通訳案内士試験の独学合格を強力にサポート!

ハローの教材、動画をすべて無料公開!

2016年度<日本地理>受験者へ

2016年05月16日 07時16分47秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

2016年度<日本地理>受験者へ

<日本地理>のガイドライン

(1)試験方法
・試験は、日本の観光地等に関連する日本地理についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・試験の方法は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は、40分とする。
・試験の満点は、100点とする。
・問題の数は、40問程度とする。
・内容は、地図や写真を使った問題を中心としたものとする。

(2)合否判定
・合否判定は、原則として70点を合格基準点として行う。

<日本地理>の重要教材、動画、学習コ−ナー(すべて無料!)

●<日本地理>の全問題と解答例(2004年〜2015年)
http://hello.ac/geo.2004.2015.pdf

●<日本地理>解答例のみ(2004年〜2015年)
http://hello.ac/geo.kaitourei.pdf

●2015年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2015geography.pdf

●2014年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2014geography.pdf

●2013年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2013geography.pdf

●2012年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2012geography.pdf

●2011年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2011geography.pdf

●2010年度第1次試験<日本地理>問題
http://hello.ac/guide/2010geography.pdf

●通訳案内士試験対策<最強の地図帳>(1)項目別地図帳
http://hello.ac/geography/map.pdf

●通訳案内士試験対策<最強の地図帳>(2)都道府県別地図帳
http://hello.ac/houbun/geography/map.prefectures.pdf

●マラソンセミナー<日本地理>テキスト
http://hello.ac/marathon2012version/geographytext.pdf

●第1次邦文試験対策<特訓1800題>を使い倒せ!
http://hello.ac/streaming/clinic/clinic_houbun/index.html

●マラソンセミナー<日本地理>動画学習コーナー
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

●マラソンセミナー<日本地理>音声学習コーナー
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/89f4804d90b83a179d69e92565f0a210

●<Flashcards Deluxe>を使い倒せ!
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/35e45334cca19e6f8df802b215963d40

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<日本地理の最重要事項のまとめ>(その1)

2016年05月16日 07時15分41秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

<日本地理の最重要事項のまとめ>(その1)

●国立公園
国立公園とは、自然公園法に基づき、日本を代表する自然の風景地を保護し利用の促進を図る目的で、環境大臣が指定する自然公園のひとつである。2015年8月現在、32の国立公園が指定されている。

・試験対策→しっかり覚えておくこと

<環境省北海道地方環境事務所管内>
(1)阿寒国立公園(1934年12月4日指定)
(2)大雪山国立公園(1934年12月4日指定)
(3)支笏洞爺国立公園(1949年5月16日指定)
(4)知床国立公園(1964年6月1日指定)
(5)利尻礼文サロベツ国立公園(1974年9月20日指定・利尻礼文国定公園から昇格)
(6)釧路湿原国立公園(1987年7月31日指定)

<環境省東北地方環境事務所管内>
(7)十和田八幡平国立公園(十和田国立公園として1936年2月1日指定)
(8)磐梯朝日国立公園(1950年9月5日指定)
(9)三陸復興国立公園(2013年5月24日指定)

<環境省関東地方環境事務所管内>
(10)日光国立公園(1934年12月4日指定)
(11)富士箱根伊豆国立公園(富士箱根国立公園として1936年2月1日指定)
(12)秩父多摩甲斐国立公園(秩父多摩国立公園として1950年12月4日指定)
(13)南アルプス国立公園(1964年6月1日指定)
(14)小笠原国立公園(1972年10月16日指定)
(15)尾瀬国立公園(2007年8月30日指定・日光国立公園から尾瀬地域を分離)

<環境省中部地方環境事務所管内>
(16)中部山岳国立公園(1934年12月4日指定)
(17)伊勢志摩国立公園(1946年11月20日指定)
(18)上信越高原国立公園(1949年9月7日指定)
(19)白山国立公園(1962年11月12日指定・白山国定公園から昇格)
(20)妙高戸隠連山国立公園(2015年3月27日指定)

<環境省近畿地方環境事務所管内>
(21)吉野熊野国立公園(1936年2月1日指定)
(22)山陰海岸国立公園(1963年7月15日指定・山陰海岸国定公園から昇格)

<環境省中国四国地方環境事務所管内>
(23)大山隠岐国立公園(大山国立公園として1936年2月1日指定)
(24)足摺宇和海国立公園(1972年11月10日指定・足摺国定公園から昇格)
<環境省九州地方環境事務所管内>

(25)雲仙天草国立公園(雲仙国立公園として1934年3月16日指定)
(26)霧島錦江湾国立公園(霧島国立公園として1934年3月16日指定・その後「霧島屋久国立公園」となり2012年3月16日に屋久島国立公園の分離等を行い名称及び区域変更)
(27)阿蘇くじゅう国立公園(阿蘇国立公園として1934年12月4日指定)
(28)西海国立公園(1955年3月16日指定)
(29)西表石垣国立公園(西表国立公園として1972年5月15日指定・西表政府立公園を移管)
(30)屋久島国立公園(2012年3月16日指定・霧島屋久国立公園から屋久島地域を分離)
(31)慶良間諸島国立公園(2014年3月5日指定・沖縄海岸国定公園から慶良間諸島地域を分離して国立公園に昇格)

<近畿、中国四国、九州共同>
(32)瀬戸内海国立公園(1934年3月16日指定)

特に重要な<国立公園13>(過去3回以上出題されたもの)

・日光国立公園:男体山[二荒山]/中禅寺湖/華厳滝/東照宮/二荒山神社
・支笏洞爺国立公園:支笏湖/洞爺湖/倶多楽湖/羊蹄山/昭和新山/登別温泉/定山渓温泉
・中部山岳国立公園:北アルプス[飛騨山脈]/立山連峰/上高地/黒部峡谷/宇奈月温泉
・大山隠岐国立公園:大山[伯耆富士]/蒜山/ジャージー牛/三瓶山/隠岐諸島/島根半島
・瀬戸内海国立公園:六甲山/淡路島/宮島/厳島神社/芸予諸島/小豆島寒霞渓/屋島/鳴門海峡/関門海峡/国東半島/両子山/高崎山/ニホンザル
・磐梯朝日国立公園:出羽三山/朝日岳/飯豊山/吾妻山/磐梯山/猪苗代湖/檜原湖
・吉野熊野国立公園:瀞峡[瀞八丁]/大台ヶ原山/大峰山/吉野山/潮岬/那智滝/熊野川
・阿寒国立公園:屈斜路湖/川湯温泉/摩周湖/霧/高い透明度/阿寒湖/特別天然記念物マリモ
・釧路湿原国立公園:日本最大の湿原/特別天然記念物タンチョウ
・陸中海岸国立公園:隆起海岸/断崖/海食景観/わが国を代表するリアス式海岸
・阿蘇くじゅう国立公園:阿蘇山/世界最大級のカルデラ/九重山/久住高原/鶴見岳/由布院温泉
・大雪山国立公園:大雪山/層雲峡
・足摺宇和海国立公園:足摺岬/竜串海岸

●国定公園
国定公園とは、日本において国立公園に準じる景勝地として自然公園法に基づいて環境大臣が指定した公園。国立公園が国の直接管理なのに対し、国定公園は都道府県が管理する。
2015年8月現在、56の国定公園が存在する。最も新しいものは2007年8月3日に指定された、京都府の丹後天橋立大江山国定公園である。以下、( )内は指定日を示す。

