シーブレ日記

シーブレインの出船予定や釣果報告、その他釣りにまつわる記録や雑感など。
最近、ぽちぽち山のことも。

五輪に向けて

2017年03月26日 23時52分56秒 | 釣り以外のエトセトラ
3月25日(土)

東京オリンピックまであと3年半です。
やっぱり、わくわく感ありますよね!

オリンピックの持つパワーって、やっぱり凄いと思う。
国とか都市が大きく変化するような期待感があり、それに伴って、自分にも何がしかの変化が訪れそうな高揚感を感じます。
景気浮揚とかビジネスチャンスも大事だろうが、そういうのとは違う、なんかこう心の底から湧き立つ何かです。
やっぱりオリンピックって、「お祭り」なんでしょうね。

そのお祭りに、自分も見るだけでなく、何らかの形で関わりたいと思うのです。
こんな機会は、人生に一度あるか無いかだもんね。
競技者として参加するのはもう限りなく無理。でも大会の運営側なら何かできそうだ。

有り難いことに、僕の地元の江の島はヨット競技の会場となるそうで、それに伴って地元でもボランティアとして活躍の場があるらしい。
その取っ掛りとなる説明会というか、基調講演のようなものが開催されるというので、どんなものかと参加してみた。



何人かのパネリストによるプレゼンやシンポジウム、質疑応答などがあり、それらを通して、オリンピックにはボランティアの存在が欠かせないということがよく理解できました。
市民ボランティアのありようが、大会の雰囲気作りに大きく寄与することも知った。
ボランティアと言っても、その役目は選手や競技に直接関わるものから、観光案内や街の掃除など実に多岐に亘るようだ。



運営側もまだまだ模索状態だし、様々なことを、これから多くの人が関わり、知恵を出しながら一つの目標に向かって収斂させてゆくのだ。
僕がボランティアに参加するかどうかも全く白紙だし、会社の仕事を通して東京五輪の成功に貢献してゆくことも、立派な参加のありかただと思う。

いずれにしても、他人事の如くオリンピックを傍観してたくないという気持ちがあります。
僕に何が出来るのかはまったく分からないが、3年後には何がしかの役に立ちたいと思うのです。



今回のイベントの資料の中に、オリンピック・パラリンピックのバッチが入ってた。
ちょっと誇らしいよね。
先ずはこのバッチを、どこかに付けるところから始めてみようと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低山早駆け

2017年03月20日 23時15分18秒 | 山遊び
3月20日(月)

三連休ですが、二日間は家に籠ってガサゴソしてた。
雪山には行きたいと思うが、道路も山も連休の混雑必至なので敬遠してしまったのだ。

最終日の朝、このままではイカンと手近な山歩きをしようと決意。
目先を変えて穴場的存在の箱根をチョイスした。ここなら電車で行けそうだ。
デイバックに雨具とヘッデンと箱根の地図を放り込んで、10時に自宅を出発。(遅すぎる!)

電車の中でスマホ片手にコース選定。
大雄山スタートで、明神ヵ岳と明星ヶ岳のプチ縦走をやって、強羅に降りるコースを考えた。
いわゆる箱根外輪山の一角ですね。結構距離はありそうです。
電車に乗りながら、その日登る山を決めるのもどうかと思いますが・・・

今日はあえて足に強い負荷を掛けて、膝の回復具合を見てみようと思う。
比較的安全な低山だからこそ出来る実験です。

登山口の最乗寺を11:30に出発。
いくらなんでも遅すぎますわな。
今日はライト&ファーストで急ぎましょう!


こんな感じの登山道ですが、それなりの登りが続き、それなりに息が切れます。
もちろん誰~れも居りません。。。


稜線に近づくとチョビット残雪あり。
登山道も泥濘ぽくなってきた・・・


休みなしで一気に登り、明神ヶ岳山頂にポンと出た。
頂上は開けており、金時山から流れてきた登山者がパラパラいました。


13:30 明神ヶ岳 初登頂~!


