通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

悪質な予備校に騙されるな!

2017年02月21日 09時53分31秒 | ●私は食い物にされました。

悪質な予備校に騙されるな!

2020年東京オリンピックに向けて、JTBグループのカネ儲けのために、観光庁が主催する「通訳案内士のあり方に関する検討会」で、JTBグループと観光庁が一緒になって、通訳案内士の業務独占廃止の画策をしています。

無資格通訳ガイド(ヤミガイド)が合法的に仕事ができることになり、有資格ガイドとヤミガイドが、限られた仕事を求めて、食うか食われるかのダンピング合戦が繰り広げられ、通訳ガイドは、現在よりもさらに悲惨な日雇い労務者になり下がることが大いに懸念されています。これは、業界の常識です。

悪質な予備校は、このことを知りながら、それを言うと、入学者が少なくなる(いなくなる)ので、「2020年東京オリンピック開催が決定されたことで、通訳案内士(ガイド)はその重要度と注目度が急上昇中です。通訳ガイドの活躍の場は、今後2020年にむけてますます広がっていきます」(CELのホームページ)などとウソを言って、何も知らない受験者を騙してカネ儲けに走っています。
このような悪質な予備校の餌食にならないようにくれぐれもご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
観光庁が2014年12月に公開した「通訳案内士の就業実態等について」によると、通訳案内士の年収は、200万円以下が約6割(57.5%)を占め、 多くの通訳案内士が経済的に恵まれていない現状が明らかになりました。これが現実です!

●通訳案内士の年収
約6割(57.5%)の通訳案内士の年収は200万円以下です。

・0万円:2.9%
・1~9万円:13.2%
・10~99万円:30.1%
・100~299万円:11.3%
・200~299万円:7.2%
・300~399万円:4.7%
・400万円以上:4.0%)

●資格取得者の活用状況
通訳案内士の資格取得者の4分の3がその資格を活かしていない、活かすことができない現実があり、活用している人も、その多くが他の仕事との兼業であり、専業は6.2%のみである。

・専業者:6.2%
・兼業者:18.1%
・未就業者:75.7%)

●未就業の理由
・一定の収入が見込めないため:45.9%
・現在の仕事を辞めるつもりがない:36.8%
・家庭の事情や個人的な事情で就業できない:22.3%
・自営業として独立する見込みがたたないため:22.1%
・その他:21.4%)

●通訳案内士の年間実務従事頻度
通訳案内士の業務に従事している者の就業回数は、年間10回以下が4割を占めている。

・0回:2%
・1回:6%
・2~3回:10%
・4~5回:8%
・6~10回:14%
・11~100回:28%
・101回以上:11%)

●詳しくは下記をご覧ください。ソース(観光庁のホームページ)
http://www.mlit.go.jp/common/001066340.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独学無料合格を目指しておられる方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通訳案内士試験の受験にお金を使う必要は一切ありません。高い授業料を払って予備校に行く必要も一切ありません。
詳しくは、下記をご覧ください!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/56f8c16c12e097c1116b80ce9e39164a

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通訳ガイドは、食い物にされる派遣会社で働くべきべきではありません!

2017年02月21日 09時52分14秒 | ●私は食い物にされました。

通訳ガイドは、派遣会社で働くべきべきではありません!

派遣会社で働くということは、派遣元と派遣先の二か所からピンハネ(搾取)、食い物にされる最悪の雇用形態ということです。
同等の国家資格である医師、弁護士、公認会計士などで、派遣会社で働く人はいません。
通訳ガイドは、旅行会社(エージェント)と直接雇用の関係で働くようにしましょう。

●通訳案内士団体関連の派遣会社

・NPO法人GICSS研究会関連の株式会社 ランデルズ
 http://www.randells.jp/

・NPO法人日本文化体験交流塾(IJCEE)関連の True Japan Tour 株式会社
 http://www.truejapantours.com/jahome/

●違法性がないか検証したいので、上記二社に限らず、派遣会社との<雇用契約書>、<派遣に関連する書類>をお送りください。(匿名可)

・件名:<派遣会社の雇用契約書など>
・宛先:info@hello.ac

●True Japan Tour 株式会社の「派遣・職業紹介に関する同意書 」について
True Japan Tour 株式会社は、派遣するガイドに対して、下記のような「同意書」を提出をさせていますが、これは、労働法の専門家の弁護士によりますと、違法かつ法律的に全く効力のない文書とのことですので、同社に「同意書」を提出した方は、そのようにご了解ください。
ご質問のある方は、私宛にお気軽にお問い合わせください。