・試験対策→しっかり覚えておくこと
(1)暑寒別天売焼尻国定公園(1990年8月1日)暑寒別山地、雨竜沼湿原、天売島、焼尻島、ルーラン奇勝など
(2)網走国定公園(1958年7月1日)網走五湖、小清水原生花園、天都山など
(3)ニセコ積丹小樽海岸国定公園(1963年7月24日)ニセコ連峰の一部、積丹、小樽海岸など
(4)日高山脈襟裳国定公園(1981年10月1日)日高山脈、襟裳岬、アポイ岳など
(5)大沼国定公園(1958年7月1日)渡島駒ヶ岳(駒ヶ岳)及び大沼
(6)下北半島国定公園(1968年7月22日)仏ヶ浦、恐山、大間崎、尻屋崎など下北半島の著名景勝地
(7)津軽国定公園(1975年3月31日)岩木山、十二湖、深浦海岸、十三湖など
(8)早池峰国定公園(1982年6月10日)早池峰山
(9)栗駒国定公園(1968年7月22日)栗駒山地、夏油温泉、鬼首温泉郷、鳴子峡、小安峡など
(10)南三陸金華山国定公園(1979年3月30日)金華山、南三陸の海岸地帯
(11)蔵王国定公園(1963年8月8日)蔵王山、山寺
(12)男鹿国定公園(1973年5月15日)男鹿半島(入道崎、一ノ目潟など)
(13)鳥海国定公園(1963年7月24日)鳥海山、象潟、飛島など
(14)越後三山只見国定公園(1973年5月15日)越後三山(八海山など)、奥只見ダム周辺
(15)水郷筑波国定公園(1959年3月3日)筑波山、霞ヶ浦、十二橋周辺、鹿島神宮神域、犬吠埼など
(16)妙義荒船佐久高原国定公園(1969年4月10日)妙義山、荒船山、佐久高原など
(17)南房総国定公園(1958年8月1日)房総内浦、房総外浦、鹿野山、清澄山など
(18)明治の森高尾国定公園(1967年12月11日)高尾山
(19)丹沢大山国定公園(1965年3月25日)丹沢湖、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳、大山周辺
(20)佐渡弥彦米山国定公園(1950年7月27日)佐渡(外海府海岸、七浦海岸、小木海岸など)、弥彦山、米山、福浦八景など
(21)能登半島国定公園(1968年5月1日)能登金剛、曽々木海岸、禄剛崎、内浦海岸、能登島、雨晴海岸など
(22)越前加賀海岸国定公園(1968年5月1日)越前海岸、東尋坊など
(23)若狭湾国定公園(1955年6月1日)若狭湾一帯(気比松原、三方五湖、蘇洞門、冠島)など
(24)八ヶ岳中信高原国定公園(1964年6月1日)八ヶ岳山麓、霧ヶ峰、蓼科高原界隈など
(25)天竜奥三河国定公園(1969年1月10日)天竜峡、佐久間ダム、茶臼山高原、鳳来寺山など
(26)揖斐関ヶ原養老国定公園(1970年12月28日)関ヶ原古戦場跡、養老渓谷など
(27)飛騨木曽川国定公園(1964年3月3日)飛騨川(中山七里、飛水峡)、木曽川(日本ライン)など
(28)愛知高原国定公園(1970年12月28日)猿投山、矢作川上流域、香嵐渓、本宮山など)
(29)三河湾国定公園(1958年4月10日)知多半島、三河湾一帯、三ヶ根山、渥美半島、日間賀島など
(30)鈴鹿国定公園(1968年7月22日)鈴鹿山脈(御在所山、宇賀渓、石水渓など各種渓谷)
(31)室生赤目青山国定公園(1970年12月28日)室生高原、赤目渓谷(香落渓、赤目四十八滝)、青山高原
(32)琵琶湖国定公園(1950年7月24日)琵琶湖(竹生島、海津大崎など)、比叡山、比良山地、野坂山地、伊吹山など
(33)丹後天橋立大江山国定公園 2007年8月3日)丹後半島海岸部(天橋立、経ヶ岬を含む)、大江山、世屋高原
(34)明治の森箕面国定公園(1967年12月11日)箕面の滝など
(35)金剛生駒紀泉国定公園(1958年4月10日)金剛山地、生駒山地、和泉葛城山麓
(36)氷ノ山後山那岐山国定公園(1969年4月10日)氷ノ山、那岐山、天滝渓谷、芦津渓谷、神鍋高原、瀞川平、阿瀬渓谷、蘇武岳
(37)大和青垣国定公園(1970年12月28日)大和三山一帯の丘陵地
(38)高野竜神国定公園(1967年3月23日)高野山及び龍神温泉一帯
(39)比婆道後帝釈国定公園(1963年7月24日)比婆山、道後山、吾妻山及び帝釈峡
(40)西中国山地国定公園(1969年1月10日)中国山地西部(三段峡、匹見峡、寂地峡含む)
(41)北長門海岸国定公園(1955年11月1日)青海島、須佐湾など
(42)秋吉台国定公園(1955年11月1日)秋芳洞、秋吉台
(43)剣山国定公園(1964年3月3日)剣山山麓一帯、大歩危、小歩危、祖谷渓
(44)室戸阿南海岸国定公園(1964年6月1日)室戸岬〜阿南海岸に亘る海岸線一帯
(45)石鎚国定公園(1955年11月1日)石鎚山、面河渓
(46)北九州国定公園(1972年10月16日)皿倉山、平尾台
(47)玄海国定公園(1956年6月1日)若松北海岸、芥屋大門、虹の松原、唐津湾
(48)耶馬日田英彦山国定公園(1950年7月29日)耶馬渓、八面山、英彦山
(49)壱岐対馬国定公園(1968年7月22日)壱岐、浅茅湾など
(50)九州中央山地国定公園(1982年5月15日)市房山、五木、五家荘、米良荘、綾照葉樹林帯
(51)日豊海岸国定公園(1974年2月15日)日豊海岸、枇榔島
(52)祖母傾国定公園(1965年3月25日)祖母山、高千穂峡
(53)日南海岸国定公園(1955年6月1日)青島、日南海岸、都井岬
(54)奄美群島国定公園(1974年2月15日)奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島
(55)沖縄海岸国定公園(1972年5月15日)北部海岸、中部海岸、恩納ビーチ、万座毛、与那覇岳など
(56)沖縄戦跡国定公園(1972年5月15日)ひめゆりの塔など県南部海岸地帯の戦争史跡

●記念物
わが国の文化財は大きく文化財と記念物に分類され、文化財には有形文化財、無形文化財民俗文化財がある。地理の分野では、記念物である。記念物とは遺跡、名勝地、動物、植物・地質鉱物で歴史的、学術的あるいは鑑賞の面でそれぞれ価値の高いものである。
記念物は、文化財保護委員会によって指定されると、史跡、名勝、天然記念物となる。
特別指定を受けると、特別史跡、特別名勝、特別天然記念物となり、有形文化財の国宝に等しい価値が認められる。