標準コースタイムより3割ほど速いですね。
登りに関しては、膝は全然平気でした。

山頂にどっかりと座り込み、景色を眺めながらのおにぎりタイム。
向こうに見えるのは早雲山ですかね。
眺望は最高ですが、春霞でクリアな視界ではありません。


こっちの特徴的な山は金時山。
バックに富士山がうっすら見えてます。雪、増えてるし・・・


それにしても、この辺は火山だらけですなぁ。(怖~)

山頂でだいぶノンビリしちゃいましたが、行程はまだ半ば。
さて、次の明星ヶ岳に向かいましょう。

明星ヵ岳までは小ピークを越えながら、気持ちの良~いこんな尾根歩きが続きます。
快適、快適~~


大涌谷には盛大な水蒸気が湧き立ってる。
まさに活火山。
すぐ近くに建物いっぱいあるけど、大丈夫なんすかね?


本日2座目の、明星ヵ岳に到着。


こちらの山は、山頂からの眺望はあまりありません。
てか、誰も居ないし・・・


ここから一気に宮城野まで下ります。

途中、妙に開けた場所がありました。(答えは番組の最後で)


15:20 宮城野に無事下山しました。
今回のルートの標準コースタイムが5時間20分なので、休み時間込みで4時間弱はそこそこ頑張っちゃいました。
全歩行距離は12.1kmでした。


右膝の状態が懸念された下りだけど、怪我してない方の大腿四頭筋と腰痛が出ました。
無意識に右膝をかばった変な歩き方になってるんでしょうかね。
筋トレだけでは解決できない問題点が洗い出された感じがします。

宮城野からは、強烈な階段上りを経て強羅駅に到着。


後ろを振り返ると、山に何やら模様が、、、
そう、さっき下山の途中にあった刈込は、大文字焼の場所だったんです。


箱根登山鉄道に乗って湯本へ。
そこで駅近の日帰り温泉「弥次喜多温泉」に浸かってサッパリ。
ポカポカになったところで、再び電車で小田原に出て東海道線に乗り換え。
19時過ぎに帰宅できました。

のんびり山行も良いが、早く歩けるというのは山屋としての強さの一要素。
今日みたいな山トレも必要だな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観劇

2017年03月18日 16時12分43秒 | 釣り以外のエトセトラ
3月16日(木)

久々に歌舞伎を観てきた。

團十郎さんの頃から歌舞伎座で助六が掛かる時は、ほぼ欠かさず観に来てます。



僕の古くからの友人が、この日河東節御連中として助六の舞台に上がるということで、御招待にあずかった次第。

河東節は今年が300年目の節目にあたるそうです。



夜の部の演目は、「引窓」と「傾城浜の真砂」と「助六由縁の江戸桜」の三題。

助六に関しては何度も見てるので、次に来るセリフもだいたい分かるぐらいになりました。

ゆえに、ストーリーを楽しむだけでなく、配役の違いや役者の成長ぶりなど、僕自身の見方もだいぶ変わってきました。

伝統芸というものは、何世代も掛けて磨き上げられてゆくんだなぁということが、歌舞伎を見てると良く分かります。



ちなみに、翌日は映画のタダ券があったので、シネコンで「すばらしきかな人生」という洋画を観てきた。

作品の出来、不出来云々は別として、
人が手間を掛けて作った「作品」に触れるのは、そのジャンルが何であれ実に面白いのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三浦サイクリング

2017年03月13日 00時12分12秒 | 車・自転車
3月12日(日)

今日は予定がぽっかり空いたので、三浦をサイクリングです。
車の多い道を自転車で走るの嫌なので、三浦海岸まで車に自転車積んでっちゃいました。

お昼頃スタート。
下浦海岸沿いに南下する。以前横須賀に住んでたので、この辺は庭ですな。
でも、この辺を自転車で走るのは記憶にないぐらい大昔です。


松輪の登り坂をノンビリ登ってたら、お揃いのチームユニフォームで固めたロード集団が僕をぶち抜いてゆきました。
凄いっすね。若者は元気あってヨロシイ!
抜き去ってちょっと先行ったら、皆さん徐々にペースダウンしてました。
そのまま僕の視界から消え去ればカッコエエのに。(笑)


