goo

Marvell, "Daphnis and Chloe"

アンドリュー・マーヴェル
「ダプニスとクロエ」

1
ダプニスがクロエにいう、もうあきらめる、さよなら、
残念だけど、
希望はゼロ、
がんばってきたけどダメだった、と。

2
女の敵は自分の性格。
求められても、まず拒む。
それで彼女は彼に応えず、
嫌い、とも言わなかった。

3
でも、急にそんな悲しいことをいわれ、
クロエは急にやさしくなる。
もう彼女はダプニスのいいなり、
彼がいてくれるだけでいい。

4
女はもともと気まぐれで
いつもの態度を急に変える。
離れ離れがいちばん嫌。
別れの予感で仲直り。

5
ダプニスはよく知っていた、
包囲戦での戦いかたを。
でも知らなかった、城を落とすには、
包囲を解けばいいことを。

6
でも、彼は別れの悲しみで
頭がいっぱいで、
冷静な判断ができなかった。
今こそチャンスだったのに。

7
クロエは愛の言葉を語る、
これまで一度もいわなかったことを。
でも、その言葉も無駄、遺産を
危篤の人に残すようなもの。

8
ああ、時すでに遅し、
期限切れ。
哀れなダプニスはもうおしまい。
喜びと悲しみで心が分裂。

9
どうして? お願い、待って、とクロエはいう。
ダプニスは髪をかきむしる。
血走った目をグルグルギラギラさせて、
残酷な運命を呪う。

10
まるで、死にかけた魂が
友だちの叫び声を聞いて
驚いて急にふり返り、
そしてまたすぐ死ぬときのよう。

11
哀れなダプニスはまさにそんなようすで、
クロエを恐がらせた、いちばん好きだったのに。
結局、この恋する魂は、
決意を固めて別れを告げる、次のように。

12
天国と地獄がいっしょになって
死にそうなぼくに拷問をかけてるみたい。
別れだけで十分つらいのに、
どうしてそんなときだけやさしい?

