マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

扁桃腺が大きい(肥大)

2010年02月20日 | 診療
扁桃腺肥大。
結構おられますね。
1歳前後ですでに大きくなってきている子もみかけます。

以前、保育園の健診で扁桃肥大を指摘したまではいいのですが、
その子たちが一斉に病院受診とされたことにはびっくりしました。
あわてて以後は扁桃肥大は所見なしの部類として扱うことに。

扁桃肥大だけで特に何も症状がなければ経過観察以下ですからね。

このところみかけませんが、年に3回も4回も扁桃腺炎で入院を繰り返すような場合は、
耳鼻科で扁桃腺を取ってしまう手術をすることがあります。

それ以外ではいびきがあまりにひどい、あるいは寝ている間の無呼吸が問題になるなどであれば、
これも手術を考えることになるのかもしれません。

「扁桃腺が大きいと風邪をひきやすい?」
これについてはよくわかりません。
扁桃腺というのは簡単に言うと、本来呼吸をする際に一緒に吸い込まれるウィルスなり細菌なりを
捕まえてしまう場所です。
大きいと捕まえすぎるから風邪をひきやすいなんて言われると
そうなのかなぁなんて思ってしまいますが、どうなんでしょうね。
扁桃腺を手術で取ってしまうと風邪ひかなくなりましたとは聞くのですが、
手術で取らなければならないほどの子に限るのかもしれませんしね。。。

いずれにしろ「手洗い・うがい」ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RSウィルス(急性細気管支炎) | トップ | よくある質問?(その4) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む