名物の風車です。
そういえば、僕はここに来るの初めてかも。。。


新しい橋(といっても10年ぐらい経つのかな)からの絶景。
車だと一瞬で通り過ぎちゃう所だが、自転車は良いねぇ。


八景原の細い道を激下りして、小さな漁港に寄り道。
子供が小さい頃とか、ここで潜って遊んだりしたなぁ。


別の知らない小道を下って行ったら、三崎の通り矢にポンと出たりと、僕のサイクリングは裏道廻りが多くって、なかなか先に進みません。


三崎港から城ケ島大橋を見たら、車が数珠繋ぎしてるので城ケ島はパス。
三崎の港周辺も観光客が結構多くて、ざわざわしてる。
油壷・引橋経由で三浦海岸へ戻るつもりだったが、なんか道路も混みそうなので、来たルートの旧道を辿って帰ることにした。

まわりは大根畑だらけ。
三浦っすねぇ。


車も少なくって、なかなか快適なコースです。
この界隈はロードやクロスバイクを楽しむ人がたくさんいました。
自転車人口って増えたんですねぇ。
みんなどこから来てるんだろう?


金田漁港でちょっと遅めの昼食。
最近は各漁協の食堂とかが大盛況です。

よく分かんないけど、一番人気と書いてあった「日替わり定食B」を頼んだ。
来てびっくり、
刺身と煮魚とてんぷらとエビと、、、そしてそして、生ワカメのしゃぶしゃぶなるものが出てきた。
凄い量だよ!
これで1500円とはコスパ最高!!


茶色い生ワカメをお湯に通すと、さっと緑色になります。
濃厚な磯の香りが堪りませんなぁ。


車に戻り、走行ログを見たら30kmほど。
今日はたいした距離は走ってないけど、ほのぼのとした三浦の春の空気をたっぷりと味わうことが出来ました。

平坦な湘南を爆走するのも良いが、
適度なアップダウンと景色の変化が楽しめる三浦も、なかなか良いですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積雪期の谷川岳

2017年03月05日 22時53分46秒 | 山遊び
3月4日(土)

膝の状態がまあまあ回復してきたので、山歩きをを復活させたいという流れです。
2週間前の里山を歩きで問題なかったので、今度は思い切って雪山に出掛けて見ることにした。
雪山シーズン終わる前に、膝に負担の多いアイゼン歩行が出来るのかテストしたい気持ちがあったのだ。

この週末は天候の安定度抜群。
今日は冬場は悪天候で入れないことも多い、豪雪の谷川岳をチョイスした。
例のごとく、ソロスクランブルならではの速攻出撃です!

圏央道が繋がったから、湘南から水上まで3時間のドライブ。
で、ロープウェーで一気に天神平にポンと出れちゃう。


いやー、久々に雪いっぱい見ました。
今日はスノボの大会があるらしく、ゲレンデはやけに賑わってます。



9時、天神平スタート。
快晴無風だよ。

いきなり真っ青な空をバックに、谷川岳がお出迎え。。
谷川岳は双耳峰といって、猫の耳のように頂上が二つあるのが特徴です。
今からあのテッペン目指します!
テンション上がりますね~


今年は雪がたっぷりありますなぁ。
今日は、僕の足はどこまで持ちこたえられるのかのテストなんですが、なんかそんなこと忘れそうな素晴らしい光景っす!

天神尾根の取り付きには直登系のトレースが何本か付いてた。
僕はトラバース気味にやや右に新しいトレースを付けてみたが、昨日積もった新雪が意外と深く、初っ端からプチラッセル。
でも楽しいのよ。(笑)

尾根に出てしまえば雪質も良好で、アイゼン歩きが最高に楽しい。
ただ、信じられないぐらい無風ゆえ、暑い暑い!
アンダー+シャツ一枚でちょうど良いぐらいです。
皆さん、早々にジャケットを脱いでました。


穴熊沢避難小屋を超えると、素晴らしい稜線歩きが続きます。
前後には、常にこれぐらいの間隔で登山者が続いてます。
それほど今日は、絶好の谷川岳日和ってことですね。


西隣の万太郎山、存在感ありますね~


どうです、このコントラスト!
しかし、天神尾根はなにげに急登です。


そして、その急斜面を登り切ると肩の小屋に到着!