<特別天然記念物>
2014年8月現在、75件が特別天然記念物に指定されている。

・試験対策→すべて覚える必要はないが、一読しておくこと。

(1)日光杉並木街道附並木寄進碑(特別史跡)(栃木)
(2)上高地(特別名勝)(長野)
(3)黒部峡谷附猿飛ならびに奥鐘山(特別名勝)(富山)
(4)田島ケ原サクラソウ自生地(埼玉)
(5)アマミノクロウサギ(定めず)
(6)阿寒湖のマリモ(北海道)
(7)野幌原始林(北海道)
(8)コウシンソウ自生地(栃木)
(9)八代のツルおよびその渡来地(山口)
(10)青島亜熱帯性植物群落(宮崎)
(11)都井岬ソテツ自生地(宮崎)
(12)鹿児島県のツルおよびその渡来地(鹿児島)
(13)喜入のリュウキュウコウガイ産地(鹿児島)
(14)枇榔島亜熱帯性植物群落(鹿児島)
(15)小湊のハクチョウおよびその渡来地(青森)
(16)鯛の浦タイ生息地(千葉)
(17)ホタルイカ群遊海面(富山)
(18)白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石(長野)
(19)秋芳洞(山口)
(20)蒲生のクス(鹿児島)
(21)白馬連山高山植物帯(長野・新潟・富山)
(22)玉川温泉の北投石(秋田)
(23)狩宿の下馬ザクラ(静岡)
(24)宝生院のシンパク(香川)
(25)ライチョウ(定めず)
(26)土佐のオナガドリ(定めず)
(27)鹿児島県のソテツ自生地(鹿児島)
(28)石徹白のスギ(岐阜)
(29)春日山原始林(奈良)
(30)杉の大スギ(高知)
(31)屋久島スギ原始林(鹿児島)
(32)東根の大ケヤキ(山形)
(33)加茂の大クス(徳島)
(34)古処山ツゲ原始林(福岡)
(35)根尾谷断層(岐阜)
(36)大山のダイセンキャラボク純林(鳥取)
(37)牛島のフジ(埼玉)
(38)早池峰山及び薬師岳の高山帯・森林植物群落(岩手)
(39)立花山クスノキ原始林(福岡)
(40)鳴沢熔岩樹型(山梨)
(41)大根島の熔岩隧道(島根)
(42)鬼首の雌釜および雄釜間歇温泉(宮城)
(43)カモシカ(定めず)
(44)八釜の甌穴群(愛媛)
(45)トキ(定めず)
(46)タンチョウ(定めず)
(47)大島のサクラ株(東京)
(48)根反の大珪化木(岩手)
(49)魚津埋没林(富山)
(50)アポイ岳高山植物群落(北海道)
(51)浅間山熔岩樹型(群馬)
(52)御岳の鏡岩(埼玉)
(53)相良のアイラトビカズラ(熊本)
(54)夏油温泉の石灰華(岩手)
(55)内海のヤッコソウ発生地(宮崎)
(56)根尾谷の菊花石(岐阜)
(57)高知市のミカドアゲハおよびその生息地(高知)
(58)長岡のゲンジボタルおよびその発生地(滋賀)
(59)焼走り熔岩流(岩手)
(60)湧玉池(静岡)
(61)薬師岳の圏谷群(富山)
(62)オオサンショウウオ(定めず)
(63)昭和新山(北海道)
(64)羽黒山のスギ並木(山形)
(65)コウノトリ(兵庫・福井)
(66)岩間の噴泉塔群(石川)
(67)尾瀬(福島・群馬・新潟)
(68)アホウドリ(定めず)
(69)秋吉台(山口)
(70)カワウソ(定めず)
(71)メグロ(定めず)
(72)大雪山(北海道)
(73)ノグチゲラ(定めず)
(74)イリオモテヤマネコ(定めず)
(75)カンムリワ(定めず)

<特別名勝>
2014年8月現在、36件が特別名勝に指定されている。
・試験対策→すべて覚える必要はないが、一読しておくこと。

・北海道・東北地方
(1)十和田湖および奥入瀬渓流(天然記念物)
(2)毛越寺庭園(特別史跡)
(3)松島(日本三景)

・関東地方
(4)六義園
(5)小石川後楽園(特別史跡)
(6)旧浜離宮庭園(特別史跡)

・中部地方
(7)御岳昇仙峡
(8)上高地(特別天然記念物)
(9)富士山
(10)黒部峡谷付猿飛ならびに奥鐘山(特別天然記念物)
(11)兼六園(日本三名園)
(12)一乗谷朝倉氏庭園(特別史跡)

・近畿地方
(13)天橋立(日本三景)
(14)大仙院書院庭園
(15)大徳寺方丈庭園
(16)鹿苑寺(金閣寺)庭園(特別史跡)
(17)龍安寺方丈庭園
(18)慈照寺(銀閣寺)庭園(特別史跡)
(19)法金剛院青女滝付五位山
(20)天龍寺庭園
(21)二条城二の丸庭園
(22)金地院庭園
(23)本願寺(西本願寺)大書院庭園
(24)西芳寺庭園
(25)醍醐寺三宝院庭園(特別史跡)
(26)浄瑠璃寺庭園
(27)平城京左京三条二坊宮跡庭園(特別史跡)
(28)平城宮東院庭園(特別史跡)
(29)瀞八丁
・中国・四国地方
(30)岡山後楽園(日本三名園)
(31)三段峡
(32)厳島(日本三景・特別史跡)
(33)栗林公園
・九州・沖縄地方
(34)虹ノ松原
(35)温泉岳(雲仙岳)
(36)識名園

<特別史跡>
2014年8月現在、61件が特別史跡に指定されている。
・試験対策→すべて覚える必要はないが、一読しておくこと。

(1)五稜郭跡(北海道)
(2)三内丸山遺跡(青森県)
(3)中尊寺境内 岩手県)
(4)無量光院跡(岩手県)
(5)毛越寺境内 附 鎮守社跡(岩手県)
(6)多賀城跡(附 寺跡(宮城県)
(7)大湯環状列石(秋田県)
(8)旧弘道館(茨城県)
(9)常陸国分寺跡(茨城県)
(10)常陸国分尼寺跡(茨城県)
(11)大谷磨崖仏(栃木県)
(12)日光杉並木街道 附 並木寄進碑(栃木県)
(13)金井沢碑(群馬県)
(14)山上碑および古墳(群馬県)
(15)多胡碑(群馬県)
(16)旧浜離宮庭園(東京都)
(17)江戸城跡(東京都)
(18)小石川後楽園(東京都)
(19)一乗谷朝倉氏遺跡(福井県)
(20)尖石石器時代遺跡(長野県)
(21)遠江国分寺跡(静岡県)
(22)新居関跡(静岡県)
(23)登呂遺跡(静岡県)
(24)名古屋城跡(愛知県)
(25)本居宣長旧宅 同 宅跡(三重県)
(26)安土城跡(滋賀県)
(27)彦根城跡(滋賀県)
(28)慈照寺(銀閣寺)庭園(京都府)
(29)鹿苑寺(金閣寺)庭園(京都府)
(30)醍醐寺三宝院庭園(京都府)
(31)大坂城跡(大阪府)
(32)百済寺跡(大阪府)
(33)姫路城跡(兵庫県)
(34)キトラ古墳 奈良県)
(35)高松塚古墳 奈良県)
(36)山田寺跡(奈良県)
(37)石舞台古墳 奈良県)
(38)巣山古墳(奈良県)
(39)藤原宮跡(奈良県)
(40)文殊院西古墳(奈良県)
(41)平城宮跡(奈良県)
(42)平城京左京三条二坊宮跡庭園(奈良県)
(43)本薬師寺跡(奈良県)
(44)岩橋千塚古墳群(和歌山県)
(45)斎尾廃寺跡(鳥取県)
(46)旧閑谷学校 附 椿山石門津田永忠宅跡および黄葉亭(岡山県)
(47)厳島(広島県)
(48)廉塾ならびに菅茶山旧宅(広島県)
(49)讃岐国分寺跡(香川県)
(50)王塚古墳(福岡県)
(51)水城跡(福岡県)
(52)大宰府跡(福岡県)
(53)大野城跡(福岡県)
(54)吉野ヶ里遺跡(佐賀県)
(55)名護屋城跡並陣跡(佐賀県)
(56)金田城跡(長崎県)
(57)原の辻遺跡(長崎県)
(58)熊本城跡(熊本県)
(59)臼杵磨崖仏 附 日吉塔、嘉応二年在銘五輪塔 承安二年在銘五輪塔(大分県)
(60)西都原古墳群(宮崎県)
(61)基肄(椽)城跡(福岡県、佐賀県)

