マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

乳児湿疹

2010年02月05日 | 診療
マキノに来てからは1ヶ月健診をすることがなくなってしまいましたが、
それまではちょこちょこ健診も担当していました。
1ヶ月健診に来た赤ちゃんを100人くらいダーっと並べると
いかに乳児湿疹が多いものかよくわかると思います。
まあそんな場面ありえませんが。

「お風呂でガーゼでぬぐっています」
「こわいのでそっと洗っています」。。。よく聞きますね。
「せっけんで洗っていいのですか?」なんて聞かれてこっちがびっくりします。

赤ちゃんの肌はプリンプリン♪なので皆さん誤解していると思いますが、
みずみずしいだけで、厚さは大人の皮膚の6分の1くらいしかないですし、非常にデリケートです。
だから汗や汚れに弱いのも当然ですし、なにしろ若いから脂の分泌もたっぷりです。

で、1ヶ月も経つと立派な湿疹が。。。
膿や汁でとんでもないことになっている子もいますね。
あまりひどいとアトピーとの区別も考えなくてはならなくなってしまいます。

お母さんは顔を1日何回洗いますか?
どうやって洗いますか?
洗ったあとどうしてますか?
お肌のお手入れはどれくらい?
で、赤ちゃんはそれ以上にケアしてあげないとと考えたらどうでしょうか?

泡をたっぷり作ってちょっとづつ赤ちゃんの顔を洗ってあげてください。
ポンプで泡ででてくるやつは便利ですね。
小さい顔なので人差し指でクルクルするだけでよく洗えるでしょう。
あとは思い切ってシャワーでジャーっ!!!
怖かったらほっぺ、おでこはあらかじめちょっとづつ流して泡を落としてきましょうか。
でもまあ、しっかり顔をしかめて口も閉じてくれるから意外と大丈夫ですよ。
泡もしっかり流してくださいね。

頭も一緒ですよ。
基本的によく洗うことに変わりはありません。
でないと緑色のコケみたいなのが頭にびっしりなんてことになってしまいます。
髪の毛ふさふさだと保湿はちょっと難しいですが、
あまりにかさかさするようだと保湿もしてあげてくださいね。

ほっておいても湿疹もできないくらい肌の強い子もたくさんいると思います。
逆に洗いすぎるのもかえって分泌が増えたりなんて可能性もあるので何事も程々に。

いずれにせよ、洗ったあとはすぐにしっかり保湿を忘れずにね。

ひどい乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の区別は難しいことがあります。
乳児湿疹は首から下にはできにくいというのが目安にはなるのですが。
あとは個別に相談ですね。

アトピー性皮膚炎についてのコメントは結構難しいのでまた機会があればと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肺炎球菌ワクチン | トップ | 肌の強い子 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む