ここまでは体力勝負みたいな感もありますが、ここから頂上エリアは一歩踏み外すと洒落にならない箇所続出です。
小屋から上は風も出てきて、それなりの緊張感が漂ってくる。
僕はここでハードシェルを着込み完全武装。

あっ、そうそう、僕の膝は今のところ何の問題もありません。
登りは取り敢えず大丈夫そうです。

では、頂上アタックと行きましょう!


遠くを見ると、スゲー
足元見ると、ヒョエー
コケたら洒落にならないっすね。


僕は二つあるピーク(トマノ耳とオキノ耳)のうち、遠くにあるオキノ耳(こちらが本当の頂上)からやっつけることにする。

12:15 谷川岳オキノ耳登頂!

ヤッホー!
昨年4月に怪我して以来、ずっと燻ぶってたのが吹っ切れた感じっす!


パスしてきたトマノ耳が見えてます。
キレッキレですね。
今から向こうも行きましょう。


稜線に咲くエビの尻尾。


トマノ耳 登頂~

ソロの人が多いので、みんな快く写真の撮りあいっこしてます。


さっき居たオキノ耳をこちらから眺めます。
雪山の頂上って厳しい気象状況が多いので、のんびり留まることはまず無いが、今日なら頂上でお弁当食べれそうです。(笑)


さて、充分満足しました。
降りましょう。


下りの方が膝への負担は大きいので、少し慎重に下ります。


スキー場直前の最後の急下り。
ここが一番悪かったかも。
なんと、ネット上にあった当日の投稿記事を見てたら、僕の後ろ姿が・・・(写真お借りしちゃいました)


ゲレンデの近くの斜面で、僕のクライミングの先生が雪山訓練してました。
クライミングも復帰したいなぁ


14:40 ケーブルカー乗り場に到着。
本日の谷川岳天神尾根ピストンは無事完了しました。

心配だった膝ですが、最後まで特に違和感なし。
取り敢えず、積雪期の谷川岳に登れたのは、完全復帰に向けた大きな自信になりました。

帰りは「湯の陣」でゆっくり温泉に浸かってから、余裕の心持ちで帰宅の途に。

何はともあれ、雪山復帰できて良かったよ!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボートショーに行ってきた

2017年03月04日 22時51分41秒 | ボート


3月3日(土)

何年かぶりでボートショーに行ってきました。


なんと言うか、、、

スカスカな感じでした・・・


シーブレが無くなっちゃったので、何か良い船は無いものかと出掛けた訳ですが、残念ながら僕の心に響く船には出会えませんでした。

もっとも、僕自身がボートで何をやりたいのか、ボートライフに何を求めたいのかが全く定まってないので、探しようがないと言った方が正しいかも。


何となーく思うに、ボートで素朴に遊びたいなぁと言った感じかな。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポタリング

2017年02月26日 23時17分29秒 | 車・自転車
2月26日(日)

穏やかな日曜日。
今日は自転車に乗ろうと決めた。

行き先は、三浦半島を超えて東京湾まで走ることにする。

鎌倉、逗子、横須賀と勝手知ったる道なれど、車で走るのと自転車で走るのでは、見えてくる世界が全く違います。

横須賀は古くからの港町であり軍港なので、東京湾側の海はコンクリート護岸ばかり。
漁船や海事船、貨物船、そして軍艦と、ありとあらゆる船が見られます。

軽油とオイルの匂いが漂う海沿いの裏道を、自転車でくまなく走ってみると次々と発見がある。
まるで探検してるみたいだ。
車では入れず、徒歩だと行動範囲が限られちゃう。
自転車ならではの芸当だ。