●名勝・観光地(過去3回以上出題されたもの)
・試験対策→しっかり覚えておくこと
・日本三景:松島(宮城県)/天橋立(京都府)/厳島[宮島](広島県)
・日本三名園:偕楽園(茨城県)/兼六園(石川県)/後楽園(岡山県)
・日本三古湯:白浜温泉(和歌山県)、道後温泉(愛媛県松山市)、有馬温泉(兵庫県神戸市)
・層雲峡(北海道):北海道中央部、石狩川上流にあるわが国屈指の大峡谷。 「大函」と「小函」は、柱状節理の大絶壁で有名。大雪山国立公園に属する。
・寒霞渓(香川県):小豆島東部にある景勝地。渓谷では浸食を受けた集塊岩の奇景が見られ、山頂からは瀬戸内海が一望できる。瀬戸内海国立公園に属する。
・耶馬渓(大分県):溶岩台地が山国川の浸食を受けて形成された名勝。奇岩・絶壁の渓谷が随所に見られる。青洞門など見所も多い。耶馬日田英彦山国定公園に属する。
・定山渓(北海道):札幌市南西部、原始林に覆われた山が迫る豊平川上流の渓谷に沿って発達した温泉地。「札幌の奥座敷」とよばれる。支笏洞爺国立公園の一部。
・黒部峡谷(富山県):黒部川上・中流域にあるV字谷。花崗岩の断崖で、谷壁の高さは数百mにもおよぶ日本一深い峡谷。中部山岳国立公園に属する。
・瀞峡(三重県・奈良県・和歌山県):熊野川支流の北山川沿いの渓谷。樹林に覆われた絶壁が続く。下流部の8丁(約1km)は「瀞八丁」とよばれ、特に渓谷美にすぐれる。
 吉野熊野国立公園の一部をなす。
・虹の松原(佐賀県):佐賀県北西部、唐津湾に沿って弧状に約5km続く松原。玄海国定公園の一部。

●日本の世界遺産(2016年5月現在)
・試験対策→しっかり覚えておくこと

【文化遺産】
・法隆寺地域の仏教建造物(1993年12月)
・姫路城(1993年12月)
・古都京都の文化財(1994年12月)
・白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年12月)
・原爆ドーム(1996年12月)
・厳島神社(1996年12月)
・古都奈良の文化財(1998年12月)
・日光の社寺(1999年12月)
・琉球王国のグスク及び関連遺産群(2000年12月)
・紀伊山地の霊場と参詣道 (2004年7月)
・石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年6月)
・平泉−仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年6月)
・富士山―信仰の対象と芸術の源泉(2013年6月)
・富岡製糸場と絹産業遺産群(2014年6月)

【自然遺産】
・屋久島(1993年12月)
・白神山地(1993年12月)
・知床(2005年7月)
・小笠原諸島(2011年6月)

●注意すべき山・川・湖・島
・試験対策→しっかり覚えておくこと
・山の高さベスト3:
 ”抻了魁弊轍県・山梨県)∨務戞併獲県)1穂高岳(長野県・岐阜県)
・各地方最高峰:旭岳(北海道)/燧ヶ岳(福島県・東北地方)/八剣山[仏経ヶ岳](奈良県・近畿地方)/大山(鳥取県・中国地方)/石鎚山(愛媛県・四国地方)/宮之浦岳(鹿児島県屋久島・九州地方)
・日本三名山:富士山(静岡県・山梨県)/立山(富山県)/白山(石川県)
・川の長さベスト3:/濃川⇒根川石狩川
・川の流域面積ベスト3:〕根川 ∪仄軅遏´信濃川
・日本三急流:最上川(山形県)/富士川(山梨県・静岡県)/球磨川(熊本県)
・湖の広さベスト3:“琶湖(滋賀県)霞ヶ浦(茨城県)サロマ湖(北海道)
・湖の深さベスト3:‥賃湖(秋田県)∋揀湖(北海道)十和田湖(青森県・秋田県)
・島の大きさベスト3:_縄島∈甘賄膈1眸大島(※主要4島及び北方領土を除く)

●地形・気象用語
・試験対策→しっかり覚えておくこと
・成層火山:溶岩と砕屑物が何層にも堆積して形成され、円錐形の山体と広い裾野を持つ。【代表例】富士山(静岡県・山梨県)。
・カルデラ:火山の中心部に形成された大規模な円形またはそれに近い凹地。【代表例】阿蘇山(熊本県)。
・溶岩ドーム:溶岩の粘性が大きく、高さの割にすそ野の広がりが狭い。【代表例】大山(鳥取県)、昭和新山(北海道)。
・堰止め湖:火山噴出物や山崩れなどにより、川が堰き止められて生じた湖。【代表例】中禅寺湖(栃木県)/富士五湖(山梨県)
・カルスト地形:石灰岩地域の溶食によってできた地形。【代表例】秋吉台・秋芳洞(山口県)。
・扇状地:河川が山地から平地に流れ出す際、谷の出口を頂点に、河川が運んできた砂などが扇形に堆積してできる地形。【代表例】甲府盆地(山梨県)。
・リアス式海岸:山地の沈降により生じた鋸歯状の屈曲を持つ海岸。【代表例】三陸海岸南部、志摩半島、若狭湾。
・三角州:河川が運んできた砂などが河口付近に堆積してできる地形。【代表例】太田川⇒広島平野。
・砂洲:湾口に形成された砂礫の堆積による嘴状の地形が発達して対岸に達し、内に潟を抱くようになったもの。【代表例】天橋立(京都府)
・砂(さ)嘴(し):堆積した砂礫が海岸から沖へ細長く伸びた地形。先端が湾曲するかぎ状砂嘴と、先が分かれた分岐砂嘴がある。【代表例】野付崎(北海道)
・フォッサマグナ:本州中央部を横断する大地溝帯。日本を地質構造上、東北日本と西南日本に分ける。
・フェーン:山地から吹き下ろす高温で乾燥した風。日本では夏の日本海側に典型的に見られる。
・やませ:初夏の頃に東北地方太平洋側に吹く冷涼湿潤な北東風。オホーツク気団と寒流の千島海流が原因で、しばしば冷害をもたらす。

●県名と異なる県庁所在地名
・試験対策→しっかり覚えておくこと
岩手県(盛岡市)/宮城県(仙台市)/茨城県(水戸市)/栃木県(宇都宮市)
群馬県(前橋市)/石川県(金沢市)/山梨県(甲府市)/三重県(津市)
島根県(松江市)/香川県(高松市)/愛媛県(松山市)/沖縄県(那覇市)

