通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(229)

2017年10月11日 18時41分12秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(229)

●受験会場:日本大学(東京)
●試験内容、受験の感想

初めての受験ですが、過去5年分の過去問と比べれば、地理以外は難易度を下げた傾向と感じました。全教科終了後、周囲の声でも「地理が難しかった」と口々に挙がっていました。

【英語】(自己採点:73点):
【日本地理】(自己採点:73点):
【日本歴史】(自己採点:91点):
【一般常識】(自己採点:71点):

今年の春頃に夫から通訳ガイドという資格を教えてもらい、東京オリンピックを念頭に受験を決めました。当初は来年までにTOEICで免除資格を取って来年に挑むつもりでした。しかし、英語の試験が2年前からマークシートに変わったことを知り、急遽今年の試験に挑戦することに決めました。5月末のことだったので、試験まで3ヶ月しかありませんでした。早めにハローの存在を知ったのはラッキーでした。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

歴史、地理、一般常識の基礎は全てマラソンで学びました。これがなかったら短期間の独学で、地理や一般常識は何から手をつけていいのかすらわからなかったと思います。勉強から遠ざかっていたため、映像とはいえ、授業形式で教わることが新鮮で、また知らないことを知る喜びもあり、最初はマラソンで楽しく勉強できました。本だけで勉強するより格段に良かったと思います。情報を整理し、自分の頭の中に記憶として定着させていくのが大変な作業でした。歴史は特に情報が膨大で苦戦しました。

受験を決めた当初、昨年の問題は、英語が6割弱、他の3科目はどれも3割以下でした。弱すぎる3科目に時間がかかりすぎ、肝心の英語は教本ABを一通りやっただけで試験を迎えてしまいました。復習と定着まではできませんでしたが、日本文化に関連した表現や知識に触れたことは大きな助けとなりました。

また、試験を終えてみて、通訳ガイド試験においては3科目の勉強は英語にも確実に役立つことを強く感じています。英語力というより歴史、地理の知識で救われた項目が何箇所かありました。

<特訓1800題>は毎日、寝る前に行いました。最初はどの科目も3割も合わず、特に歴史は3割が長く続きました。それでもほとんど日課のように寝る前に続けました。勉強が進む内、だんだんと出来るようになり、ある時から6割を越えるようになり、最終的にどの科目も7割から9割まで安定して取れるところまで成長しました。希望の光が見えてきました。

<Flashcards Deluxe>は外出時にも気軽にできるので、重宝します。

●第2次試験に向けての<決意表明>
歴史以外はどれも横並びの70ギリギリで、実際、合格できたのか自信が持てていません。とにかくまずは『300選』から始めます。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
この資料の無料提供やサポートに心から感謝しています。ハローがなかったら独学受験者は今と比べると考えられないほど大変になると思います。

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(228)

2017年08月31日 02時49分56秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(228)

●受験会場: 札幌

●試験内容、受験の感想

【英  語】(TOEICにより免除)
【日本地理】(自己採点:55点
【日本歴史】(自己採点:79点
【一般常識】(自己採点:67点

初受験でした。
地理が難しいと感じました。知識が曖昧で迷った所がことごとく不正解で、勉強不足の自己責任です。
次年に向けて確実な学力をつける学習が必要だと思いました。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと
2017年度日本語3科目の対策<Youtube セミナー>の動画および資料。
動画では植山先生のアドバイスに勇気付けられました。
資料はとても要点がまとまっていて助かりました。
動画の植山先生のお言葉を信じて直前の追い込みに活用させていただきました。

・2017年度直前対策<Youtube セミナー>
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/12fbca77fa8e279f6b0bccec105ffc1d

●第2次試験に向けての<決意表明>
地理が合格ラインに達していないので2次に進めないと思いますが、一縷の望みを残してまたこの試験の合格を目指すならいずれ必要なことですので、今は英語の2次試験の準備をして11月に不合格が確定したら次年度に向けて不合格科目と英語の2次の勉強をする予定です。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
無料でご提供いただく教材、情報全てに心から感謝しています。
時間がかかっても合格するまで諦めない気持ちでおりますので、今後もよろしくお願いいたします。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(227)

