goo

From Glanvill, My Lord Bacon's New Atlantis

ジョウゼフ・グランヴィル
「ベイコン『ニュー・アトランティス』概要」より

神に関する愚かで恥ずべき考え--神性を汚し、
人のよいおこないを妨げ、神を敬う多くの人の心を
悩ませ挫く、そんな思想--が広まっていたが、
それに対して彼ら[熱狂的でない聖職者たち]は立ちあがった。
彼らは神の善良さ、人間に対する神の無限の愛を説いた。
神の愛を愚かな願望として退ける者、
神の正義を残酷なまでに厳格なものとする者、
神は理性ある人間の大多数を永遠に憎んでいて
破滅させたがっていると考える者、そんな独裁者・
権力者に神を仕立てあげたがる者に対してである。
このような感じの悪い陰鬱な考えかたに対し、
彼らは毅然と立ちあがった。思えば、あれは
神の清らかさ、善良さを主張すれば非難と憎悪と
ひどい迫害の対象となるような時代であった。
そんな時に彼らは、神の本質と属性について常識的な
見解を示した。神みずから聖書で明かしていることに
合致し、また我々人間の理性的判断にも適う議論を
提示したのである。彼らは常々語っていた、
無限に善良なる神がみずから創造したものの不幸を
もくろんだり、ましてや喜んだりするはずがないと。
神は身勝手な意思にしたがって何かをなすわけではない、
むしろ完璧なる彼の完璧なる意思に従って行為するので
あると。そもそも身勝手な行為とは不完全の証、
無能の証であると。いと高き存在である神が
正義の法に従わないなどということはありえないと。
人が望む望まないにかかわらず、理解している
していないにかかわらず、根源的に、また永遠に、
善良さこそ真理であり正しさであると。この善良さこそ、
世界に対する神の言葉や行為の源であると。
神を称えたいなら、神の完璧さを正しく理解し、
その理解を我々の言葉と行為で示さなくてはならないと。
善良さこそ道徳の目指すものであると。善良でない
権力とは暴虐にすぎない、善良でない知恵は謀略・
狡猾にすぎない、善良でない正義は冷酷にすぎない、と。
たとえ褒め称えられても神はお喜びにならないと。
正しいかたちで神を褒め称えないならば、つまり、
神を愛するよう人を促すような、神とともにあって
幸せと感じられるような、そんな褒め称えかたでないならば。

. . . . . . . . . . . . . . . . .

のぼせあがった妄想家たちはキリストの死が
人に与えた正義を曲解し、道徳を無意味なもの、
卑しいものと嘲っていた。これに対して
正しい聖職者たちは、道徳・美徳の必要性を主張し、
また擁護した。彼らは説いた、まさに道徳・美徳を
最高に発達させたものがキリスト教であると。
十戒の石板一枚目にあるような神への義務のみに従う
宗教には何の意味もない、二枚目に刻まれた
道徳的義務を果たすことのほうが重要である、と。
熱く信じ、身を捧げ、説教を聴き、祈る、など
信仰するふりは極悪人にもできる、
それはただの模倣や習慣かもしれない、
野心や保身のためかもしれない、結局、
そんな信仰の形式にすぎないのだと。本来の
信仰とは、利己心を克服し、感情を支配し、
欲を抑えることに他ならない、真に正しいことを
神に対して、また他の人に対してすることに
他ならない、と。

(つづく)

*****
Joseph Glanvill
From The Summe of My Lord Bacon's New Atlantis
(1676)

They ["the Anti-fanites", i.e., anti-fanatical divines] took notice, what unworthy and dishonourable Opinions were publish'd abroad concerning God, to the disparagement of all his Attributes, and discouragement of vertuous Endeavours, and great trouble and dejection of many pious Minds; and therefore here they appear'd also to assert and vindicate the Divine Goodness and love of Men in its freedom and extent, against those Doctrines, that made his Love, Fondness; and his Justice, Cruelty; and represented God, as the Eternal Hater of the far greatest part of his reasonable Creatures, and the designer of their Ruine, for the exaltation of meer Power, and arbitrary Will: Against these sowr and dismal Opinions They stood up stoutly, in a time when the Assertors of the Divine Purity and Goodness, were persecuted bitterly with nicknames of Reproach, and popular Hatred. They gave sober Accounts of the Nature of God, and his Attributes, suitable to those Declarations of himself he hath made by the Scriptures, and our Reasons: They shew'd continually how impossible it was that Infinite Goodness should design or delight in the misery of his Creatures: That God never acts by meer arbitrary Will, but by a Will directed by the Perfections of his Nature: That to act arbitrarily is Imperfection and Impotence: That he is tyed by the excellency of his Beeing, to the Laws of Right, and Just, and that there are independent Relations of True and Good among things, antecedent to all Will and Vnderstanding, which are indispensible and eternal: That Goodness is the Fountain of all his Communications and Actions ad extra: That to glorifie God, is rightly to apprehend and celebrate his Perfections, by our Words, and by our Actions: That Goodness is the chief moral Perfection: That Power without Goodness is Tyranny; and Wisdom without it, is but Craft and Subtilty; and Justice, Cruelty, when destitute of Goodness: That God is not pleased with our Praises, otherwise than as they are the suitable Actings of his Creatures, and tend to make them love him, in order to their being happy in him.

. . . . . . . . . . . . . . . . .

And because Morality was despised by those elevated Fantasticks, that talk'd so much of Imputed Righteousness, in the false sense; and accounted by them, as a dull, and low thing; therefore those Divines labour'd in the asserting and vindicating of this: Teaching the necessity of Moral Vertues; That Christianity is the highest improvement of them; That the meer first-table Religion is nothing, without the works of the second; That Zeal, and Devoutness, and delight in Hearing, Prayer, and other externals of worship, may be in very evil men: That Imitation, and Custom, and Pride, and Selflove may produce these: That these are no more then the Forms of Godliness: That the power of it consists in subduing self-will, and ruling our passions, and moderating our appetites, and doing the works of real Righteousness towards God, and our Neighbour.

http://quod.lib.umich.edu/e/eebo/A42813.0001.001

partly qtd. in
R. S. Crane, "Suggestions toward a Genealogy of
the 'Man of Feeling'", ELH 3 (1934): 205-30 (208-9)

*****
キーワード:
感受性 sensibility
広教派 Latitude-men

カルヴァン派に対する広教派の反論。
18世紀の感受性の議論の起源のひとつ。

*****
散文。日本語訳の改行は任意。
散文よりも詩(のような体裁)のほうが
実は読みやすい。

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Donne, "Negat... 予定説Q&A: ジ... »