●代表取締役 米原亮三氏の見解
過去2週間に渡り、True Japan Tour 株式会社の代表取締役である米原亮三氏から、本「同意書」を含む True Japan Tour 株式会社のガイドの使用状況について、その見解をお聞きしてきましたが、「同意書」の存在の如何にかかわらず、「去る者は追わず」、即ち、 True Japan Tour 株式会社を辞めたいガイドは、何の拘束をすることもなく、無条件で、即日、自由に辞めてもらって全く問題ないと明言なさっておられました。
また、驚いたことに、ガイドが、True Japan Tour 株式会社から派遣された派遣先と、「同意書」にある3年を待たずして、直接雇用されたとしても、「去る者は追わず」、実際には、特に問題にすることは一切しないとのお話でした。
派遣会社の中には、ガイドが直ぐに辞めることを許さず、何時間にも渡り、つるし上げるところもあるそうですが、米原亮三氏は、辞めたいというガイドをつるし上げるようなことは、これまでもしたことはないし、今後もするつもりは一切ないと仰っておられますので、 True Japan Tour 株式会社を辞めたいときは、いつでも安心して辞めることができます。
それならば、「同意書」そのものを撤廃したらどうですかと申し上げたところ、それでは、収拾がつかなくなる(?)ので、今後も「同意書」は取ると仰るので、私としては、釈然としないものが残っています。
今後、万一、 True Japan Tour 株式会社で働く可能性のある方は、この点について、米原亮三氏ときちんとお話されたらよろしいかと思います。

●「派遣・職業紹介に関する同意書 」(True Japan Tour 株式会社)(←違法かつ法律的に全く効力のない文書です)

年 月 日
True Japan Tour 株式会社
代表取締役 米原亮三 殿

住所:
氏名:(自筆)

派遣・職業紹介に関する同意書

日本文化体験交流塾の会員である私(以下「甲」という)は、このたび True Japan Tour 株式会社(以下「乙」という)から紹介のあった仕事を行うにあたり、斡旋先企業等(以下「丙」という)への派遣・職業紹介について、下記の事項に同意します。

     記

1.斡旋の内容
丙(斡旋先企業等)の名称 業務開始日
年 月 日

2.丙との今後の仕事について
今後、丙から甲にガイド等仕事の依頼があったときは、原則的に乙を通して仕事を行うこととする。
ただし、乙からの派遣・職業紹介に先駆けて丙からの仕事を行ったことがある場合、乙より事前の承諾を得た場合、又は、業務開始日から 3 年を経過した場合は、この限りではない。

3.丙から仕事の依頼が来た場合
甲は、乙からの派遣・職業紹介によって初めて丙からの仕事を行ったにもかかわらず、丙から直接仕事の依頼が来た場合には、乙にその旨を報告する。

以 上

日本文化体験交流塾では、会員の通訳案内士等の就業機会の拡大のため、子会社である True Japan Tour 株式会社の労働者派遣事業資格及び有料職業紹介事業資格に基づき、人材派遣・ガイド紹介を行っております。事業にあたり実施企業等より受領する取扱手数料は、更なる就業機会の拡大に向けた営業・事務費用に充てられます。

<問合せ先>
True Japan Tour 株式会社 代表取締役 米原亮三
TEL:03-3830-0451 FAX:03-3830-0452 e-mail:truejapan@ijcee.com

・原本
 http://hello.ac/douisho.pdf

●上記二社に限らず、派遣会社とトラブルになったことのある方は、その内容(事実関係、経緯)をお知らせください。

・件名:<派遣会社とのトラブル>
・宛先:info@hello.ac

●<派遣110番>

派遣に限らず、通訳ガイドの労働問題に対してお気軽にご相談ください。
・連絡先:<派遣ユニオン>関根秀一郎さん(書記長)
・メールアドレス:sekine@zenkoku-u.jp
・ホームページ:http://www.haken-union.jp/

または

・植山宛にメールをお寄せください。
・件名:<労働問題>(氏名)
・info@hello.ac

●参考資料(1)<下がり続ける派遣労働者の賃金~脱法的に拡大してきた派遣労働>
 http://hello.ac/2017.1.22.pdf

●参考資料(2)<どうなる改悪派遣法案>
 http://hello.ac/2017.1.22.2.pdf

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通訳ガイド業界で「食い物にされた」体験募集!

2017年01月21日 20時00分33秒 | ●私は食い物にされました。

通訳ガイド業界で「食い物にされた」体験募集!