●その他の重要データ
・試験対策→しっかり覚えておくこと
・日本の大まかな位置:北緯20度〜45度/東経123度〜154度
・国土の面積:約37万8千平方キロメートル
・国土を構成する島の数:6,852
・東経135度が通る都市:兵庫県明石市
・東経140度・北緯40度:秋田県大潟村
・東京の年平均気温:15.9℃
・東京の年間降水量:1466.7mm
・年平均気温18℃台の都市:鹿児島
・9月の降水量が400mm台の都市:高知
・年平均気温20℃台の都市:那覇/奄美
・一日の最高気温:40.9℃(2007年8月16日:埼玉県熊谷市、岐阜県多治見市)
・夏日:一日の最高気温が25℃以上の日。
・真夏日:一日の最高気温が30℃以上の日。
・猛暑日:一日の最高気温が35℃以上の日。
・熱帯夜:最低気温が25℃より下がらない夜。
・冬日:一日の最低気温が0℃未満の日。
・真冬日:一日の最高気温が0℃未満の日。

●小京都(重要なもの) 
・試験対策→しっかり覚えておくこと
(1)弘前(青森県):「津軽の小京都」。津軽リンゴとねぷた祭で有名。百石町・代官町・蔵主町といった当時をしのばせる町名が残る。
(2)角館(かくのだて)(秋田県):「みちのくの小京都」。武家屋敷の姿を最もよく残す町といわれ、城下町は北に内町(武家町)、南に外町(町人町)、中央部に火除けと整然と区分けされている。
(3)高山(岐阜県):「飛騨の小京都」。代官の居所であった陣屋跡や古い町並みがそっくり残る。春秋2回の高山祭でも有名。
(4)金沢(石川県):前田家百万石の財力が築き上げた文化都市。今も町には当時を偲ばせる風情が残り、兼六園や武家屋敷など見所多数。加賀友禅、金沢漆器、九谷焼など伝統工芸の宝庫でもある。
(5)尾道(広島県):背後の山が海の近くまで迫り、坂道が続く落ちついた城下町。「しまなみ海道」の本州側の玄関都市。
(6)津和野(島根県):「山陰の小京都」。津和野川に沿って山に囲まれた静かな城下町。津和野城跡や森鴎外、西周の旧居がある。
(7)萩(山口県):毛利氏の城下町として栄えた武家屋敷が残る史跡の町。吉田松陰など明治維新の志士を多く輩出した町としても知られる。

●温泉(過去3回以上出題されたもの) 
・登別温泉(北海道):倶多楽(くったら)湖の西岸にある北海道を代表する一大歓楽温泉。11種類の泉質は世界的にも珍しく「温泉のデパート」ともいわれる。
・酸ヶ湯(すかゆ)温泉(青森県):八甲田山の山腹900mの高原に開けた温泉。昔ながらの湯治場の雰囲気が残り、総ヒバ造りの「混浴千人風呂」と、地中から吹き出す蒸気で体を温める「まんじゅうふかし」が名物。
・東山温泉(福島県):会津若松市郊外、湯川に沿った山あいの温泉。鶴ヶ城・会津武家屋敷・飯盛山などの観光名所にも近い。「会津の奥座敷」。
・和倉温泉(石川県):七尾湾に臨む能登最大の温泉地。歴史も古く、今年で開湯1200年を迎えた。
・加賀温泉郷(石川県):文化の香り高い北陸の地にあって、山中・山代・片山津・粟津の4つの温泉からなる温泉郷。
・白浜温泉(和歌山県):有馬温泉(兵庫県)・道後温泉(愛媛県)とともに「日本三古湯」の一つ。円月島や千畳敷・三段壁などの奇勝にも恵まれる。
・三朝(みささ)温泉(鳥取県):ラジウム含有量日本一の温泉。院政期文化で名高い三(さん)仏寺(ぶつじ)投入堂(なげいれどう)も三朝町にある。
・別府温泉郷(大分県):「八湯」と呼ばれる8つの温泉からなるわが国を代表する温泉郷。湧出量(毎分約95000箸農こβ2位)、泉質数(10種で日本第2位)、源泉数(約2850本で日本一)といずれも日本最大級。温泉の噴出口は「地獄」と形容され、「地獄めぐり」もできる。
・指宿(いぶすき)温泉(鹿児島県):本土最南端の温泉で、海岸4kmにわたって湧出。源泉数815は全国第3位。名物は摺ヶ(すりが)浜(はま)の「砂蒸し風呂」。

●観光地(過去3回以上出題されたもの) 
・層雲峡(北海道):大雪山の北東麓に位置するわが国屈指の大峡谷。高さ約150mの柱状節理の絶壁や奇岩怪石・滝が両岸に24km続く。
・定山渓(北海道):札幌市の南西部、豊平川の上流に位置する温泉地。渓谷の両岸に旅館、ホテルが立ち並ぶ。「札幌の奥座敷」。
・函館(北海道):戊辰戦争の最後となる戦いでは、榎本武揚、土方歳三らがこの地の五稜郭に立てこもって戦った。
・平泉(岩手県):中央の貴族文化の地方に普及した典型例がこの地の中尊寺と毛越寺である。ともに奥州藤原氏の栄華を今に伝える。
・黒部峡谷(富山県):黒部川上・中部にあるV字谷。花崗岩の断崖で、谷壁の高さは数百メートルにもおよぶ日本一深い峡谷。
・瀞(どろ)八丁(和歌山県・三重県):熊野川の支流北山川の渓谷。吉野熊野国立公園の一部をなす。
・松江(島根県):小京都の一つで、小泉八雲ゆかりの城下町でもある。宍道湖の夕景の美しさは絶景。
・寒(かん)霞渓(かけい)(香川県):小豆島の内陸部にある瀬戸内有数の景勝地。山頂からは瀬戸内海が一望でき、紅葉時はとりわけ美しい。
・耶(や)馬渓(ばけい)(大分県):溶岩台地が山国(やまくに)川(がわ)によって浸食された渓谷で、岩石美・渓谷美が展開する。青の洞門、羅漢寺など見所も多い。
・平戸(長崎県):1641年出島に移転されるまでの33年間、オランダ商館がここに置かれた。
・有田(佐賀県):良質の磁器の生産で有名な町。その大部分が伊万里港から出荷されたため伊万里焼ともよばれるようになった。
・虹の松原(佐賀県):日本三大松原の一つ。幅600m、長さ6kmにわたって白砂青松が続く。

●ラムサール条約登録地(重要なもの) 
・釧路湿原(北海道)
・クッチャロ湖(北海道)
・琵琶湖(滋賀県)
・サロベツ原野(北海道)
・阿寒湖(北海道)
・風連湖・春国岱(しゅんくにたい)(北海道)
・野付半島・野付湾(北海道)
・尾瀬(福島県・群馬県・新潟県)
・三方五湖(福井県)    
・中海(鳥取県・島根県)  
・宍道湖(島根県)      
・秋吉台地下水系(山口県)

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<日本地理の最重要事項のまとめ>(その2)

2016年05月16日 07時15分26秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

<日本地理の最重要事項のまとめ>(その2)

