マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

予防接種あれこれ

2010年04月16日 | ワクチン その他
まずは同時接種。
特に乳児期早期には接種すべきワクチンが目白押しです。
いちいち個別に接種していると大混乱です。
だからというわけではないですが、2種類や3種類を同じ日にすることは可能です。
希望があればヒブと肺炎球菌と三種混合とBCGだってやってしまえます。
鬼呼ばわりされますけど(T-T)

同時接種したからといって副反応のリスクがより大きくなることはないそうです。
国は同時接種を積極的にしろという立場ではないので、地域によっては
いまだに同時接種なんてっ!!とされるところもあるみたいですね。

続いて、熱あるいは風邪気味について。
37.5度以上で書類上、予防接種ができなくなります(接種不適当とされる)。
本当はできないわけではないですが、万一。。。の場合に
(医療機関が)思いっきり非難されることになります。
まあ基本的に健康なときにすべきなのは事実ですからね。
でも、熱がないけど、咳や鼻がでるなんてしょっちゅうです。
この場合はひどくなる気配がなければ躊躇なく接種します。

風邪が治ってからどれくらいで接種可能か?
基本的に1~2週とされていますので、たいてい1週間くらいあけたらOKとしています。
麻疹は4週あけるほうがいいみたいです。
水痘・おたふくは4週あけてましたが、2~4週程度で可能とのことで、
最近では2週間以上あけてからにしましょうと言っています。

接種後の入浴は問題なし。
接種当日はあまり激しい運動はおすすめできませんね。

熱性けいれんのあとの予防接種は一応2~3ヶ月あけてからとされていますが、
主治医と相談の上で、それ以前に接種することは可能とされています。

卵アレルギーが少し問題になるのは麻疹とインフルエンザですが、
卵でアナフィラキシーを起こしたことのある場合はさすがに中止かあるいは慎重投与だと思います。
それ以外は実際は接種してみないとわからないのも事実ではありますが、
実際は卵の成分は限りなく少ないようですので、特に問題となることは起こりにくいでしょう。
でも一応は相談の上で。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 髄膜炎菌ワクチン | トップ | おしっこ(その4:血尿!?... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乳幼児健診 (河原)
2010-04-17 21:50:21
な○○さん、こんばんは。

乳幼児健診って担当するこちらにとっても難しいことが多いんですよ。

たかが数分くらいみせてもらって
気になることがないか判断するわけですし。

おっしゃるように発達というのは個人差が激しいのと、
ここからが「異常」と明確に線引きなんてできないことから、
こうでないとダメなんて言えませんね。

まあ親御さんが気付いていないことも多いので
ちょっとこういった視点もあるよと教えてあげた上で、
日々の生活の中で親が気になるようであれば
それを改めて相談できたら理想かなと。

でも実際問題としてほんと色々悩ましいです。

昨年度から今津に出向いて4ヶ月健診だけするようになりましたが、
たいてい知らない人ばっかりなので
すっごくやりにくいのはここだけの話に^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む