函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

函館近郊の名所(その2)

2016年10月14日 06時28分12秒 | オヤジのつぶやき
自宅から車で1時間チョイのところにある鹿部町の間欠泉。
恥ずかしながら、一度も見たことがなかった。
間欠泉の前を走っても素通り状態だった。

ところが鹿部町は、間歇泉公園周辺整備の一環として道の駅をオープン。
北海道新幹線開業に合わせての整備である。
函館駅や新函館北斗駅からも無料バスを運行する熱の入れよう。

と言うことで過日、全国的に珍しい「間欠泉」を見に行って来た。
この間欠泉は、1924年(大正13年)の温泉試掘中に見つかったとか。
約10分間隔で約100度の温泉が地下26mから湧き上がって来る。

地上15mメートル以上噴き上がるそうだが・・・。
噴泉湯が国道等に飛散するため、通常は地上約10mの位置に蓋を設けてセーブ。
また、噴出量は約500㍑だという。

おまけに公園内には間欠泉の温泉を利用した足湯を設置。
駐車場の横には、魚介類を蒸して調理するコーナーやバーベキューコーナーもある。
この日は、あいにくの霧雨の天気・・・。

後で知ったことだが、鳥羽一郎の曲「北斗船」の歌碑が建立されているそうな。
見落としてしまった・・・残念。
ということで、天気の良いまたの機会に再度訪問したい・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カジノ法案に燃える政治 | トップ | 東京五輪の空洞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。