2017年08月31日 02時39分13秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(227)

受験会場:南山大学(愛知)

●科目別受験の感想

【受験した外国語】受験会場: 南山大学(愛知)

●科目別受験の感想

【英  語】(免除)
【日本地理】(自己採点:67点
【日本歴史】(自己採点:83点
【一般常識】(自己採点:65点

●全体の感想
3か月の勉強期間しかありませんでしたので、大変不安でしたが、去年に比べると難易度は下がり、説明文の選択以外は観光、歴史好きにとっては常識的な問題が多く出題されたと思います。私もその類なのでラッキーでした。

●日本地理
今回も枝葉末節の末節ヒントから枝葉を答える問題や細かすぎる問題が多く、最初の札幌に関する問題で心が折れ、問5.6でさっぱりわからず、最後の沖縄でも同様な出題で、試験が終わった時は打ちのめされた感が強かったです。
ですので最初の一週間は答え合わせする気になれず、遅いご報告となりました。
2週間目の所でけじめをつけるため、チェックしてみると、おやおや、基準合格点-3とおそらく大丈夫な点数でしたので驚きました。
改めて問題を見てみると、前述の問題以外はほぼ満点となり、この結果となりました。
この点数が取れたのもハローの地理の動画で基本の観光地地図を見ながら抑え、2017年度の重要事項、特に広域観光区域、世界遺産も地図で再確認(特に複数県にまたがる場合は項目別に都道府県をチェック)したおかげです。
特に渡瀬温泉は地理の講義でも夕日が見える温泉とそのものずばり説明されていたと記憶しています。

●日本歴史
一言で表現するなら説明文の選択肢以外は観光、歴史好きにはヒントから正答が容易に導きだせる一般常識レベルの問題+中学程度の問題でした。
おそらく一切勉強しなくとも合格点が取れたでしょう。
御室といえば桜で仁和寺ですし、白壁土蔵の街並みで「大原氏」といえば倉敷の大原美術館、水道橋と湯豆腐なら南禅寺、熊野詣でで温泉、といえば、または小栗判官伝説から湯の峰温泉のつぼ湯で決まりです。

●一般常識
一昨年の問題が超難問で手の施しようがないと思ったのと、観光白書2016二度目の出題ということで、予想が立たず、戦々恐々としていたのですが、今回は広域観光区域と日本遺産等、地理の問題が多かったので助かりました。
地理関連の問題と2017年度の重要事項まとめで覚えた外国人観光客に関する数字+情報で点数を稼げました。
ただ、痛恨のミスはリゾートトレインは予想していたのですが、自分で瑞風を瑞鳳だと思い込んでいたことと民泊は4月以降に関連法が制定されたため、試験には出ないとノーマークだったことです。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと
全科目で2017年度重要項目まとめはとても役に立ちました。
特に地理、一般教養に出てくる世界遺産や国立公園、広域観光区域は項目を地図で確認していく作業をしたおかげでこの点数が取れたと思います。
また、地理の動画で基本の観光地をおさえる事も重要です。
昨今は世界遺産と広域観光区域だけを勉強される方も多いと推測されますが、それだけではおそらく厳しいでしょう。

●第2次試験に向けての<決意表明>
お蔭さまで一次は突破できそうですので、これからは「日本的事象英文説明300選」の勉強を中心に英語力に磨きをかけたいと思います。

●ハローに対する意見、希望、感想
これもひとえにハローの教材のお蔭です。本当にありがとうございまた。
また、これからもよろしくお願いいたします。また、時事問題を英語化したものを重要事項のまとめの様にしていただけるとありがたいです。
これからもよろしくお願いいたします。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(226)

2017年08月31日 02時29分41秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(226)

●受験会場:青山学院大学

●試験内容、受験の感想

【受験した外国語】:英語、昨年度合格により、免除

【日本地理】(77点
日本地理は、先生の予想通りでした。世界遺産、広域観光ルート、国立公園から出題されました。
特に温泉に関する問題が多かったと思いました。又、国の観光政策との関わりで、世界水準のナショナルパークから、8つの国立公園として、沖縄の慶良間諸島国立公園に関して、出題されました。ここは全く出来ませんでした。
全体の印象としては、かなり、細かいことを聞かれ、こんな事は試験本来の趣旨から逸脱するのではないかと思いました。行ったことのある人、その街をよく知っている人しか答えられない問題がありました。