小さな湾の奥にウッドデッキをしつらえた公園を発見。
東京湾の水辺の環境整備は、案外進んでます。



横須賀から横浜に入る。
金沢八景周辺の裏道や海岸沿いを、かなりじっくり走ったよ
中高生の頃は野島防波堤に渡るために、随分通った町です。
ここには石積みの細い堤防があったんだよな。


平潟湾はハゼで埋め尽くされてました。今はどうなんだろ。


ベンチに座って海を眺めながら、コンビニで買ったパンをかじる。
風もなく実にうららかな日差し。
ガンガン走らないポタリングも良いものですな。

帰りはウン十年振りに朝比奈峠を自転車で越えてみることにする。
横浜と鎌倉の境にある峠道で、チョットしたヒルクライムが楽しめる場所だ。
自転車ロードレースをやってた高校生の頃、僕はこの峠を毎日のように走り込んだものです。

心拍数が160位まで上がっちゃったけど、休憩なしで峠まで無事上がれました!
小さくガッツポーズ取ったよ。(笑)


車が途切れたタイミングを見計らい、鎌倉めがけてダウンヒル開始。
直線で55km/hまで出したよ。
踏めばまだまだ出るけど、一般道でこれ以上はやっぱ怖いです。

下った所にある酒屋さんのところで峠越え完了。
この酒屋さんが当時の練習時の折り返し点でした。(40年経っても同じことやってる俺って・・・)
ジワッと嬉しいですな。
チョットした朝比奈越えチャレンジでした。

あとは鎌倉八幡宮から北鎌倉通って帰宅。

全走行距離52km。
今日のポタリング(自転車散歩のこと)はなかなか楽しかった。

ガチに走る気は今のところ無いので、僕の自転車遊びは当面この路線かな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事帰りにちょっと

2017年02月25日 21時24分54秒 | シーバス
2月24日(金)

東京湾の各河川や運河でバチ抜けパターンが始まったと聞く。
この週末は大潮がらみでバチ抜けのタイミングとしては悪くないはず。
職場が近いKKTさんと仕事帰りに合流して、多摩川を探ってみることにした。

満潮が15時半で、僕が現地に着いたのが18時半。
もうだいぶ下げてしまってた。
バチ抜けのピークタイムは下げ3分ぐらいまでなのでチョット下げすぎかな。

干上がった浅瀬には、逃げ遅れた変なのも居るし。。。


水面を照らしてみるがバチ見えず。

船道でルアー投げてると一回だけセイゴが跳ねた。
鳥も泳ぎながらたまに何かをついばんでる。
たぶん少しはバチ抜けもあるのだろう。

地元アングラーが夕マヅメに一本獲ったとのこと。
魚は居ますわ!
でも、このエリアのバチ抜けはまだ本格化してないとのこと。

22時ソコリです。
僕もKKTさんもルアー投げてるだけで幸せ感じちゃう質なので、またやりましょうってことで本日終了。

仕事帰りの僅かな時間に手軽に楽しめるのは有難いこってす。
職場近くのポイント開拓、やっちゃいましょうかね。

車を走らすと小雪が舞いだした。
この寒さもマイナス要因だったかも。

モワッと暖かい日の夕刻満潮なんかの日が、バチパターン日和でしょう。
そんな日を引き当てるには、通わなきゃ無理だろな。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リハビリ

2017年02月22日 22時46分35秒 | 山遊び
2月18日(土)

昨年痛めたヒザですが、ほぼ治った、、、のかな。

半月板は、膝の角度によっちゃあチョイ痛むが、それ以上は治らないだろうとの結論。
内出血で硬直したフクラハギは、連日連夜のマッサージ攻撃とストレッチで劇的に回復。
ほぼ硬直部(瘢痕組織)は解消できました。

今後は少しづつ足の筋肉を戻し、膝の負担軽減と肉体の復活を目指す予定です。


ってことで、先々週の鎌倉ハイクよりちょっと強度を増したリハビリ山歩きをしてきた。
湯河原の幕山~南郷山ルートです。

スタートは湯河原梅林。


七分咲きとのこと。
やっぱ春の花はいいですね。


梅林の中には幕岩というクライミングゲレンデがあります。
今日も多くのクライマーが練習してる。一年前には僕もここで練習してたな。
しばらく眺めてたよ。。。


登山道を普通に登る。 なんともない!
ガシガシ登る。 全然平気!