あなたは、通訳ガイド業界(予備校、通訳案内士団体、旅行会社、派遣会社)で「食い物にされた(されそうになった)」体験はありませんか?
もし、そのような体験があれば、是非、お聞かせください。その手口、具体的な内容などを公開し、未然に被害の拡大を防ぎたいと思います。

●下記にてメールにてお送りください。
・件名:<食い物にされた体験>
・宛先:info@hello.ac

●内容
・「あなたを食い物にした」予備校、通訳案内士団体、旅行会社、派遣会社の名前(複数可)
・「食い物にされた」手口、具体的な内容
・被害金額
・「食い物にされないためのアドバイス」
・その他

●匿名にて公開させていただくことがございます。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直ぐに、ハイエナ、ハゲタカの餌食になりそうです!

2017年01月21日 20時00分17秒 | ●私は食い物にされました。

直ぐに、ハイエナ、ハゲタカの餌食になりそうです!

私は、現在、2016年度通訳案内士試験の合格発表を待っている身ですが、ここで、「私は食い物にされました」のお話を拝見して、驚きの連続です。

ハイエナやハゲタカがウヨウヨいるという表現は、決して誇張ではなく、どちらかというと世間知らずの私などは、直ぐに餌食になってしまいそうで恐ろしいです。

しかし、事前にこのような知識を得ることで、食い物にされることを未然に防ぐことができそうで、今後も、色々な落とし穴の事例を掲載していただきたいと思います。

情報をご提供いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が、予備校、通訳案内士団体、旅行会社などの実情を公開する目的

2017年01月21日 19時59分56秒 | ●私は食い物にされました。

私が、予備校、通訳案内士団体、旅行会社などの実情を公開する目的

最近、私が予備校、通訳案内士団体、旅行会社の実情を公開するようになって、読者の皆さんからは「とても参考になった」「もっと情報が欲しい」といった声を多数頂戴するようになりましたが、私が、情報公開する目的は下記です。

●目的(その1):皆さんが食い物にされないようにすること
通訳案内士を目指す人、新合格者の皆さんは、業界についての情報をほとんど知らないので、皆さんを食い物にしようと待ち構えている予備校、通訳案内士団体、旅行会社などに簡単に食い物にされてしまいます。まず、これを未然に防ぐためです。

●目的(その2):業界の透明化
・旅行会社は、ビジネスの面では互いに競合しているのですが、横のつながりがあり、(旅行会社にとって)問題のあるガイドに関する情報(ブラックリスト)を交換しているのに対して、ガイドの方は、基本的には、孤立無援、業界についての情報をほとんど持っていません。
この情報格差をなくすために、業界の実態をガイドに提供し、業界の透明化を実現すること。

・予備校は、JTBグループのカネ儲けのために、観光庁が主催する「通訳案内士のあり方に関する検討会」で、JTBグループと観光庁が一緒になって、通訳案内士の業務独占廃止の画策をしていることを知りながら、それを言うと、入学者が少なくなる(いなくなる)ので、「2020年東京オリンピック開催 が決定されたことで、通訳案内士(ガイド)はその重要度と注目度が急上昇中です。通訳ガイドの活躍の場は、今後2020年にむけてますます広がっていきます」(CELのホームページ)などとウソを言って、何も知らない受験者を騙してカネ儲けに走っています。
このような詐欺的行為の食い物にならないために、JTBグループと観光庁のたくらみを世の中に公開して透明化を実現すること。

●目的(その3):ガイドの経済的、社会的地位の向上をはかること
長期間にわたり努力を重ねてきた有資格通訳ガイドが、情報武装することにより、互いに連携して、ガイドの経済的、社会的地位の向上を実現するために資すること。

●私の役割
現在、日本で、上記のような目的で活動する人間は、私以外に誰もいませんが、これは、通訳案内士の業界で、40年近くにわたり生きてきた私の役割であり、使命であると考えるからです。ただ、それだけです。他意はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「私は食い物にされました」と「通訳ガイドの仕事獲得法」を公式ブログで公開中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「私は食い物にされました」と「通訳ガイドの仕事獲得法」が好評です。引き続き、皆さんの貴重な体験をお聞かせください!

