goo

Marvell, "The Unfortunate Lover"

アンドリュー・マーヴェル
「片思いで不幸な人」

ああ、彼らはなんて幸せそう!
幼い愛の神と遊んでいる!
二人ずつ組になって、
涼しい泉で、緑の木陰で。
だが、そんな恋の炎も光を失う、
夏の夜の彗星のように。
あの恒星のところまでは昇れない。
〈時〉に打ち勝って永遠に、とはいかない。

荒れる海になすすべない難破船、
好き放題に荒れる風のなか、
恋する男は漂っていた。
そして生まれる前に放り出された。
最大の波が
彼の母を岩に打ちつけ、
お腹が割れた、
帝王切開のように。

海の水が彼の苦い涙。
だから彼はいつも泣いている。
風が彼のため息。
だから胸のなか、いつも暴風波浪。
彼に日は照らない。先の裂けた
稲妻が、いつも雲を脅して突き抜けてくる。
いつも雷がうなりをあげている。
毎日が世界の葬式のよう。

彼が生まれたとき、〈自然〉は
火と風と水と土が争う仮面劇を演じてみせた。
数えきれない黒い鵜(う)の艦隊が
難破船をあざけるようにやってきて、
いたぶるためにすくいあげた、
この哀れな不幸の相続人を。
まさに最適な保護者たち、
嵐が生んだ私生児に。

鵜は根拠のない希望で彼を育て、
それは消化されて絶望という栄養となった。
一羽の鵜が彼に食を与えると同時に、
別の鵜が彼の心臓を貪った。
こうして鵜は彼を養い、飢えさせ、
彼は衰えながら大きくなった。
息をしながらやつれ細っていった、
生と死を同時に生きる両生類のように。

今、天は
この世の流血を見て怒り、
〈運〉の女神と彼を呼び出して
一日中決闘させる。
〈愛〉の神の暴君は、もてる矢をすべて使って
彼の胸を蜂の巣にする。
炎に焼かれつつ、波にもてあそばれつつ、彼は
アイアスのように狂乱の嵐に立ち向かう。

武器なしで彼は勇ましく戦う。
片手で雷を殴りながら、
反対の手で
岩と取っ組みあおうとする。
が、波がくるたび、彼は岩にぶつかりはじけ飛び、
バラバラに引き裂かれて燃え、傷でズタズタになる。
こうして人はみないう、恋する男には
血の服がいちばん似あう、と。

これこそ騎士、
〈愛〉の神から爵位をもらった騎士。
不幸の星たちの下、彼は
嵐と戦闘のなか生きる。
そして死に、いい香りと
音楽をこの世に残す。
そんな、おとぎ話のなかだけの英雄。
黒い戦場の真っ赤な恋人。

*****
Andrew Marvell
"The Unfortunate Lover"

ALAS! how pleasant are their days,
With whom the infant love yet plays!
Sorted by pairs, they still are seen
By fountains cool and shadows green;
But soon these flames do lose their light,
Like meteors of a summer's night;
Nor can they to that region climb,
To make impression upon Time.

'Twas in a shipwreck, when the seas
Ruled, and the winds did what they please,
That my poor lover floating lay,
And, ere brought forth, was cast away;
Till at the last the master wave
Upon the rock his mother drave,
And there she split against the stone,
In a Cæsarian section.

The sea him lent these bitter tears,
Which at his eyes he always bears,
And from the winds the sighs he bore,
Which through his surging breast do roar;
No day he saw but that which breaks
Through frighted clouds in forkèd streaks,
While round the rattling thunder hurled,
As at the funeral of the world.

While Nature to his birth presents
This masque of quarrelling elements,
A numerous fleet of cormorants black,
That sailed insulting o'er the wrack,
Received into their cruel care,
The unfortunate and abject heir;
Guardians most fit to entertain
The orphan of the hurricane.

They fed him up with hopes and air,
Which soon digested to despair,
And as one cormorant fed him, still
Another on his heart did bill;
Thus, while they famish him and feast,
He both consumèd, and increased,
And languishèd with doubtful breath,
The amphibium of life and death.

And now, when angry Heaven would
Behold a spectacle of blood,
Fortune and he are called to play
At sharp before it all the day,
And tyrant Love his breast does ply
With all his winged artillery,
Whilst he, betwixt the flames and waves,
Like Ajax, the mad tempest braves.

See how he nak'd and fierce does stand,
Cuffing the thunder with one hand,
While with the other he does lock,
And grapple, with the stubborn rock;
From which he with each wave rebounds,
Torn into flames, and ragg'd with wounds;
And all he says, a lover drest
In his own blood does relish best.

This is the only banneret
That ever Love created yet;
Who, though by the malignant stars,
Forcèd to live in storms and wars,
Yet dying, leaves a perfume here,
And music within every ear;
And he in story only rules,
In a field sable, a lover gules.

http://www.luminarium.org/sevenlit/marvell/unfortun.htm

*****
キーワード:
宮廷風恋愛 courtly love
ペトラルカ Petrarch

*****
恋する男の胸中=嵐にもてあそばれる船、
というペトラルカ以来の比喩を極限にまで
発展させた作品。

悪趣味な表現をどこかに入れるのがマーヴェル。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Marvell, "The... Marvell, "The... »