マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン

2010年03月23日 | ワクチン その他
どちらも生後2ヶ月から開始するワクチンです。

ヒブワクチンについては以前の記事でほぼお伝えできているのではと思います。
供給不足解消に向けて進んでいるようですので、
あとは少しでも早く定期接種になることを待つのみです。

発熱(ヒブと髄膜炎)
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/ee40e25460e97f08381a5c8c38deccaf


2月末から肺炎球菌ワクチンも接種可能となっています。
過去ログ集めてみました。
これまた一番の問題は定期接種ではないことです。。。

肺炎球菌/肺炎球菌ワクチン
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/36429bd6071e130a4f66042d08981e2b

肺炎球菌ワクチン
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/addd2957be0b38eac61d7bdf6fe536fa

肺炎球菌ワクチン(PCV7/プレベナー)
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/e5d433bb6d1d880369f6fc269aa99874

肺炎球菌(その他)
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/e6e540919ad1fa24923ac94aec2d27eb

中耳炎と肺炎球菌
http://blog.goo.ne.jp/gto8513/e/81dc5f6ef9517c379c3042b7fea6e81b


(追記)
2011年1月より高島市ではヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン(子宮頚癌ワクチンも)は公費助成の対象になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三種混合ワクチン(DPT) | トップ | 蓄膿(慢性副鼻腔炎) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熱と腫れ (河原)
2010-03-23 14:52:51
肺炎球菌ワクチンは他のワクチンと比べてると、
接種後の発熱と腫れがどうしても多くなると聞いています。

今のところうちのチビ2人を含めて何人かに接種しておりますが、
それほど腫れもひどくなさそうで、
明らかな熱もでていない?ようです。

100人単位で接種すると変わってくるかもしれませんが、
よその話を聞いていると、やはり問題なさそうです。
参考まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む