幕山到着。
標準コースタイムの半分チョイで頂上に到着できました。
登りは問題なさそうです。


調子良いので、隣の南郷山まで足を延ばす。

下り、、、チョット膝に違和感を感じるので、飛ばさず丁寧に歩くことにする。
しかし山歩きはイイやねぇ。


南郷山到着。


おー、相模湾一望。
初島から伊東も見えてます。


ここから海岸まで一気に600mを下ります。
膝の状態を観察しつつ、色々な歩き方を試しました。

下りも調子に乗らなければ大丈夫そうです。

帰りはバスに乗らず湯河原駅まで歩き通し、総歩行距離10kmちょうどとなりました。

翌日はチョット膝に痛みが出たが、まあ問題ない範囲で収まりました。
こんな感じで、膝に過度な負担を掛けないようにしつつ、一年のブランクを戻してゆこうと思います。

ここは急がば回れだな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならシーブレイン!

2017年02月19日 23時06分53秒 | ボート
2月16日(木)

シーブレインの船内の荷物を全部搬出しました。
一部は先週息子と行って降ろしたので、残りを今日全部下ろして空っぽにします。

ロッドやタックルボックスはそのままじゃんじゃん降ろす。
殆ど使わなかった深場用の仕掛けなんかも結構ありました。

釣り道具以外にも、生活用品やメンテナンス用品、工具類など細々としたものが雑多に出てくる。
それらをどんどん段ボールに詰めてゆく。
ガラクタばかりだが、その品の全てにシーブレインとの記憶が重なる。



船外に殆ど出しました。
A3の後部座席を倒した状態で、ちょうど収まる分量でした。
先週の搬出で減ってたお陰かな。


法定備品、マニュアル類、シーアンカーなどを残し、それ以外は全部降ろした。

船内は空っぽになりました。













ガラーンとした船内は広々としており、清々しくさえある。


この船が僕の所に来たのは2011年の2月だから、丸6年乗ったんですね。
早かったな。

最初から付いてたこの時計、僕は一度も電池交換も時刻調整もしてないのに、止まることも狂うこともなく、づっと時を刻み続けてきました。


この時をもって、シーブレインと僕の時代は終わりとしましょう。

ここから先は次のオーナーさんにバトンタッチです。
船の由緒は、こうして引き継がれてゆきます。
これも、船を持つ趣味の一部ですね。


さようなら、シーブレイン
さようなら、フェニックス29




ありがとね!


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーブレイン ラストラン

2017年02月13日 23時54分42秒 | ボート
2月13日(月)

シーブレインが、伊東サンライズマリーナを出る日がやってきました。
次のオーナーさんの所へ行く前の整備のため、いったん平塚へ回航します。

僕は昨年11月以来シーブレには乗っておらず、ラストランはまだだった。
この日を逃すともう乗る機会はないので、何とか都合を付けてラストランにやって来た。


シーブレインは、いつもと変わらぬ姿で待っていてくれた。
どこか気品のある佇まいですよね。



相模川の潮位の関係で、午後遅くの回航です。
さあ、下架しましょう。


マリーナスタッフさんによる最後の下架作業を見守る。


何十回と見てきた下架作業だけど、これが最後かと思うと少々感慨深いですね。


出航前に、角屋メカ達による最後の整備点検。



16:10 平塚に向け回航開始。
角屋メカが同船し、僕が舵を取る。




寒いので、前面のエンクロージャーを初めて閉めて走りました。
この状態でも、鳥山バッチリ見えました。(笑)