●私は食い物にされました
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/72ee107ceddd9a1c5945352e76ec32ee

●通訳ガイドの仕事獲得法
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/dac0f42b31ea2917ac3f7a602d44472e

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は、営利団体化した通訳案内士団体と派遣会社に食い物にされました。

2017年01月21日 19時59分26秒 | ●私は食い物にされました。

私は、営利団体化した通訳案内士団体と派遣会社に食い物にされました。

●通訳案内士団体名

事情により、未掲載。

●年会費
それも8月締めで10月末までに支払わないといけないのでうっかりすると8月に退会届を出すのを忘れてしまって次年度の会費を払わなくてはならなくなるという落とし穴が待っている。途中入会しても月割にはしてくれない。
新人研修費が会員になって年会費を払った方が安くなるというカラクリなのでここで新人研修を受ける全員が会員になってしまう。

●高いマージン率
通訳案内士の手当てを低く抑えて4割以上をマージンとして取っているという話である。
通訳案内士の資格のいらない斡旋の仕事を単価を低くして受注して大勢の通訳案内士を派遣している。
搾取されている感も否めない。
厳しい掟があって他の派遣会社からここの派遣会社が請けている同じ依頼元の仕事を引き受けることができない決まりがある。
また、ここの派遣会社をやめる時に、トラブルがあったと言う話がいくつかある。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JTBグループが通訳案内士試験の合格者を増やすことに熱心な理由

2016年12月31日 11時48分56秒 | ●私は食い物にされました。

JTBグループが通訳案内士試験の合格者を増やすことに熱心な理由

ガイド料金を下げる一番効果的な方法は、ガイドの人数を増やして、仕事を求めるガイドの過当競争を起こし料金をダンピングさせることです。

ヤミガイド(無資格ガイド)は、資格がないという負い目があり、簡単に安い料金でも仕事を受けてしまうので、料金のダンピングには欠かせない要員ということができます。

これが、長年にわたり、JTBグループが多数のヤミガイドを使ってきた理由です。(怒!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●情報の公開についての感想

2016年12月26日 02時14分11秒 | ●私は食い物にされました。
●情報の公開についての感想

先生の通訳案内士に関する情報公開をいつも楽しみに拝見させていただいております。

実際、先生が多くの真実の情報を公開することで、メルマガ読者は大変参考になり、時には励みになると思います。一方、観光庁、JTBそしてJNTOにとっては、プレッシャーとなり、先生が望んでいらっしゃる方向に進めざる得なくなるのではないでしょうか?

私の個人的な意見ですが、特に、2015年度1次試験の合格ラインを導き出した統計分析は本当に素晴らしいと感動しました。その実績からの2016年度の推定合格ライン算出もかなり精度が高かったはずです。

私は、現在2016年度の最終合格発表を待っているところですが、2次試験特別セミナーや面接特訓で先生に指導していただいたことをもとに、試験では自分のやれることはすべて出し切ったと思います。

よって、先生からのお言葉を信じて待っていれば、よい知らせが得られると願っている今日この頃です。

正に、先生は教祖ですね。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は、外資系旅行会社で食い物にされそうになりました。

2016年12月25日 13時16分31秒 | ●私は食い物にされました。

私は、外資系旅行会社で食い物にされそうになりました。

昨年ですが、SNSで知り合った先輩通訳ガイドの方から紹介された会社に応募しました。

社長がオーストラリア人ということでした。連絡したら、日本人の共同経営者から返事があり、スカイプで面接されました。

そして、すでに働いているドイツ人のガイドの面接もあり、採用したいのでと言われて、履歴書等を書きました。

最後に給料の話になり、一日、7000円。手当ともで1万円も支払うから!と言われて、固まってしまい、断りました。

面接ややりとりの中で、ツァーは大体10人くらいで、一緒に泊まり込み。エコツァーなので、お箸持参。

交通の便が悪いところが多いので、もし、客の一人がけがをしたら、どういう対応ができるのか?すべきか?

台風になったりしたら、どんな対応をするか?切符の変更は、ガイドの責任。全部、立て替えで払っておくこと。などと言われました。

そんな過酷な仕事で、朝から夜までお客様と行動を共にして、1日の支払いが7000円? ありえないと思い、断りました。

聞くところによると、無資格者がそれでも喜んで働いているとのことでした。(たまたま、知り合いにそんな人がいたのを後から聞きました)

今回、他の方の記事を読んで、働く前に断ってよかったと心から思った次第です。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は、外資系旅行会社に食い物にされました。

2016年12月24日 21時51分29秒 | ●私は食い物にされました。

私は、外資系旅行会社に食い物にされました。

●「あなたを食い物にした」旅行会社

・事情により公開しません。

●「食い物にされた」手口、具体的な内容

・専属ガイド募集ということで、事務の仕事を辞めて応募した。
実際は春と秋に数本の9日のツアーがアサインされるが年に半年以上仕事のない状態だった。(よその旅行会社のツアーはしないでくれと言われていた。)