【日本歴史】(88点)
日本歴史は、妥当な問題と思いました。
これも植山先生の予想通りでした。標準的な問題で、奇問もなく、良問かと思いました。

【一般常識】(55点
一般常識は、苦労しました。経済、政治、社会からの問題がなく、観光白書からの出題が多かったと思いました。
これも植山先生のご指摘の通りでした。世界遺産関連の問題もありました。
最新の動向も問われました。観光に関する法律、行政の最新の動向を問われました。
東京オリンピック関連の問題もありました。白書に目を通し、最新の観光行政の動向、ニュースに日頃から、気を付けておくべきと思いました。
映画の主題歌を誰が作曲したかという問題がありましたが、これを一般常識で問題として問うのはどうかと思いました。
問題に偏りがありすぎると感じました。知っていれば出来るという問題が多かったと思います。白書関連は知らないと手も足も出ません。もう少し、ガイドとしての資質を問うという観点から、一般的な素養を問うべきと感じました。


先生が過去問を解くようにと、再三ご注意を戴きました。
受験を終えて、過去問を解くことの重要性を再認識しました。
先生ありがとうございました。一般常識の成否が心配です。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと
ほとんど準備が出来ずに当日を迎えてしまいました。
植山先生のメルマガを頼りに、<Youcube セミナー>の資料、最重要事項に目を通すこと位しか出来ませんでした。地理、一般常識では、先生のご指摘通りの問題が出されていました。準備不足を痛感しました。

●第2次試験に向けての<決意表明>
一般常識が出来がよくないので、2次に進めるか不安ですが、もし合格できていれば、出来るだけの準備をして、今年こそ、2次試験を突破し、合格致します。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
<Youcube セミナー>の資料を印刷して、先生の熱意と徹底ぶりに感服致しました。
2次の過去問、逐語訳、プレゼンテーマをよく研究し、十分な準備を致します。
先生のメルマガに励まされ、毎年やってきました。
今後も宜しくご指導下さいます様お願い申し上げます。
先生ありがとうございました。

以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度直前対策<Youtube セミナー>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本地理>
・2017年度<日本地理>対策<Youtube セミナー>の動画
https://youtu.be/QvMZlzWQUtI

・資料(きれいに印刷できます)
http://www.hello.ac/2017.geo.seminar.pdf

<項目別地図帳>
http://hello.ac/geography/map.pdf

<都道府県別地図帳>
http://hello.ac/map.prefectures.pdf

●<日本歴史>
・2017年度<日本歴史>対策<Youtube セミナー>の動画
https://youtu.be/0XFw-cWsb8k

・資料(きれいに印刷できます)
http://www.hello.ac/2017.his.seminar.pdf

<日本史の時代区分と各文化の特徴>
http://hello.ac/timeline.pdf

●<一般常識>
・2017 年度<一般常識>対策<Youtube セミナー>の動画
https://youtu.be/6fOkb2JoP9M

・資料(きれいに印刷できます)
http://www.hello.ac/2017.ippan.seminar.pdf

●直前の知識の整理に最適な下記も是非ご利用ください。(すべて無料!)

・第1次邦文試験対策<特訓1800題>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/56e18e234050ec5f9ab991de649627c2

・写真問題対策<Flashcards Deluxe>(暗記カードアプリ)を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/5453925522e7fc930961b9911dac446a

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(225)

2017年08月28日 12時14分29秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(225)

植山先生

お世話になっております。
ハロー通訳アカデミーが無料で貴重な資料や勉強方法などを提供してくださって本当に感謝しております。

無料と知った時に、目を疑うくらい信じれなかったです、義理の父も「お金がとらずにあんなに完璧な情報を提供するなんでありえない」とびっくりしました。

日本に15年間住んでいる中国人です、昨年の四月に通訳案内士の試験を受ける決意をしました。

あの時、植山先生のハロー通訳アカデミーのことが知らなかったので、自分で勉強をまとめました。
まず、やはり、日本の地理と歴史が私にとって難関です、興味を引くために、NHK高校講座の高橋英樹が務めた歴史講座を一通りを見ました。

