goo

Collins, "Ode to Evening"

ウィリアム・コリンズ
「オード:〈夕べ〉に」

麦笛の音、羊飼いの歌で
君、清らかな〈夕べ〉の清らかな耳が安らいでくれるのでしたら、
君の厳かな泉、
君の泉や死にゆく風の音と同じように--
ね、控えめな妖精の君、太陽の髪はまだ輝いています。
あの西の家のまわりの雲は、
エーテルの刺繍を編みこんだように光っています。
光の波打つベッドの上で。
空気は静まりかえっています。聞こえるのは目の悪い蝙蝠の
甲高い鳴き声だけ、革の羽で飛ぶ音だけです。
甲虫(かぶとむし)が
不機嫌な角笛を鳴らす小さな音だけ、
昼と夜の境の道をあたりも見ずに飛んで、
よく旅人にぶつかったりするあの虫の音だけです。
教えてください、ね、君、静かな子、
やさしい曲を奏でてあげたいのです、
だんだん暗くなる君の谷に忍びこむような曲、
あの音のない谷に似あう曲を、
ゆっくり、もの思いに耽りながら、
やさしい君、愛しい君の帰りを喜びながら。
君の一番星が小さな明かりの輪を投げかけるのを見て、
羊たちは檻に帰ります。
いい香りのする〈時〉の女神たち、花のベッドで
寝ていた小さな妖精たち、
気持ちいい夕露をまき散らす
菅(すげ)の冠の妖精の女の子たち、そしてもっと美しく
甘く楽しい〈もの思い〉が、みんな
君を運ぶ見えない影の車を用意します。
行きましょう、神に身を捧げる静かな君〈夕べ〉、絹のような湖が
寂しい荒れ地を彩るところに、いにしえの聖なる館に、
それから灰色の畑に
君の車の冷ややかな輝きが映り、そして消える、そんな田園に。
でも、冷たく吹き荒れる風や打ちつける雨で
出られなければ、山の脇の
小屋から眺めます、
風とあふれる奔流を、
茶色の家並み、陰のなかうっすら見える教会の塔を。
田舎の鐘の音を聞き、そして見ます、すべてのものの上に
君が露に濡れた指で
暗がりのヴェールを静かにかけていくのを。
〈春〉が、誰よりやさしい〈夕べ〉、君の
静かにゆれる髪を雨に濡らすとき、
〈夏〉がまだ明るい君の光の下で
遊ぶとき、
黄金色の〈秋〉が君の膝に木の葉を積みあげるとき、
〈冬〉が荒れた空で怒鳴り声をあげて、
君の従者たちを縮みあがらせ、
また無礼にも君のドレスを引き裂くようなとき、
そんなときにはいつも、森の小屋で
〈空想〉と〈友情〉と〈知識〉と薔薇色のくちびるの〈健康〉が
君の力で栄え、
そして君を称えて歌いますように!

*****
William Collins
"Ode to Evening"

IF ought of oaten stop, or pastoral song,
May hope, chaste EVE, to sooth thy modest ear,
Like thy own solemn springs,
Thy springs, and dying gales,
O NYMPH reserv'd, while now the bright-hair'd sun
Sits in yon western tent, whose cloudy skirts,
With brede ethereal wove,
O'erhang his wavy bed:
Now air is hush'd, save where the weak-ey'd bat,
With short shrill shriek flits by on leathern wing,
Or where the Beetle winds
His small but sullen horn,
As oft he rises 'midst the twilight path,
Against the pilgrim born in heedless hum:
Now teach me, Maid compos'd,
To breathe some soften'd strain,
Whose numbers stealing thro' thy darkning vale,
May not unseemly with its stillness suit,
As musing slow, I hail
Thy genial lov'd return!
For when thy folding star arising shews
His paly circlet, at his warning lamp
The fragrant Hours, and Elves
Who slept in flow'rs the day,
And many a Nymph who wreaths her brows with sedge,
And sheds the fresh'ning dew, and lovelier still,
The PENSIVE PLEASURES sweet
Prepare thy shadowy car.
Then lead, calm Vot'ress, where some sheety lake
Cheers the lone heath, or some time-hallow'd pile,
Or up-land fallows grey
Reflect it's last cool gleam.
But when chill blust'ring winds, or driving rain,
Forbid my willing feet, be mine the hut,
That from the mountain's side,
Views wilds, and swelling floods,
And hamlets brown, and dim-discover'd spires,
And hears their simple bell, and marks o'er all
Thy dewy fingers draw
The gradual dusky veil.
While Spring shall pour his show'rs, as oft he wont,
And bathe thy breathing tresses, meekest Eve!
While Summer loves to sport,
Beneath thy ling'ring light;
While sallow Autumn fills thy lap with leaves;
Or Winter yelling thro' the troublous air,
Affrights thy shrinking train,
And rudely rends thy robes;
So long, sure-found beneath the Sylvan shed,
Shall FANCY, FRIENDSHIP, SCIENCE, rose-lip'd HEALTH,
Thy gentlest influence own,
And hymn thy fav'rite name!

http://quod.lib.umich.edu/e/ecco/004876472.0001.001

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Collins, "Ode... Swift, "A Des... »