goo

Marvell, "The Definition of Love"

アンドリュー・マーヴェル
「恋とはなにか」

ぼくの〈恋〉は貴い子。
気高く、届かぬ相手に向かう。
ぼくの〈恋〉の父は〈絶望〉、
母は〈不可能〉。

偉大なる〈絶望〉だけが
神々しい〈恋〉を生む。
〈希望〉は無力で羽ばたけない、
金に光る絹の翼があっても。

ぼくもすぐに行けたらいい、
ぼくの魂があるあの人のところに。
でも〈運命〉が鉄の楔(くさび)を打ちこんで、
いつもぼくの道を阻む。

〈運命〉は妬んでいる、二つの
完璧な〈恋〉を見て。二つが結ばれたら、
〈運命〉はもう終わり。
暴君の座にとどまれない。

だから鋼(はがね)のように固く命じて
ぼくらを両極に引き離す。
だから〈恋〉の世界はぼくらを軸にまわる。
だからぼくらは抱きしめあえない、

天がめまいで落ちてくるか、
大地が痙攣して裂けるか、
世界が地図のように平たくなって、
ひきつけでくしゃくしゃになるかしなければ。

線と同じで斜めなら、
〈恋〉はどこかで出会う。
でもぼくらの恋は見事に平行、
永遠に出会うことがない。

こうして〈恋〉がぼくらを結ぶ。
こうして意地悪な〈運命〉に邪魔される。
ぼくらは星。空のあっちとこっちにいて、
重なっても蝕をつくるだけ。

*****
Andrew Marvell
"The Definition of Love"

My Love is of a birth as rare
As ‘tis for object strange and high:
It was begotten by Despair
Upon Impossibility.

Magnanimous Despair alone
Could show me so divine a thing,
Where feeble Hope could ne’er have flown
But vainly flapped its Tinsel wing.

And yet I quickly might arrive
Where my extended soul is fixt,
But Fate does iron wedges drive,
And always crowds itself betwixt.

For Fate with jealous eye does see
Two perfect Loves; nor lets them close:
Their union would her ruin be,
And her tyrannic power depose.

And therefore her decrees of steel
Us as the distant Poles have placed,
(Though Love’s whole World on us doth wheel)
Not by themselves to be embraced:

Unless the giddy Heaven fall,
And Earth some new convulsion tear;
And, us to join, the World should all
Be cramped into a planisphere.

As lines so Loves oblique may well
Themselves in every angle greet:
But ours so truly parallel,
Though infinite can never meet.

Therefore the Love which us doth bind,
But Fate so enviously debars,
Is the conjunction of the Mind,
And opposition of the Stars.

https://www.poets.org/poetsorg/poem/definition-love

*****
キーワード:
宮廷風恋愛
科学
アレゴリー

*****
学生の方など、自分の研究/発表のために上記を
参照する際には、このサイトの作者、タイトル、URL,
閲覧日など必要な事項を必ず記し、剽窃行為のないように
してください。

ウェブ上での引用などでしたら、リンクなどのみで
かまいません。

商用、盗用、悪用などはないようお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Marvell, "The... Cowley, From ... »