それから、友人から紹介の「旅に出たくなる日本地図」と「出川日本史図鑑」を参考しながら、「通訳案内士試験 直前対策」を勉強しました。
昨年の狙いはまず、母語である中国語と日本の地理、歴史を合格させることでした。良かったことに、昨年、計画通りに中国語、地理、歴史を合格しました。

その後、残りの「一般常識」をどう勉強するかを悩みました、ネットでいろいろ検索したところで、植山先生のハロー通訳アカデミーを偶然に見つけました、まるで暗闇に一筋の光が差したかのように、早速メルマガも登録した。
それから、ハロー通訳アカデミーのメルマガや1800特訓などを勉強に取り込みました。

その上、図書館に行って、子供向けの「図解まるわかり時事用語」「2017なるほど日本知図帳」「「日本の伝統工芸品」「日本の世界遺産」「日本の世界無形遺産」などなど、スマホアプリの「日本国立公園」、中学生の「公民」、、、あらゆる関連ある知識を収集しました。
その結果今年の「一般常識」はなんとか合格できそうになりました。

●受験会場:龍谷深草

●試験内容、受験の感想

【中国語簡体字】昨年合格により免除
【日本地理】昨年合格により免除
【日本歴史】昨年合格により免除
【一般常識】(自己採点:75点)

●第2次試験に向けての<決意表明>
通訳案内士における中国語の書籍が少ないので、自分で図書館で借りる「日本の世界遺産」「日本の無形世界遺産」などと植山先生の「日本的事象英文説明300選」の内容を中国語に訳します。
それから、2分のプレゼンテーションを自分で時間を計りながら練習したいのです。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(224)

2017年08月27日 22時17分38秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(224)

ハロー通訳アカデミー
植山先生

いつも情報を提供くださり、本当にありがとうございます<(_ _)>
少し出遅れましたが、受験の感想をお送りします。
試験後はさすがに疲れていたようで、ようやく調子が戻ってきました。
今年の合格は無理そうですが、来年またチャレンジしたいと思っております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

●受験会場:目白大学(新宿キャンパス)

●試験内容、受験の感想

【中国語】HSK9級で免除
(19年前のHSKがここで活きてくるなんてびっくりポンでした!)

【日本地理】(自己採点:39点
まったくダメでした。付け焼刃では歯が立たない内容で、地理も歴史も苦手な私にとって無謀な挑戦でした。

何から手を付けたらよいか定まらず、マラソンセミナーを全部見るには時間が足りなさそうと思い、「広域観光周遊ルート形成促進事業」のモデルコースから昨年たくさん出題されていたようなので昨年出なかったコースをとにかく頭に入れていく作戦をとりましたが、その周辺情報・関連情報も知っておかないと得点できない問題が多く知識のなさを痛感しました。

ただ、モデルコースを追っていく勉強は楽しく日本ってこんなにも素敵な場所、観るべきスポット、食べるべき美味しいものがあるんだなと知って、全国をゆっくり旅したくなりました(笑)

【日本歴史】(自己採点:68点
歴史も苦手です。明治が西暦何年から始まったかも覚えてなかったぐらい。

そんな私でも正解できるような易しい問題もあってこの点数が取れたと思います。(合格ラインに2点足りませんが…)マラソンセミナーで奈良時代、平安時代を勉強し、これに世界遺産を重ねて覚えていくようにしました。

江戸時代は分量が多くかいつまんでの勉強で、そんなことで得点できるわけもありません。

最後は植山先生がまとめてくださった「直前対策セミナー」の資料に頼りました。

歴史がこんなにわかりやすくコンパクトにまとまった資料は他にないと思います。今後も保存アイテムとして何度も見返す資料になると思います。

【一般常識】(自己採点:58点
「一般常識」こそ何から手を付けたら、、という感じでしたが、メルマガで発信してくださった予想問題に出てくる数字やデータをとにかく頭に入れていきました。

