マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

マニキュア・マニキュア除光液など

2010年05月08日 | 診療

ちゃんとした?お話もまだ続けますよ^^(<は○○ママさん♪)

マニキュアや除光液に含まれる「アセトン」が中毒の原因になります。
含有量は除光液がかなり多いです。
たとえ少量でも要注意です。
接着剤、ガラスクリーナー、ワックスなどなどにも含まれているようです。

直接口にするだけでなく、気化した成分を吸い込むだけでも中毒が起こるそうです。
さらには皮膚からも吸収されてしまいます。

母親がマニキュアを落とした際に、臭いは気にはなっていたものの、換気をしなかったんだとか。
近くで遊んでいた乳児がその後どうも様子がおかしいと受診したら
アセトン中毒と診断されたという例があったそうです。
子どもの手の届かないところで管理するのは当然として、換気も大事ですね。

ちなみに中毒症状は頭痛や嘔吐、咳、呼吸抑制や興奮、錯乱、意識障害などです。


異物誤飲(2/16)
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/d0df0fa53b2ee0442c4ddbfe11885f19

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百日咳 | トップ | 子どものめまい »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む