マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

頭痛

2010年06月02日 | 診療
頭痛の原因を言い始めたらキリがないくらいたくさんありますね。

でもまずは風邪。
熱がなくてもあっても、頭が痛いはよくあること。
あまり痛いのであれば、解熱鎮痛剤(坐薬でも飲み薬でも)でたいていはしのげるはず。
熱と頭痛に加えて、嘔吐があると、一応髄膜炎など気にする場合があります。
意識がおかしいとか、けいれんしたとなるとこれはもう救急車ですね。

熱もない、風邪っぽくもない。
その場合は一番多いのは片頭痛かと。
かなり小さいうちから十分ありえます。
ただし、小さいうちは症状の訴えがあいまいなことも多く、
また、片頭痛の症状が腹痛としてでたり、嘔吐(周期性嘔吐症)としてでたり、
はたまためまいとしてでてきたりすることもあります。
大きくなるにつれてしっかり「片頭痛」になることが多いようです。
両親兄弟姉妹に片頭痛持ちがいる場合、片頭痛の可能性は高くなります。

片頭痛は基本的にズキズキと拍動する痛みです。
立ち上がったり、動きまわったりすると痛みがひどくなるのでじっとしていたくなります。
頭痛の前に目の前がチカチカするとか真っ暗になる、
または何らかの感覚の異常を認めることがあります。
前兆といいますが、子どもではない(もしくはわからない)ことが多いです。
吐き気や光過敏、音過敏も特徴ですね。

少し大きくなってくると緊張型頭痛も増えてきます。
要は肩こりなど筋肉の緊張が一因ということ。
片頭痛と緊張型頭痛を併せ持つこともありえます(わたくしめがそうです。。。)。
心因性(ストレス性など)の緊張型頭痛もあります。
視力が悪いのに眼鏡などで矯正しないままでいると頭痛の原因になりえるので要注意ですね。

急性副鼻腔炎で炎症が波及して頭痛を訴えることはありえます。

起立性調節障害
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/782013027cce999104d102b46afbb460
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/053b9b2b77b94350a9e1892addd12449
も頭痛とお友達ですね。

じっとしていられないひどい頭痛が連日、特に夜に起こるのが群発頭痛。
子どもではそれほど多くはないのではないでしょうか。

てんかんの一症状が頭痛であったり、高血圧が頭痛の原因であったり、果ては腫瘍が。。。
は可能性はゼロではありませんよというくらいでしょうか。

いずれにせよ、頭痛って我慢してもあまりいいことはないと自分自身の経験的にも思っています。
鎮痛剤や片頭痛薬でなんとかコントロールできる程度だといいのですけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の当直 | トップ | 腹痛 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む