そのおかげで「訪日外国人旅行者」に関する問いはほぼ正解できました。

「民泊」問題は出るだろうと予測していましたが詰めが甘く3問中1問しか正解できなかったのが悔しいです。

外国人観光客に関係する新しい事象はきちんと調べて把握しておくことが大事ですね。

伝統芸能に興味があるので歌舞伎問題2問正解できたのは嬉しいです。(合格ラインに2点足りませんからどうなりますことやら…)

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

<Flashcards Deluxe>は少しの空き時間も有効活用できて助かりました。写真を何度も見返しました。そのおかげで得点できた問題もあります。

教材の「地図帳項目別」はプリントして時間があるときに見るようにしていて、地理がまったくの私には国立公園、川、山、湖、温泉など、場所がすぐに確認できて重宝しました。たいへん有難い資料で今後も活用させていただきます。

「直前対策セミナー」の資料にも助けられました。この資料のおかげで最後の1分1秒まであきらめないという気持ちで試験に臨めたと思います。

●第2次試験に向けての<決意表明>

この得点で2次試験に進むのは無理と思っていますので、来年合格に向けていまから準備するつもりです。

「歴史」「一般常識」に運よく合格していれば来年の筆記試験は「地理」だけに集中できますし、その分2次試験対策にも時間を割けるので合格も夢ではないかもと思えてきました。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

植山先生のメルマガに出会っていなければ今回の受験勉強はなかったと思うので感謝しています。あまり関心の持てない地理・歴史について、このままでいいのかなという気持ちが数年前からあって、せっかく日本人として日本に生まれ育ったのに日本のことよく知らないままでいいのかなと。

自然豊かで歴史もあるのに関心ないのはもったいない気がして。

受験を考えたのは、2020年というタイミングに自分が東京にいること、昨年度からHSK9級で一次の中国語筆記試験が免除になることを知って「受けなさい」と何かに導かれたように思えたから、そしてこの受験で地理・歴史の勉強ができる!と考えたからです。

でも、植山先生の<ありえへんサービス>に出会っていなければ受験はなかったと思います。一つ国家資格は持っていていま何とか仕事をしていますし、学校に通って受験勉強しようとまでは思っていなくて、ただ独学でとなるとどう勉強すればいいのかよくわかりませんでした。

無料で教材や情報を提供してくださったことに感謝しかありません。お返しできるとしたら、合格して日本の良さを外国人に伝えていくことでしょうか。来年の合格目指して頑張ります。

来年から独占業務ではなくなりますが、勉強をした人とそうでない人の違いはきっと出てきますよね。

試験内容も変わると思いますが今後も受験される皆さんを導いてください。今後ともよろしくお願い致します<(_ _)>

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(223)

2017年08月27日 22時11分29秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(223)

●受験会場:札幌

●試験内容、受験の感想

【英  語】(自己採点58点
【日本地理】免除(総合旅行業務取扱資格)
【日本歴史】(自己採点75点
【一般常識】(自己採点67点

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

試験準備を始めたのが遅く、来年受験しようと思いましたが、来年必ず合格するために、今年1科目でも(できれば2科目)合格して免除にして、来年負担を軽減しようと歴史と一般常識にしぼって勉強しました。

毎日旅行者に英語で案内する仕事を実際しているので、北海道に関することとコミュニケーション能力だけは全く問題ないのですが、長年机上で教科書から英語を一切勉強しなかったため、試験英語が大の苦手です。苦痛です。
過去問題を試しにやってみたものの合格点とは程遠く潔く放棄しました…

自分には試験対策英語を短期で仕上げる余裕も3科目勉強する余裕もないと判断、来年英語だけに集中するために受験勉強を2科目に絞った結果がその通りになりました。
そんなわけで一応目標達成はなんとかできそうですが、「通訳案内士」なのに恥ずかしながら英語が最低です…(苦笑)