「外国人観光旅客の関心が強いもの」として、温泉地、お花見、桜の名所、紅葉の名所、雪祭りの名所、雪見の名所を押さえておくこと。

●人気温泉地ベスト20
(1)熱海温泉(静岡県)
東京から新幹線で45分。全国屈指の知名度と湯量を誇る、日本を代表する温泉地のひとつ。ビーチ・山・グルメ・花火・芸者など、多彩なレジャーを楽しむことができます。
(2)別府温泉(大分県)
源泉数、湧出量ともに日本一を誇り、人が入浴できる温泉地としては世界最大。別府・鉄輪・観海寺・明礬・亀川・柴石・堀田・浜脇の8つの温泉地からなる「別府八湯」はそれぞれ泉質が異なり、湯めぐりが楽しめます。
(3)那須温泉(栃木県)
【開湯1380年の歴史】7種類の温泉を湯めぐりできる栃木県内第一位の湧出量を誇る温泉です。近年では新那須温泉を加えた那須八湯としています。それぞれの温泉で効能・泉質が異なるため、湯めぐりが楽しめます。
(4)白浜温泉(和歌山県)
白浜温泉の天然温泉は弱アルカリ性で水素イオンを含み、体の芯から暖まります。とろみもありお肌もつるつるに。「有馬」「道後」とともに『日本三古泉』の一つ。
(5)伊東温泉(静岡県)
低刺激で肌に優しい単純泉と保温効果に優れた弱食塩泉が中心。旅館からリゾートホテルに民宿・ペンションと温泉を満喫できる宿泊施設も多種多彩。相模湾の鮮魚やみかんなど山海の幸が豊富な一大温泉リゾートです。
(6)草津温泉(群馬県)
標高1200mに広がる豊富な湯量と泉質のよさを誇る温泉地。湯畑を中心に温泉街の雰囲気を今に残し、旅館・ホテル・土産店・飲食店が立ち並ぶ街並みを浴衣でそぞろ歩きしたり、共同浴場の湯めぐりも楽しみの1つです。「有馬」「下呂」とともに『日本三名泉』の一つ
(7)鬼怒川温泉(栃木県)
東京の奥座敷と呼ばれる鬼怒川温泉は、新宿から電車で2時間・車で2時間半。日光国立公園の雄大な自然と日光へ40分程とアクセスのよさでも支持されています。 泉質はアルカリ性単純泉・単純泉で火傷に対する効能があるとされています。
(8)道後温泉(愛媛県)
日本書紀や小説「坊ちゃん」にも登場する日本最古の温泉。改築120周年イベント「道後オンセナート」開催中! 「有馬」「白浜」とともに『日本三古泉』の一つ。
(9)秋保温泉(宮城県)
開湯1500年の古い歴史を誇る秋保の奥座敷。伊達政宗に愛された湯として有名。仙台から30分とアクセスもよく年中観光客で賑わっています。
(10)強羅温泉(神奈川県)
『日本で唯一の登山電車』である箱根登山鉄道の開通により開かれた高原リゾートの先がけ。強羅公園・箱根美術館を中核に早雲山の中腹に広がり、外輪山の山なみが美しい。交通が便利!泉質多彩な温泉が大人気!
(11)箱根湯本温泉(神奈川県)
箱根の玄関口にあり、天平10(738)年の開湯で古い歴史を持つ温泉地。 また、源泉の数は箱根最多を誇り、箱根の中心的な温泉地としても知られています。
(12)由布院温泉(大分県)
“豊後富士”と称される美しい由布岳の山麓(さんろく)に広がる温泉地。憧れの温泉地として人気の温泉宿も多い。豊富な湯量が特徴。ほとんどの旅館では露天風呂を完備しています。
(13)下呂温泉(岐阜県)
下呂温泉は千年もの歴史のある由緒ある温泉でもあり、古来から人々に親しまれてきました。 アルカリ性の泉質はつるつるした肌触りをもたらし、「美人の湯」とも言われています。「草津」「有馬」とともに『日本三名泉』の一つ。
(14)伊香保温泉(群馬県)
伊香保温泉は上越・長野新幹線で約2時間とアクセスも抜群。 万葉の時代から人々に親しまれてきた石段街がシンボルの温泉地で、 黄金の湯と白銀の湯と2種類の源泉を引き込んでいます。立寄り温泉もある歴史深い温泉地。
(15)有馬温泉(兵庫県)
有馬温泉は、日本書紀や古事記などにも記された古くからの温泉で、『日本三古泉』と呼ばれています。「草津」「下呂」とともに『日本三名泉』の一つ。「白浜」「道後」とともに『日本三古泉』の一つ。
(16)飛騨高山温泉(岐阜県)
古い町家が並び、小京都の風情を感じられます。ミシュラン社観光ガイドブックで最高ランク3つ星評価を受けた『飛騨高山』から新しく湧き出た温泉です。
(17)定山渓温泉(北海道)
北海道は札幌市南区定山渓。札幌の奥座敷と呼ばれる人気の温泉地。無色透明でまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物泉。汗の蒸発を防ぎ体の芯からポカポカ温まります。札幌国際スキー場の麓にあり車で約30分です。
(18)越後湯沢温泉(新潟県)
『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』小説雪国の舞台越後湯沢温泉は、冬場県境を越えて越後に入ると今でも景色が変わります。900年以上の長い歴史とスキーリゾートとしての近代文化が共存する温泉地です。
(19)河口湖温泉(山梨県)
富士山のふもとの湖、河口湖に位置する風光明媚な温泉地。客室やお風呂から見える富士山の眺望が自慢の宿も多いです。「麗峰の湯」「天水の湯」「霊水の湯」「芙蓉の湯」「秀麗の湯」の5つの源泉が湧出しています。
(20)いわき湯本温泉(福島県)
源泉は地下約50メートルから汲み上げた毎分5トンの湧出量を誇る摂氏59度の天然硫黄泉。泉質は全国的に珍しい【含硫黄】で、「美人の湯」(美肌作用・解毒作用・末梢血管拡張作用)を始め数々の効能を併せ持っています。

●お花見、桜の名所ベスト10(東京都)
(1)目黒川
約4kmにわたり川の両岸に桜並木が広がる人気スポット。目黒川沿いにはお洒落なカフェやショップも多く、お花見とともにショッピングを楽しむことも。夜にはぼんぼりの灯りが川面に揺れてさらに幻想的な世界が広がる。
(2)千鳥ヶ淵公園
都内でも有数の桜の名所。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれる場所に位置し、ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が花開く。毎年「さくらまつり」期間中は、千鳥ヶ淵緑道の桜が幻想的にライトアップされるとともに、ボート場の夜間営業も行われる。
(3)六義園
六義園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約15m、幅約20mにも及び、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように咲き誇る姿は圧巻。期間限定のライトアップも美しい。
(4)上野恩賜公園
江戸時代からお花見のメッカとして知られ、東京を代表する桜の名所。1,300個のぼんぼりの明かりに照らされる、昔ながらの夜桜見物も人気。
(5)代々木公園
東京のど真ん中にあるにもかかわらず、静かで開放感あふれる緑の公園。桜の種類もさまざまで、早咲きの桜は2月からつぼみがほころび始める。芝生に座って花見ができる人気のスポット。
(6)隅田川
台東区と墨田区をまたぎ隅田川の両岸に広がる隅田公園。桜の帯が約1kmにわたって川面をにぎやかに彩る。東京スカイツリー(R)のコラボレーションや、隅田川の屋形船に乗って、両岸の桜並木を眺める風流な花見も楽しめる。
(7)井の頭恩賜公園
井の頭池を中心に公園全体で約500本の桜が咲き誇り、満開時期はうっとりするほどすばらしい。ボートに乗って舞い散る花びらを眺めることもできる。七井橋の上から眺める満開の桜、水面に散る花吹雪は見事。
(8)靖国神社
東京の開花宣言の基準となる標本木があることでも有名。靖国神社の境内には約600本の桜が咲き誇り、多くの参拝者が訪れる。
(9)東京ミッドタウン
ガーデンテラス前のさくら通りには、旧防衛庁時代からこの地に根を張っていた見事な枝ぶりの桜が並び、春には桜のトンネルとなる。桜の時期に合わせ例年趣向を凝らしたイベントも開催される。
(10)芝公園
東京タワーも華やかな桜に彩られ、一段と美しく見える。都会の夜を彩る東京タワーと夜桜を観賞できるとあって、仕事帰りのサラリーマンが多く訪れる人気のスポット。
 
