マキノ病院小児科ブログ

小児科からのお知らせです

水いぼ(伝染性軟属腫)

2010年02月25日 | 診療

特に保育園のプールに絡んで毎年問題になりますね。
一時は園長先生が来院されて。。。なんてこともありました。
園は市からの指導に従わないといけませんのでこれまた大変みたいです。

「プールに入れないのでとってほしい」
「プールの時期までに受診するよう言われました」

痛くないならいくらでも取るのですが。。。

実際問題として、プールの水は塩素濃度が高いため、ウィルスは水に触れたら
その瞬間に「サヨナラ」のはずです。
ビート板なんかもプールの水につかるわけですから気にしなくてもいいと思っています。
タオルの共有だけ避けたら十分なのではないでしょうかね。
教室でじゃれあう子どもたちをプールだけ禁止にして何がしたいのかわかりませんね。

学校保健法で、「水いぼはプール禁止にあたらない」と明記してあります。
この辺は高島市の教育委員会にしっかりしてもらいたいものです。
うちや今津の岡田先生からも伝えているはずなのですがね。

さて、水いぼの治療法は決定的なものがないので、本当に色々です。

①有無を言わせず取る!(もれなく号泣。やってるこっちも泣けてきます)

②麻酔のクリーム塗る、テープを貼ってから取る
 塗るタイプですが、何人も試していますが、ほぼ効き目なし。
 テープも色々問題が。保険がきかない、2-3時間前から貼る、
 アレルギーが問題になることがある。。。etc。
 うちでは試したことがないのでわかりませんが、痛くなくなることはないのでは?

③漢方薬を3ヶ月くらい飲んでみる(3割くらい?治るかも。ボリボリ食べる子多し)

④イソジン消毒(服も汚れるし、何かと大変)

⑤皮膚科で冷凍凝固(やっぱり痛いみたいです。自分が嫌われないのでお勧めかも?)

⑥硝酸銀でいぼを「焼く」(硝酸銀の扱いが問題で処方しにくい。イボ○ロリのイメージ?)

⑦ほっとく(いつかは治ります。それまでに他に飛ぶことも多い)。

いまだに試行錯誤な日々です。。。

 

 

以下も参考に。

プール

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とびひ(伝染性膿痂疹) | トップ | 起立性調節障害(その1) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どこにでもできます (河原)
2010-02-25 12:51:39
パンツの中もしょっちゅうできますね。
たまにおちんちんにできたと相談されますが、
こればかりはどうしようもないです。。。

取るのもかわいそう。。。
皮膚が伸びやすいので取るのはすごく痛いかも。。。
でも増えてきたらえらいこっちゃです。。。

①~⑦のどれがいいんでしょうね。。。

とりあえず③の漢方を試してもらう子は多いですよ。
ラムネみたいにボリボリ食べてくれるらしく、
そこそこ続けられるとか。
3割くらい治る。
3割くらいが増えなくなる。
残りは飲んでいても増える。。。だとか。

ちなみに、潜伏期間が相当長いようで、
漢方は治ってからもしばらく飲み続けるといいそうです。
(最近知りました^^;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む