sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

1/24ハセガワ BMW2002 TI仕様 製作開始

2017-07-14 00:08:56 | 模型

けさからハセガワの2002を作り始めました。
キットは高性能のtii仕様ですが、こちらはそれより少し古い1968年のti仕様です。
これを作りたくて3Dモデリングでホイールキャップを製作しました。
ネットショップはこちら。



昨日の夜にまずキットを眺めて、横のゴムモールの位置決めのぽっちを埋めてから、サフと白サフを吹いておきました。
今朝はそのボディの修正箇所に軽くペーパーをあて、ブリリアントオレンジを吹きました。





キットの窓枠デカール、前後のゴムシールとメッキモールの切り替えデカールを使用し、Zライトで熱をくわえながらタミヤのデカールのりで押さえつけて貼付けました。
黒でふちをタッチアップしています。
サイドの窓枠はペイントマーカー。ペンの先が入らないところはペイントマーカーの中身を筆でタッチアップしています。
レインモールはハセガワのミラーフィニッシュ細切りです。
室内はベージュに塗っています。



窓はセメダインハイグレード模型用で接着。サイドウィンドウにインレットでポッチを再現。



このキットのハイライト。全周のモールは上下や左右があるのでパーツに気をつけて切り出します。
こちらもハイグレード模型用で接着。細いモールははさみで切り出してカッターで小口を整えます。



グリルはメッキと黒パーツの2段構成で嬉しいところ。インレットのiの時を切り取って、2002tiにしてグリル内へ貼付け。




エンブレムもデカールとインレットの2段構成。このあたりはハセガワの良さですね。
テールライトはパーツが細かくはめ込みしづらいです。


シャーシ裏はぼかし塗装にチャレンジ。細かい再現ですね。




キットのホイールに3Dのホイールキャップをメッキ塗装して貼付けました。自作デカールも貼り込んでいます。


こんな感じ。





バンパーがつくと一気に感じが良くなりますね。キットはバンパーにコーナーラバーがつくのですが、ラバーがつかないリヤバンパーも不要パーツに。
これはてっちん仕様が出るんかしら。

明日は室内を作っていきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌ヶ谷ドッグバーへ行ってき... | トップ | 1/24ハセガワ BMW2002 ti仕様... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

模型」カテゴリの最新記事