北海道在住です。対策講座は東京・大阪ばかりです。
受講する時間も経済力もありません。キツイです。

しかも札幌で無料の直前対策講座がありましたが、条件がTOEIC800以上、英検2級以上保有者、どれも持っていない私は札幌のコースさえも受けられず、スマホを持っていないのでFlashcards Deluxeも使えず、
無料の動画講座と第一次邦文試験対策特訓1800題と、メルマガと、書店と古本屋で購入した本で勉強しました。

歴史は、神社や寺、仏像の問題ばかりで、京都・奈良エリアに住んでいる人は有利だなと思いながらも、一般常識の訪日外国人数や国別等は、仕事柄ある程度把握していたので、
自分も有利なところがあるから気にしないようにしました。
仏像見て区別できるよう写真を何度も確認してなんとか区別できるようになったのに全く出題されませんでした(苦笑).

特に無料の動画講座はありがたかったです。
永岡先生の歴史の講座は、初めて歴史が面白いと感じた内容でした。
一般常識も楽しい授業ですが、時事問題は最新の情報も把握しないといけないので自分で要確認です。
おかげでなんとか歴史と一般常識はかろうじて一応合格ラインを超えました。
合格ラインが変わらないよう祈ります。ありがとうございます。

ハローに対するご意見、ご希望、ご感想

札幌駅の観光案内所で働いています。毎日外国人旅行者に英語で案内しています。
とにかく実践的に英語を話すばかりで、教科書で英語を学んでいません。

しかも北海道のみの観光に関する実用的な単語だけ使うので、試験英語の単語と内容は、北海道について書かれたものが出題されない限りほぼ使いません。
職場に来る外国人旅行者も約8割は中国語圏と韓国の方なので、英語は旅行者にとっても外国語であることが多く、流暢に話すことよりも、相手に伝わる発音と易しいシンプルな英語でゆっくり話すことのほうが大事です。
正直、現場にいると資格を取るよりも、中国語と韓国語を学ぶほうが役立ちます。

なので私は教科書の知識は乏しいのですが、旅行者とのコミュニケーション能力と、北海道の観光に関する実用的な知識だけはただの資格保有者よりも持っている自信あります。
そのかわり道外・日本文化の知識はお手上げです。

私は資格が無いのに、外国人旅行者に毎日英語で観光案内をしている仕事に就いています。
資格がない=闇ガイドと言われるのは心苦しい立場にいます。
私の職場(北海道さっぽろ観光案内所)は、北海道庁と札幌市役所から補助金がでて、北海道観光振興機構、札幌観光協会が運営しており、私は札幌観光協会から給料をもらっています。

民間の会社ではないのですが、臨時職員並みの最低の労働条件です。
非正規雇用職員です。正規雇用は管理職の上司のみです。
昇給、賞与、福利厚生、退職金など一切ないワーキングプアです。

過去に不当解雇、残業代未払いがあり、まるでブラック企業みたいです。
これは、私が資格をもっていないからではありません。
通訳案内士の資格をすでに持っている同僚も同じ労働条件なのです。

道も市も資格なんか重要視していません。スキルの有無も無視です。
しかも誰もが簡単にできる仕事だと上司が断言しました。この仕事なめてます。
資格持っても給料は上がりません。ワーキングプアのままです。介護士や保育士と一緒です。

それでもこの仕事を10年以上続けているのは、観光案内の仕事が好きだからです。
自分の適職だと思っています。

通訳案内士の受験は、高い受験料、テキスト代等、負担が大きくて苦しいです。
さらに夏休みの繁忙期、外国人旅行者が多い時期に、試験日の日曜日は有給休暇を取って受験です。
なぜ試験を受けるかというと、今の職場から追い出されて職を探さないといけないときに資格があったほうがいいと思ったからです。

はっきりいって観光庁や道・市が訪日旅行者誘致ばかり力を入れて、現場のスタッフを低賃金で雇い、現場に丸投げ、現場の整備とスタッフをおろそかにしていることに憤りを感じています。
だから旅行者の数値ばかりを問題にする試験も正直疑問で、現場と旅行者にとってはそんな知識はどうでもいいです。