初島の南側をかわし、相模湾を東に走ります。


3000回転、21ノット。
夕日で金ピカに輝く海の中、実に気持ちが良いクルージングが続きます。
いつまでも乗っていたいなぁ。。。


西の空に夕日が沈むころ、


平塚の街並みが見えてきた。


難所の相模川河口も今日は静かです。
ここから先は水先案内の角屋メカに運転を替わりました。


川の中を静かに進みます。


17:30 リバーポートマリーナに無事到着。


黄金の海に包まれて、実に気持ちの良いクルージングでした。
シーブレインのラストランは、ここに無事完結です。


この日の回航を知った次のオーナーさんが、桟橋に来てました。
カジキ釣りをするそうで、シーブレインを大変気に入ってくれているようなので、良かったです。
カジキフィールドにこの船の姿がまた見られるのかと思うと、なんだか少し嬉しくなりました。


この後しばらく平塚にドック入りし、角屋メカの手で整備や艤装、お化粧直しなどをし、その後次の母港となる沼津へ回航されるようです。
まだ船内には荷物が積みっぱなしなので、近々全部下ろさなきゃなりません。
軽自動車一杯分はあるだろうな・・・


とまれ、良いラストランが出来て、良かったです。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

この一週間

2017年02月05日 22時56分33秒 | 釣り以外のエトセトラ
寒さもピークを越えたようですね。
なんとなくホッとします。

この一週間、僕は特に派手な動きはなかったです。
平凡な一週間を振り返ってみた。



週の初め、
売却が決まっているシーブレインの荷物を片付けなきゃいけないので、久しぶりに息子君とマリーナへ行ってきた。
彼は物心ついた頃から一緒に船に乗ってきた。
随分と逞しくなったものだなぁ。



週半ば、
自転車屋へロードバイクを持ち込み、初期点検を受けてきた。
寒いし、足もまだ本調子じゃないので、買ってから300kmぐらいしか走ってません。
ワイヤーの初期伸長をとって、ディレイラーの調整をしてもらった程度かな。
ショップに行く途中で海岸線に出てみた。
前日風が強かったので道に砂が堆積して走りづらかったけど、やっぱり海岸は気持ちいいね。




昨日の土曜、
天気が良かったので、足のリハビリを兼ねて鎌倉の里山歩き。
北鎌倉の建長寺の山門をくぐって、鎌倉アルプスに突入。


鎌倉と横浜の間、朝比奈インター周辺には結構な里山が残ってます。


こんな道をてくてく歩く。気持ちいいねぇ。


出口は横浜の円海山。電波塔が林立してます。


GPSロガーで歩行距離みたら11kmでした。
軽く汗かいて、実に気持ちよかったよ。


シーブレインは近々回航されるみたいです。
回航時、タイミングが合えば乗船したいな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京湾ダブルヘッター

2017年01月29日 15時46分41秒 | シーバス
1月28日(土)

春を感じるうららかな釣り日和となったこの日、僕は釣行予定が重なり、日中と夜のダブルヘッダーとなった。

先ずは浦賀出港のmmキャプテンの駆るレンタルボートで出撃。
アングラー乗船はKGYさんとKKTさんと僕。

釣り的には一年で最も難しい季節となってきた。
先ずはアシカから始めるが、やはりというか、、、 ベイトっ気が無いとこの時期は厳しいね。

mm艇初の南方遠征となる剣崎へ大移動。
ここは現在サワラ回遊中の筈だ。
現場に到着するとサワラ漁の曳釣り漁船が結構居ます。




鳥もちらほら居ます。キャスティングで攻めるが、、、
スロージギングしてたKKTさんがアオハタをキャッチ。mm艇での新たなゲームの可能性が見えたかな。




11時半のソコリでアシカを攻めたいというキャプテン判断で、再びアシカへ戻る。
・・・アシカ沈黙。
産卵を終えたシーバスは、この辺はもう離れてしまっているようだ。

僕がキャプテンならこの状況をどう打開しますかってmmキャプテンから聞かれたので、富津かなぁと言ったら、mmキャプテン切り替え早い。
全速で東京湾を横断し一路富津へ!

良い感じの潮目に付けるやいなや、見事KGYさんのロッドがズドンと撓る。
無事ゲットは60オーバーの綺麗なシーバス!