本社はアメリカ(ロスアンジェルス)、オペーレションは台湾で日本事務所はなくベテランガイドがラインで連絡をしてくる。オーナーは台湾人で顧客は中国系アメリカ人が多い。
英語と中国語で日本ツアーをしているが中国人ガイドは通訳ガイドの資格を持っていない。採用となってもすべて口約束で雇用契約等はあってないようなものだった。

給料は払われずツアーの最後にお客からもらうチップがガイドの収入だった。おすすめの金額は提示するがお客さんしだいである。
お客さんはガイドが会社から給料をもらっていないことは知らないのでチップの額は人によって変わる。(チップの額の合計が基本のガイド代金1日あたり25000円X日数分を下回る場合のみ、会社が補てんしてくれるシステムだった。)

・シーズンは30人以上のツアーを完全に一人で担当する。
日本事務所がないのでツアーの3日前までにすべてメールでツアー情報がデータで送られてくる。予約の確認等もすべて3日前から家で連絡する。3日間ずっと働くがこの間の仕事はすべて準備ということでお金は支払われない。通信費ということで3500円支払われるが完全に持ち出しである。

行程や顧客名簿、地図、アンケートなどはすべてガイドが自宅で印刷して用意する。

ツアーは前半(関東)、後半(関西)に分かれていて、通しツアー、前半のみ、後半のみと3パターンのお客に分かれるが、出迎え、送り、案内など細かい仕事が多く変更も多い。
また事務方のミスも多いがすべて現場のガイドが謝ることになっている。
ツアー後に回収するアンケート結果を郵送で担当者に送る。会社は顧客サービスが第一でガイドの言い分はほとんど聞いてくれない。中国人のガイドやほかの日本人ガイドはやはりップのこともあるので顧客サービスに熱心である。

ツアーもシーズンはホテルやレストランが取れないことがあり、初めての場所へ行く場合も多い。行程も変わることもあり、お客さんがホテルで休んでいる間にガイドは下見をするように要求される。
会社からは給料をもらっていないのに要求は多く、とにかくお客を喜ばせることが第一であるとされていた。

酷い使われ方をしていくらなんでもおかしいのではないかと思ってもみんなやっているといわれていた。我慢して何とか続けていたが突然お客からのアンケート結果がよくなかったとして突然ツアーから外させてしまった。
ガイドの言い分は聞いてくれない。さんざんこき使っておいて電話1本で終わりにされてしまった。日本の会社ではないので文句の持って行き場もない、多分日本では税金なども払っていないと思います。

腹立たしいが離れてみて異常さが改めでわかりもう〇〇では仕事はしたくないけれども、慣れてきて不満を持つようになると首にして次々に新しいガイドを採用して同じことを繰り返していると思うと注意喚起したほうがよいと思いました。
おかしいなと思ったら立ち止まって考えてみることも必要だったと思います。結局簡単に首にされてしまいましたので。

結局外資は特に人を育てる余裕はないので出来るという人を次々にとり働かせる。ダメだと思ったらすぐにとりかえるということを繰り返しているのだとわかりました。アメリカの事務所も台湾の事務所も担当者は頻繁に変わっていて、混乱しつけはすべて現場のガイドに来ていました。

●被害金額

・会社からの支払いではないですが、チップで報酬は貰ってはいました。

●「食い物にされないためのアドバイス」

・仕事があまりないのでチャンスと思い採用後につぎつぎにえっ?と思うようなことがあってもそのつど問題にせずにきたことが良くなかった。
実際オーナーは台湾、アメリカと飛び回っていて年に数回ミーティングで会うだけでした。 担当が分かれていても実質的な責任者はおらずいつも現場の人間につけがきていました。
担当者もいつも業務が多くいっぱいいっぱいで連絡もぎりぎりだった。
結局使い捨てされてしまいました。 
仕事を失うかもしれないが不当な要求にはきちんと抗議するべきであったと思います。

●その他

通訳ガイドの資格を取ってもなかなか仕事には結びつかず、経験ということでボランティアをやったり、仕事があっても過酷な条件だったりして、本当にブラックな業界です。東京オリンピックを控えて夢を持ってガイドの仕事を始める方も多いと思います。中には酷い働かせ方をするところもあることを知っていただきたいと思い自分の経験を書きました。参考にしていただけたらいいと思います。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加