函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

かけそば学園vs今治市

2017年06月20日 04時05分06秒 | オヤジのつぶやき
かけそばことK学園は、学園商法とまで言われ始めた昨今。
K学園は、大学誘致に熱心な首長に補助金等でバックアップして貰う。
そんな手法で学校事業を拡大してきたと言われる。

今回の獣医学部を創る予定候補地の愛媛県今治市。
同市では、学校用地として37億円の土地を無償譲渡。
校舎建設費は総額192億円のうち、補助金として上限64億円を支払うことも決まっているとか。

今治市の担当者は、建設費の総額192億円は、K学園から図面と金額を示されただけと言う。
積算根拠の書類もないと言うから二重に驚く!
はぁ~、なんじゃこりゃ?杜撰などんぶり勘定は?

今や全国の大学は、厳しい経営を余儀なくされているところも数多ある。
そんな厳しい現実の中で、話題満載のK学園の獣医学部は・・・。
開部しても学生をうまく集めれるのだろうか。

本件の国家戦略特区で獣医学部の新設には、今治市長と前愛媛県知事。
このお二人が、旗を振って汗した経緯があるらしい。
いろんな会議では、繰り返し獣医学部新設の必要性を訴えたとか・・・。

また、安倍クン、今治市長、前愛媛県知事には、こんな共通点もあるそうな。
右派団体「日本会議」の活動に参加・・・。
そして前愛媛県知事は、「美しい日本の憲法をつくる愛媛県民の会」の実行委員長。

いやはや、なんともベッタリの関係であることか。
と言うことで、獣医学部新設に反対する今治市民の中には・・・。
本件の計画に危機感を抱いている市民も多いようだ。

この獣医学部の定員は160人で、他大学の平均の約3倍。
就職先が確保できなければ受験生が減って、大学経営が難しくなる厳しさが待ち構える。
また、学部設置の可否を審査している文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、こうも指摘する。
教員には、若手と65歳以上の教授が多いこと等も問題・・・。

K学園の運営が暗雲に乗り上げておかしくならなければいいが、と案じる次第。
一方の今治市の負債は、既に900億円以上と来た。
色気を出し過ぎて「第二の夕張」になりかねない。

そんな不安も取り沙汰され始めた「かけそば騒動」の延長線上である・・・。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忖度vsレントシーキング | トップ | 安倍クンが反省の弁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オヤジのつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。