●お花見、桜の名所ベスト12(京都)
(1)醍醐寺
古くからの桜の名所で、現在も約1000本もの桜が広大な境内を彩る。しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜などが3週間かけて咲くため桜を長く楽しむことができるのも醍醐寺の魅力。
(2)仁和寺の御室桜
京都で一番遅咲きの桜として有名な「御室桜」の林があり、「御室桜」が満開になると、京都の春も終わるといわれる。樹高約2mと低いため、目の前で桜を楽しむことができる。
(3)円山公園
円山公園のほぼ中央に、「祇園の夜桜」として有名な大きなシダレザクラがある。ライトアップも行われ、夜桜の名所として多くの花見客で賑わう。
(4)平安神宮
朱と緑が鮮やかな社殿を取り巻く広大な神苑には、艶やかな八重紅しだれ桜が咲き誇り、天蓋のように空を覆い尽くす、圧倒的な光景が繰り広げられます。
(5)清水寺
ソメイヨシノとヤマザクラが合わせて約1500本咲き誇る世界遺産の古刹は、京都屈指の桜の名所。清水の舞台から見る桜はまさに絶景。ライトアップされた幻想的な光景もまた別格で美しい。
(6)二条城
二条城のサクラは城内全域で約400本・50品種が植えられ、美しい桜に酔いしれる多くの人が訪れる。「二条城ライトアップ」では、桜や庭園などを華麗にライトアップするとともに、通路を足下灯で照らし、幽玄の世界を創出する。
(7)哲学の道
全長約2kmの散策道には延々と桜が咲き誇りロマンチックに疏水沿いを染める。満開時の桜のトンネルは感動的。風に吹かれて桜が舞う、散り際も実に美しい。
(8)京都御苑
市街地のほぼ中心に位置し、京都御所を囲む周囲約4kmの広大な苑内には多くの桜が植えられ、有名な「枝垂桜」など約1000本の桜が楽しめる。
(9)平野神社
生命力を高める神様の象徴として、平安時代より植樹されてきた桜は、境内全域に約60種類400本。珍しい種類の桜がまるで出番を待っていたかのように次々と開花する。
(10)嵐山
満開時には山全体が緑と桜のコントラストに彩られ、渡月橋越しに見渡すその姿は必見。個性豊かなお寺や神社が点在し、お土産店や飲食店も多く、楽しくめぐり歩きができる。

●お花見、桜の名所ベスト10(九州)
(1)福岡県営西公園(福岡県福岡市)
(2)和布刈公園(めかりこうえん)(福岡県北九州市)
(3)小城公園(佐賀県小城市)
(4)大村公園(長崎県大村市)
(5)熊本城(熊本県熊本市)
(6)菊池公園(熊本県菊池市)
(7)高森峠千本桜(熊本県阿蘇郡高森町)
(8)近鉄・別府ロープウェイ周辺(大分県別府市)
(9)岡城阯(大分県竹田市大字竹田字岡及び天神山)
(10)母智丘公園(もちおこうえん)(宮崎県都城市)

●紅葉の名所ベスト23(関東甲信越)
(1)日光(栃木県日光市)
(2)榛名山・榛名湖(群馬県高崎市)
(3)長瀞(埼玉県長瀞町)
(4)養老渓谷(千葉県市原市)
(5)国営昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)
(6)奥多摩(東京都奥多摩町)
(7)高尾山(東京都八王子市)
(8)箱根(神奈川県箱根町) 
(9)大山寺・大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)
(10)奥只見(新潟県魚沼市)
(11)妙高高原(新潟県妙高市)
(12)妙義山(群馬県富岡市など)
(13)御岳昇仙峡(山梨県甲府市)
(14)千畳敷カール(長野県駒ケ根市)
(15)天龍峡(長野県飯田市)
(16)袋田の滝(茨城県大子町)
(17)御前山(茨城県城里町)
(18)太平山謙信平(栃木県栃木市)
(19)四尾連湖畔(山梨県市川三郷町)
(20)中津峡(埼玉県秩父市)
(21)清津峡(新潟県十日町市)
(22)河口湖(山梨県富士河口湖町)
(23)戸隠高原(長野県長野市)

●紅葉の名所ベスト14(関西)
(1)湖東三山(滋賀県東近江市など)
(2)メタセコイア並木(滋賀県高島市)
(3)嵐山(京都府京都市)
(4)保津峡(京都府亀岡市)
(5)箕面公園(大阪府箕面市)
(6)音水渓谷(兵庫県宍粟市)
(7)もみじ山(兵庫県宍粟市)
(8)吉野山(奈良県吉野町)
(9)高野龍神スカイライン(和歌山県田辺市)
(10)大原(京都府京都市)
(11)犬鳴山渓谷(大阪府泉佐野市)
(12)武田尾(兵庫県西宮市・宝塚市)
(13)長岳寺(奈良県天理市)
(14)八斗蒔峠(和歌山県日高川町)

●紅葉の名所ベスト14(九州)
(1)秋月城跡周辺(福岡県朝倉市)
(2)雲仙(長崎県雲仙市)
(3)五家荘(熊本県八代市)
(4)人吉城跡・球磨川周辺(熊本県人吉市)
(5)国東(大分県国東市)
(6)耶馬渓(大分県中津市)
(7)クルソン峡(宮崎県えびの市)
(8)霧島連山(鹿児島県霧島市)
(9)英彦山(福岡県添田町)
(10)御船山楽園(佐賀県武雄市)
(11)雄淵雌淵公園(佐賀県佐賀市)
(12)くじゅ連山(大分県竹田市)
(13)白滝(宮崎県五ヶ瀬町(五ヶ瀬ハイランドスキー場近く)
(14)曽木の滝公園(鹿児島県伊佐市)<お花見、桜の名所ベスト10>

●雪祭りの名所17
(1)さっぽろ雪まつり(北海道・札幌市)
(2)旭川冬まつり(北海道)
(3)小樽雪あかりの路(北海道)
(4)層雲峡氷瀑まつり(北海道)
(5)千歳・支笏湖氷濤まつり(北海道)
(6)弘前城雪燈籠まつり(青森県)
(7)十和田湖冬物語(青森県)
(8)八戸えんぶり(青森県)
(9)いわて雪まつり(岩手県)
(10)なまはげ柴灯まつり(秋田県)
(11)火振りかまくら(秋田県)
(12)横手かまくら(秋田県)
(13)上杉雪灯篭まつり(山形県)
(14)只見ふるさとの雪まつり(福島県)
(15)湯西川温泉かまくら祭り(栃木県)
(16)南魚沼市雪まつり(新潟県)
(17)雪だるままつり(石川県)