イイですねぇ
このシーバスはボケジャコをたらふく食ってました。

15時帰港。
めでたしめでたし、本日のオフショア編終了。



さて、僕はこの夜は木更津に移動し、干潟シーバスやってみたーいというIshikawaさんのデビュー戦をご案内の予定です。
昨年シーブレインに初乗船したさい、干潟の光景をお話したら、一度行ってみたいと熱望されてました。

移動の途中、海ほたるでちょいと休憩。
不思議な風景だねえ。。。




0時前がド干潮なので、19時に現地で待ち合わせ。潮位が下がるまでの間、干潟の釣り方の注意点などをレクチャーする。
びっくりなのは、今までに見た事ないほど釣り人の車が来てる。
暖かくなったからかなぁなんて思ってたが、実はこれには別の理由があったようだ。(後に判明)

20時半、干潟が大きく干出し始めた頃合いを見計らって干潟へ入る。
干潟デビュー戦なのでディープウェーディングは無しにして、ひざ位までの潮位の澪筋を撃ってゆく。

暗闇の中、沢山のアングラーがウェーディングしてる。
Ishikawaさんも頑張って投げてます。

僕は背後の空を見るように声をかける。
この360°の広大な干潟の光景と、頭上を列をなして降下してゆく飛行機の列、非日常的なこの大空間にかなりやられてました。(笑)




22時、沖側から戻ってきたアングラーに様子を聞くと、アウトラインは全くダメだが、夕マヅメ時に手前で4本獲ったとのこと!

潮位の高い時のディープウェーディングで爆発してたようです。
どうりで、到着時に車が多かったわけだ。
我々は低潮時を狙って来てしまったので、饗宴の後だったようです。

爆釣ポイントに戻ってみたが、時すでに遅しでした。

23時半、終了。
ノーヒット。。。 またホゲた。

でも、案内したishikawaさんは、こんなマニアックな釣りがあったんでねと大興奮。また来たいって。
変な釣り教えちゃったかな。


この僕は本日16時間ノーヒットですな。。。

釣り下手やな



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

急潮情報

2017年01月26日 22時03分02秒 | 釣りに関するエトセトラ
ここ数日、相模湾に急潮情報が発令されてます。
黒潮分流の18度から19度の潮が、断続的に流れ込んでる。
そのタイミングに合わせてサワラやワラサが活気ずく。海は正直だなぁ。


明日は南西で大荒れ。
春一番になるかもね。


明後日は東京湾でダブルヘッダーの予定です。
春の兆しに誘われて、
果たして爆釣はあるのかな⁉️












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fショーの週末ですが

2017年01月23日 00時38分16秒 | 釣り以外のエトセトラ
1月21日(土)22日(日)

フィッシングショーの週末だけど、今年はイイかなっと。。。

膝はまだチョット心許ないので、冬山は封印中。ゆえに結構身を持て余します。
もう痛みは殆どないんだけど、強い負荷を掛けるのもどうかと思うので、パーソナルトレーニングと軽い運動で様子見が続いてます。


土曜は自転車で近所をポタリング。
江の島の大堤防の上まで自転車担いで上がったよ。



いつの間にか堤防上がウッドデッキになってたんだね。
西風がビュービュー吹いてて、釣り人も2、3人しか居ませんでした。

奥の駐車場の横では、オリンピック会場の工事が始まってる。
前回の東京オリンピック同様、3年後にはここでヨットレースやるんですね。
賑やかになりそうだ。



江の島からの富士山。
やっぱ、この位置から見る富士山はずば抜けてる気がします。



日曜は娘とオペラを見に行ってきた。
新国立劇場の「カルメン」です。



彼女はカルメン見るの初めてで、聞き覚えのある曲がいっぱい出てきたから面白かったみたい。
まあ、娘とお出掛けする機会もあまり無いので良かったかな。


来週は久々に釣りの予定あり。
フィッシングショーと共に春一番の季節到来ですね。
風に振り回される季節だなぁ。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加