない」と言うことを肝に命じて臨んだのでプレゼンは頑張れました。

来年も逐次通訳があの長さだったらメモ取りをちょっと考える必要があります。メモせず聞いて答えるのもありかなと。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加