G’Sの小部屋ブログ

G’Sの暇つぶし場

1/12スケール 9mmゲージ ポッポの丘の手漕ぎトロッコ

2017年07月17日 | 鉄道模型(Nゲージ・9mmゲージ車両)



1/12 9mmゲージ ポッポの丘の手漕ぎトロッコが完成しました。
製作記事はこちらへ。
1/12スケール 9mmゲージ ポッポの丘の手漕ぎトロッコの製作 その1
1/12スケール 9mmゲージ ポッポの丘の手漕ぎトロッコの製作 その2
1/12スケール 9mmゲージ ポッポの丘の手漕ぎトロッコの製作 その3




塗装を終えていよいよ完成です。
車体は赤2号、人形はシャインレッドです。




組立に入る前にトロッコの心臓部を少しだけお見せしましょう。
初期段階には無かった軸受をウォーム軸先端に取り付けてあります。KATOのEF65の動力ユニットから供出した物です。
また、黒い輪ゴムの右側に座金を追加しました。
この2つが無いと動作時の抵抗が大きく、非力なBトレモーターでは走行が厳しい為です。




上記と同様の理由から、ハンドル軸の左右にも座金を入れました。





と言う事でめでたく完成でございます。




真横から。
イスの立ち上がり方は現物と違い中央付近から伸ばしています。
重心を中央に集中させたい為にアレンジしました。




正面から。




ハンドルとハンドル軸は精密ネジで固定、後の分解整備作業に備えました。




動力ユニットと車体は画像左側のM2ネジで固定されています。




ドライバーに乗車して頂きました。
BGMはこの辺りがよろしいかと。
近所のスーパーで時折流れています。




high speedなridingの姿勢からの改造なので若干姿勢が悪いです。




走行させると中々面白い動きをします。
動画でお見せできないのが残念!






レーシングスーツ、ヘルメットは当初の予定通り90~92年頃のセナ風としました。
特定のレース仕様と言う訳ではないので色々ごちゃ混ぜになっています。




バイザー内の前照灯(モノアイ)は白色LEDにMr.カラーの蛍光ピンクの上澄み液を塗っています。
コンデンサーを入れていない為、後進時にチラつくのもご愛嬌。




そして例の所(S県K市P店)で試運転です。
身内以外のレーサーは居ませんでした。




ここのコースは複線間隔に余裕が有るので他列車とのすれ違いも余裕です。




各駅停車待避の為に側線に入っていますが違和感ないですね。




高架線を見下ろせる背の高さ。




後ろの高架駅が観客席に見えてきませんか?!
ほ~ら見えてくる見えてくる・・・。

以上!
※製作にあたり快く協力して下さったS様、撮影に協力して下さったT様・M様ありがとうございました。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« modelcars 1/43レジンキット... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。