●雪見の名所16
(1)流氷破砕船ガリンコ号(北海道)
(2)流氷観光砕氷船おーろら(北海道)
(3)十和田湖(青森県)
(4)奥入瀬渓谷(青森)
(5)八甲田山(青森県)
(6)宮城蔵王の樹氷(宮城県)
(7)阿仁の樹氷(秋田県)
(8)山形蔵王の樹氷(山形県)
(9)立石寺(山形県)
(10)最上峡芭蕉ライン舟下り(山形県)
(11)大内宿(福島県)
(12)袋田の滝の氷瀑(茨城県)
(13)阿賀野川ライン雪見舟(新潟県)
(14)五箇山合掌造り集落(富山県)
(15)地獄谷野猿公苑(長野県)
(16)白川郷(岐阜県)

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<日本地理予想問題>

2016年05月13日 20時51分52秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

<日本地理予想問題>

<日本地理予想問題>(最重要事項のまとめ)(PDF版)を作成しましたのでご紹介いたします。
出題されそうな重要事項などを(  )に赤色フォントで示し、虫食い問題としましたので、暗記用チェックシート(赤)を利用すると効率的に学習できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理予想問題>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本地理予想問題>(最重要事項のまとめ)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E722&c_no=1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<一般常識予想問題>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<一般常識予想問題>(最重要事項のまとめ)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E722&c_no=4

●<一般常識予想問題>(訪日外国人旅客)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E722&c_no=5

●<一般常識予想問題>(金融・財政・経済)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E722&c_no=3

●<一般常識予想問題>(観光白書)
http://e9.wingmailer.com/wingmailer/cr.cgi?id=E722&c_no=2

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度通訳案内士試験<日本地理対策セミナー>の動画

2016年05月13日 20時50分06秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

2016年度通訳案内士試験<日本地理対策セミナー>の動画

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理対策セミナー>の動画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://youtu.be/efsrBky046g

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理対策セミナー>資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本地理対策セミナー>「基本資料」(その1)
http://hello.ac/2015.5.31seminar.pdf

●<日本地理対策セミナー>資料「2011年〜2014年問題と解答例」(その2)
http://hello.ac/4nenbun.pdf

●<日本地理対策セミナー>資料「地図記号」(その3)
http://hello.ac/kigou.pdf

●<日本地理対策セミナー>資料「NHK大河ドラマ」(その4)
http://hello.ac/abe.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理対策セミナー>受講者のご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2015年度通訳案内士試験<日本地理対策セミナー>受講のご感想(その1)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ad8f94ec908fd44d33140d6817619ed5

●2015年度通訳案内士試験<日本地理対策セミナー>受講のご感想(その2)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/ba54d7c751ae9e50a70c9e5793a24df6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日本地理>合格必勝関連資料、サイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本唯一の<日本地理問題集>です。
日本地理の問題で、マークシート方式が採用された2004年から2014年までのすべての
問題を収録した日本唯一の<日本地理問題集>です。
http://hello.ac/geo2004.2014.pdf

●動画学習コーナー(6科目、79講義、158時間の動画を無料公開!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/aa9caa987007e8ef9f390a0a88c6e667

●音声学習コーナー(9科目、100講義、200時間の音声を無料公開!)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/89f4804d90b83a179d69e92565f0a210

●第1次邦文試験対策<特訓1800題>(地理、日本史、一般常識のまとめと整理!)
http://www.hello.ac/streaming/clinic/clinic_houbun/index.html

●<Flashcards Deluxe>の利用法
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/35e45334cca19e6f8df802b215963d40

●<日本地理の最重要事項のまとめ>(その1)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/c/025b697722bfd3c99a94f93c8bc9c43c

●<日本地理の最重要事項のまとめ>(その2)
http://blog.goo.ne.jp/gu6970/e/56bc28ed97f2921e6e052ba48220d004

以上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人に人気の日本の観光スポット<ベスト30>

2016年05月13日 20時22分05秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

外国人に人気の日本の観光スポット<ベスト30>

通訳案内士試験ガイドラインの日本地理筆記試験の試験方法に「試験は、日本の観光地等に関連する日本地理についての主要な事柄のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする」とあります。
また、第2次口述試験ガイドラインには「日本の観光地等に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち、外国人観光旅客の関心の強いものを題材として、受験者に通訳案内の業務を擬似的に行わせることにより実施するものとする」とあります。
従って、外国人に人気の日本の観光スポット<ベスト30>は、非常に重要です。

<1位>伏見稲荷大社(京都府京都市)

<2位>広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)(広島県広島市)

<3位>厳島神社(広島県廿日市市)

<4位>東大寺(奈良県奈良市)

<5位>禅林寺永観堂(京都府京都市)

<6位>地獄谷野猿公苑(長野県山ノ内町)(2015年2次試験に出題)

<7位>高野山奥之院(和歌山県高野町)

<8位>サムライ剣舞シアター(京都府京都市)

<9位>沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)

<10位>箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)

<11位>金閣寺(京都府京都市)

<12位>新宿御苑(東京都新宿区)

<13位>富士山(静岡県・山梨県)

<14位>成田山新勝寺(千葉県成田市)

<15位>兼六園(石川県金沢市)

<16位>松本城(長野県松本市)

<17位>横浜みなとみらい21(神奈川県横浜市)

<18位>奈良公園(奈良県奈良市)

<19位>ギア専用劇場(ARTCOMPLEX1928)(京都府京都市)

<20位>弥山(広島県廿日市市)

<21位>浅草文化観光センター(東京都台東区)

<22位>長谷寺(神奈川県鎌倉市)

<23位>世界遺産白川郷合掌造り集落(岐阜県白川村)

<24位>三十三間堂(京都府京都市)

<25位>明治神宮(東京都渋谷区)

<26位>渋谷センター街(東京都渋谷区)

<27位>トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)

<28位>嵐山(京都府京都市)

<29位>両国国技館(東京都墨田区)

<30位>東京シティビュー(六本木ヒルズ展望台)(東京都港区)

●参考サイト
http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/inboundattraction_2015/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジオパーク(重要)

2016年05月13日 19時55分25秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

ジオパーク(重要:2014年度出題)

●2014年度に、ジオパークについて、下記の問題が出題された。
<問39>日本国内で世界ジオパークに認定されているものは?
(答)洞爺湖有珠山ジオパーク

●2016年5月現在、日本には39地域の日本ジオパークが、8地域の世界ジオパークが認定されている。 

●日本ジオパーク
・洞爺湖有珠山(+世界ジオパーク)
・糸魚川(+世界ジオパーク)
・島原半島(+世界ジオパーク)
・山陰海岸(+世界ジオパーク)
・室戸(+世界ジオパーク)
・隠岐(+世界ジオパーク)
・阿蘇(+世界ジオパーク)
・アポイ岳(+世界ジオパーク)
・南アルプス
・恐竜渓谷ふくい勝山
・白滝
・伊豆大島
・霧島
・男鹿半島・大潟
・磐梯山
・茨城県北
・下仁田
・秩父
・白山手取川
・ゆざわ
・箱根
・八峰白神
・銚子
・伊豆半島
・三笠
・三陸
・佐渡
・四国西予
・おおいた姫島
・おおいた豊後大野
・桜島・錦江湾
・とかち鹿追
・立山黒部
・南紀熊野
・天草
・苗場山
・麓栗駒山麓
・Mine秋吉台
・三島村・鬼界カルデラ

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本三大○○

2016年05月11日 17時05分49秒 | ●2016年度<日本地理>受験者へ

●日本三大○○

通訳案内士試験の日本地理には、以前、よく「日本三大○○」「日本三○」が出題されました。

●ぜひともマスターしたい”日本三大○○”をまとめましたのでご覧ください。
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/big3/?scid=we_fcb_trv_150901_03

コメント
この記事をはてなブックマークに追加