sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

オーロラモデルの津田さんのフィギュア教室

2017-06-19 23:29:43 | 模型

今日は市ヶ谷に少しだけ顔を出したあと、池袋西武別館の池袋コミュニティカレッジで行われ
「プロ原型師が一から教えるフィギュア教室」
へ行ってきました。


一緒に行ったお友達の長瀬さんは、大好きな飼い猫ちゃんを。この嬉しそうな表情。
初めてさわるスカルピーは固さも粘り気も気持ち良く、焼きながら作るというスタイルになれればうまく使えそうです。




こんな教室で人数は少なめ。津田さん直々に皆が好きな課題に取り組みます。
2-3年通っている強者もいて、ネコ作る人やアニメフィギュア原型に取り組む人、空母の巨大な甲板作っている人など色々。


まずは粘土の板に半面だけ作っていきます。手でさわると形が壊れてしまうので持つところが必要だから。作ったところはさわらないように他のところを仕上げていきます。


1/6サイズに縮小した写真を用意して、デバイダーで計りながら。あごを基準にしました。


後頭部の形に板を削ってから焼き固めます。


下はレジンの板などで浮かして、上にアルミ箔を置いて断熱すれば焦げにくいそうです。
100度ちょっとで15分くらい。





間にアルミ泊を巻いて、髪の毛を作りました。それぞれパーツを分けておくと修正がやりやすいそうです。

髪の毛や焼いたあと二つに割ってはがしました。スカルピーは冷ます過程で固くなるそうです。




じつはフランソワーズアルディを作ったのですがまだ似ていませんね。
次回までにもうちょっと家で頑張りたいです。専用トースター買わないと。

次回の7月コースから申し込みました。今日は体験です。
3ヶ月6回コースで入会金こみ3万円弱。高いと思われそうですが、個別指導でお友達の津田さんとお喋り出来て凄く贅沢なコースだと思います。

2時間で何とか1/6ヘッドを形にしましたが、焼く時間が15分の2回で30分かかったので、実質1時間半なかったです。凄く勉強になりましたよ。
津田さんありがとう!

明日は名古屋へ日帰りです。お楽しみに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルマン24時間2017 熱きレー... | トップ | 田川 弘 個展 The Figures ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む