一般常識で今年出題された映画なんぞ全く知らず、テレビもないので、ちょっと情報にうとかったです。
たばこの情報も知らないがためにこんな問題で一般常識が不合格だったらなんだか理不尽と思ってしまいました。

試験当日、午前の英語が終わり、地理が免除で時間が空いてたので、昼ごはんは外食にしました。
試験会場に戻る途中、外国人旅行者らしき人がスマホ見てキョロキョロしていました。

明らかに道に迷っている様子だったので、日本語と英語で声をかけました。
中国語圏の方でした。行きたい場所は中国語でしか言えない方で困ってましたが、札幌市内の主な名所の中国語は何度も聞いていてある程度理解できるので、目的地がどこかすぐわかりました。難なく道案内しました。

旅行者はあまり英語が話せない方でしたが理解してくれました。
英語が通じない方とコミュニケーションとってお互い理解できると本当に幸せな気分になります。

実際の現場の声を届けたくメールしました。
ハローのおかげで勉強できたことには深く感謝しています。これからも活用させていただきます。
本当にありがとうございました。

私の職場、北海道さっぽろ観光案内所です。JR札幌駅にあります。
JNTO認定外国人観光案内所カテゴリー2に属しています。
http://www.sapporo.travel/learn/informationcenter/

●第2次試験に向けての<決意表明>
来年に向けて頑張ります。現時点で私はまだコミュニケーション能力と北海道の観光知識しかありません。
今から日本全国、文化・歴史を英語で語ることができるよう勉強しますが、ずっと机上で勉強していたため、どこも旅行していないので、まずは旅行します。
今は本で学ぶよりも実際自分で行って確かめたいです。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(222)

2017年08月27日 22時06分27秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(222)

ハロー通訳アカデミー御中
植山先生

お世話になっております。
受験の感想をお送りいたします。
少しでもご参考になりましたら幸いです。

●受験会場
大阪近郊 龍谷大学深草キャンパス教室にもよりますが、私が受験した教室はいすは硬く机部分も狭かった。
空調はまずまずでした。

[注意事項]
のみもの
 受験票にはふたのついたペットボトルの持込がOKと書かれています。会場では水筒はだめとのことでした。

身分証明書
 試験科目ごとに受験票と一緒に掲示し、試験中に試験官が確認されます。ない場合は、後日郵送する申請書が手渡されます。

●試験内容、受験の感想
【英語】(自己採点:70点

引っ掛けと思われる、回答に迷う問題が多かったように思います。
英語といいながら、地理や、歴史、一般常識の範囲に含まれている問題が多かったように感じました。
茶の湯の問題は、茶の湯を経験していれば、(回答の選択肢が、茶の湯の精神からはずれているかどうかの観点から)答えられそうに思いました。

【日本地理】免除
【日本歴史】(自己採点:79点
問題文と写真、図から回答が類推できる問題があったように思います。

【一般常識】(自己採点:58
観光旅行客の数の記憶があいまいだったためかなりの点数ダウンになってしまいました。
アニメの問題は、意表をつかれてしまいました。
特に、主題歌を歌っているグループ名を回答するところは、知っていないと難しいと感じました。

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと
試験直前に配信された予想問題は、非常に役立ちました。
時間がなかったので、先生のご助言どおり、これだけ?を試験の説明がある時刻まで見ていました。
ほとんどそのままの内容が出題されているところもあって、この教材がなければ、点数はもっと悪くなっていたと思います。
感謝です。

●第2次試験に向けての<決意表明>
一般常識が点数不足であるので二次試験にすすめるかわからないですが、いずれ受験することになるはずなのと、スピーチの試験なので、(英語で話すのは30年前に受けた英検2級の試験以来です)早めに準備を始め、ハローで公開されている教材を中心に勉強したいと思います。

●ハローに対するご意見、ご希望、ご感想
本当にこのような教材が公開されていていいのかと思うくらいの内容です。
また、業界の状況が包み隠さず発信されているので、社会勉強も含めてすばらしいと感じています。
これからもよろしくお願いいたします。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(221)

2017年08月27日 21時19分22秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(221)

●受験会場:龍谷大学

●試験内容、受験の感想

2年ぶりの一次でしたが 英語と歴史は随分易しくなったと感じました。

知らなくても消去法で解答を導き出せそうな問題も多かったように思います。

英語はハローの「日本的事象英文説明300選」パクリ問題に加え、お昼におでんを詰めてきてたので おでんがでたのにはかなり驚きました!

