sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

3日で3Dモデリング カニンガムジャガーEタイプ&ライトウェイト

2016-12-13 22:47:48 | 3Dモデリング

エレールのカニンガムジャガーのパーツを作っていたら、やはりライトウェイトの要望が多くグンゼ対応パーツも製作してみました。


こちらがエレールの1337VCカニンガム


こちらがグンゼから改造が出来そうな5115WKライトウェイト。


早速昨日、こんなパーツを作ってみました。



手持ちのグンゼベースと言われるレジンキットから形を割り出してモデリング。写真をトレースしてイラストレーターで形を書いています。
それを123Dで厚みを付けたり、横から見た断面でくり抜いたりして製作しました。
フロントのドライビングランプケースややや大きめの三角ひれも追加。でも昨日はどうしてもオーバーフェンダーが123Dでは作れなかった。

そして今日ははじめてFUSION360にトライ。


何とかさわりながらサーフェスを作っていきます。

このように側面と上面から点を動かしていきます。


あとは厚みをつけて角をとれば完成。



ランナーでつなげて一体化してから、DMMにオーダーしました。

1分でチェック完了。値段も2台分で1万円以内と想定内でした。
これなら、1337VCは4500円くらい(送料込み)5115WKは7000-7500円(出来ればデカール付き)で出来れば良いなあ。
興味がある方はこちらの完成品をみてからご注文を左のメッセージボタンからお送りください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜北モデラーズ展示会 MOBIKA... | トップ | 3Dモデリング カニンガムジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

3Dモデリング」カテゴリの最新記事