長寿時代を、元気に生きる、中年からの、自然科学の健康法、気功師 林 善雄(1943年生、73才)

発明の増幅器、開発の理由は、中年からは、気力と体力が衰え老化の原因は、気のエネルギーが弱いと解り、機械で強くした効果です

横向きで、一瞬に立つ、わき腹の筋肉が回復、スピード力が、良くなっています

2017年03月20日 | 科学トレーニング

横向きで、一瞬に立つ、わき腹の筋肉が回復

スピード力が、良くなっています


横向きは、肩幅の回復効果が、出ています

健康回復が、楽しい科学トレーニングです

 

発明の増幅器で、気のエネルギーを強くした効果で、

73才でも、ホームページ、主旨の2を理解して、

エネルギーが細胞を育てる原理を、重視した

科学トレーニングで

高齢者で、健康回復できています

 

健康回復に効果の出ている、科学トレーニングです

 

発明の増幅器で、気のエネルギーを強くして

気力を高めた、体力づくり

60才入院後

ホームページのコンセプトと目標に

自然科学の学問で

チャレンジして

健康回復と、能力向上に

成功しています

73才の、今も向上中です

 

見た目で、判断していると

エネルギーは、目に見えないために

エネルギーの力で、細胞の生長を良くする効果が

良く解らないと思います

ビデオと、ブログで記録を、良く見ると

回復効果が、良く解ります

 

3ヶ月、1年、2年と

どんどん気力と体力が、回復出来て

健康回復と、能力向上が、出来ている内容が

具体的に、頭で良く理解できます

 

増幅器、発明者、気功健康強化法を研究している

気功師 林善雄です

 

中年からの、健康回復に、役立つ事を、望んでいます

ご希望のお客様は、ホームページの各ページと

実行日と場所を見て、申込んで下さい

 

2017年3月3日撮影 気功師 林 善雄73才(1943年生まれ)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋肉が回復、一瞬に立つ、ス... | トップ | 発明の増幅器で気力を高めた... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む