地理がわからないことだらけで もう鉛筆を転がすしかないとあきらめかけましたが スノーモンキーや隠岐、鉱山に無形文化遺産などはヤマがあたり、一般常識も先生の言われたように観光白書を見ておいて良かったとつくづく思いましたが、ケアレスや勘違いなどもあり、もう少し早いうちからしっかり勉強しておけばと後悔しているところです。

毎回途中入室される方が一人いらっしゃり、試験官と声のトーンを下げずに話して 注意されたりされてたので 退出させてほしかったです。

【英  語】(自己採点: 77点
【日本地理】(自己採点:51点
【日本歴史】(自己採点:92点
【一般常識】(自己採点:72点

●ハローの教材、メルマガ、ブログ、<Flashcards Deluxe>などで役に立ったこと

メルマガやブログをいつも楽しく拝読させていただいております。

最後は先生の励ましのメールをみて少しだけでもとまとめ資料を重点的に目を通していたのが役に立ちました。

また第1次邦文試験対策<特訓1800題>、<Flashcards Deluxe>、歴史と地理のマラソンセミナーを時々利用させていただいてました。

●第2次試験に向けての<決意表明>

今回3回目ですので、なんとか合格できるようがんばりたいところですが、娘が緊急入院となり、地理は合格ラインに満たないのですが、万が一に備えて、できる範囲で準備していきたいと思います。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(220)

2017年08月27日 20時12分52秒 | ●2017年度<第1次筆記試験>受験の感想

2017年度<第1次筆記試験>受験の感想(220)

自己採点結果

●英語 83点
●地理 54点
●歴史 85点
●一般 48点

●受験感想

<英語>
ハロー300撰丸写しの出題! 問題5-3. 5-4. 5-5. 5-6. は300撰から出したとしか思えません。

「おでん」に至っては、一字一句まったくそのまま!(いくら何でもまずいと思わなかったのかな)

受験生にとってはありがたいので、著作権侵害で訴えないで!(笑)。「日本的事象英文説明300選」は丸暗記していました。

英語に関しては、近年の傾向から、完全マークシート方式になり。見たところ、もしかしたらいけるかもしれないと思い、受験を決意しました。

20年以上前に一度挑戦し、落ちていましたので、それ以来の挑戦 です。

今年は、難問(奇問)と言われていた整序問題(並べ替え)が出なかったのもよかったです。 ずいぶん非難されていましたからね。

英語は、他の日本語3科目の勉強の為、殆ど時間を割くことができませんでした。 また、半年やそこらの勉強ではこれ以上伸ばすのは無理とも考え、自分の実力で勝負することにしました。 

但し、ハローの300撰だけは、丸暗記しておきました。(二次試験対策にもなるので)

<地理>
日本語3科目は、一通りざっと勉強しただけで、全く自信はありませんでした。 

問題自体は例年と比べると、それ程奇問が多かったとは思いませんでしたが、いかんせん勉強不足でダメでした。 

もっと出来たかと思いました が、結果54点と惨敗でした。

<日本史>
殆ど素直な問題で、ざっと一通り、古代から近代まで学習ただけでしたが、結果の通りでした。 

市販の過去問をまとめただけのような、ポケット版の直前対策のような教材でも対応可かなとも思いました。

<一般常識>
最初から一番苦手意識を持っていたので、学習にも身が入らなかったのも良くなかったですが、一通りは市販のテキストで学習しておきましたが、そこからは全く出題されず、数カ月の努力は無駄でした。 

ハローの直前対策に目を通しておいたことと地理などの他の分野からも出題されたことで、いくらか得点できましたが、悲しい結果となりました。 

近年の出題傾向を見て、自分なりに出題予測し 、ハローなどの予測も参考にしながら予測内容を掘り下げておくことが重要かとおもいます。

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加