13
ねえ、クロエ、どうして
こんなひどいことをする?
やさしい言葉のほうが痛い、
君の冷たい言葉より。

14
まるで死刑囚に
最高級のワインをあげたり、
したいことなんでもさせてあげるのと同じ。
最後だけでも楽しくなるように。

15
でも、もう敵となった君に
借りはつくらない。
さよならだから
やさしい、なんて嫌。

16
別れだけで十分。
静かに去るほうがいい、
ふられることで
ちょっといい思いするより。

17
ぼくを苦しめる人にいい思いさせる必要なんてない。
バカバカしい、
高い宝石をつけて処刑されて、
そしてそれを執行人にとられるなんて。

18
恋わずらいで痩せ衰えて
男らしく死んだほうがいい。
わざわざ太って
敵に食べられるより。

19
つらそうなぼくを見てやさしい気分になった、
とか、そんな恋人関係なんて、
死んだばかりのまだあたたかい相手を
無理やり犯すのと変わらない。

20
ぼくだって、そんな別れかたじゃ、
あの欲ばりのユダヤ人みたい。
うずらとマナをたらふくもらって荒れ野をさまよって、
そして神に打たれて死ぬっていう。

21
それか、真夜中に起きて
シダを探す魔法使いみたい。
その葉っぱから出る見えない種で
透明人間みたいにいなくなる。

22
恋はもっと楽しいもののはず。
あきらめながら快楽を求めるなんて、
雨のなかで薔薇を摘むのと同じ。
自分はびしょ濡れ、香りもパー。

23
だから、もういい。君からの
恋の果実はいらない。
喜びと悲しみはうまくからまない。
この悲しみをなにかと混ぜたくない。

24
死神よ、ぼくは死ぬ。暗く、悲しく、
おまえの望む最悪につらいかたちで。
ぼくといっしょに受けとれ、
愛の神のたいまつで燃えていた炎をすべて。

25
こう言ってダプニスは去った。
徹夜で祈ったあと、
処刑人に合図して、
最後の一撃を受ける人のように。

26
でも、女の子たち、信じちゃいけない。
昨日の夜、ダプニスはプロギスと寝た。
今夜はドリンダと会う予定で、
今、ちょっと馬で外に出てる。

27
でも、彼にも言い分があり、
ある意味もっともだ。
そもそも男の本質を考えたら、
どうしてクロエは拒んだ? ってこと。

*****
Andrew Marvell
"Daphnis and Chloe"

1
Daphnis must from Chloe part:
Now is come the dismal Hour
That must all his Hopes devour,
All his Labour, all his Art.

2
Nature, her own Sexes foe,
Long had taught her to be coy:
But she neither knew t' enjoy,
Nor yet let her Lover go.

3
But, with this sad News surpriz'd,
Soon she let that Niceness fall;
And would gladly yield to all,
So it had his stay compriz'd.

4
Nature so her self does use
To lay by her wonted State,
Lest the World should separate;
Sudden Parting closer glews.

5
He, well read in all the wayes
By which men their Siege maintain,
Knew not that the Fort to gain
Better 'twas the siege to raise.

6
But he came so full possest
With the Grief of Parting thence,
That he had not so much Sence
As to see he might be blest.

7
Till Love in her Language breath'd
Words she never spake before;
But than Legacies no more
To a dying Man bequeath'd.

8
For, Alas, the time was spent,
Now the latest minut's run
When poor Daphnis is undone,
Between Joy and Sorrow rent.

9
At that Why, that Stay my Dear,
His disorder'd Locks he tare;
And with rouling Eyes did glare,
And his cruel Fate forswear.

10
As the Soul of one scarce dead,
With the shrieks of Friends aghast,
Looks distracted back in hast,
And then streight again is fled.

11
So did wretched Daphnis look,
Frighting her he loved most.
At the last, this Lovers Ghost
Thus his Leave resolved took.

12
Are my Hell and Heaven Joyn'd
More to torture him that dies?
Could departure not suffice,
But that you must then grow kind?

13
Ah my Chloe how have I
Such a wretched minute found,
When thy Favours should me wound
More than all thy Cruelty?

14
So to the condemned Wight
The delicious Cup we fill;
And allow him all he will,
For his last and short Delight.

15
But I will not now begin
Such a Debt unto my Foe;
Nor to my Departure owe
What my Presence could not win.

16
Absence is too much alone:
Better 'tis to go in peace,
Than my Losses to increase
By a late Fruition.

17
Why should I enrich my Fate?
'Tis a Vanity to wear,
For my Executioner,
Jewels of so high a rate.

18
Rather I away will pine
In a manly stubborness
Than be fatted up express
For the Canibal to dine.

19
Whilst this grief does thee disarm,
All th' Enjoyment of our Love
But the ravishment would prove
Of a Body dead while warm.

20
And I parting should appear
Like the Gourmand Hebrew dead,
While with Quailes and Manna fed,
He does through the Desert err;

21
Or the Witch that midnight wakes
For the Fern, whose magick Weed
In one minute casts the Seed,
And invisible him makes.

22
Gentler times for Love are ment:
Who for parting pleasure strain
Gather Roses in the rain,
Wet themselves and spoil their Sent.

23
Farewel therefore all the fruit
Which I could from Love receive:
Joy will not with Sorrow weave,
Nor will I this Grief pollute.

24
Fate I come, as dark, as sad,
As thy Malice could desire;
Yet bring with me all the Fire
That Love in his Torches had.

25
At these words away he broke;
As who long has praying ly'n,
To his Heads-man makes the Sign,
And receives the parting stroke.

26
But hence Virgins all beware.
Last night he with Phlogis slept;
This night for Dorinda kept;
And but rid to take the Air.

27
Yet he does himself excuse;
Nor indeed without a Cause.
For, according to the Lawes,
Why did Chloe once refuse?

http://www.luminarium.org/sevenlit/marvell/daphnis.htm

*****
キーワード:
牧歌 Pastoral
カルペ・ディエム Carpe diem

Sidney, Astrophil 87の裏返し
Suckling, Aglaura 3.1の変奏

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Herrick, "The... Marvell, "The... »