マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

スーパーボール

2010年04月08日 | 診療
話のついでと言ってはなんですが、気をつけてもらうために一言。

スーパーボールはやたらと弾んでくれますので子どもたちもよく遊ぶとは思いますが、
スーパーボールでの窒息事故の報告がありますので、くれぐれもご注意を。

大小色々なサイズがありますが、もちろん小さくて口に入るほうが危険です。
表面が滑らかですので、ひょっと飲み込んでしまう可能性があります。

口に入れて遊んでいるのを怒られたことにびっくりした拍子に飲み込んでしまい、
のどをふさいでしまって窒息という例があったそうです。
丸くてつるつるしているので取り出そうにも難しいのだとか。

ちなみに、誤飲・誤嚥でのどをつまらせてしまった場合は、
大きい子、大人などではハイムリック法といって、後ろから抱きかかえて
みぞおちを思いっきり締め上げます。


小さい子、ハイムリック法でダメだった場合は、背部叩打法を試します。



うちの上の子。。。
まだ1歳になる前に柿をぱくっとほおばったと思ったら、んぐぐっってつめて、
嫁があわてて背中をしばいて事なきを得たんだそうな^^;
わたくしめは病院にいましたので、そんな騒ぎがあったことなど露知らず。。。
親が見ている目の前でさえ、こんな危険なことが起きる可能性があるんですよね。

入間市と枚方寝屋川消防組合のHPから画像を拝借しました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本脳炎ワクチン | トップ | 乳幼児突然死症候群 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む