函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

入院ベットを減らす

2017年05月15日 06時06分24秒 | 健康・医療・福祉
この話題は以前にも書いたが、美しい国は本気でやるらしい。
厚生労働省は10日、「地域医療構想」の分析結果を公表した。
これは、8年後の2025年における各都道府県の医療提供体制を示すものだ。

構想では、複数の市町村で構成する全国341の区域ごとに推進。
その約8割に当たる270区域で、長期療養向けの入院ベッドが15年度より減る見通し。
入院の必要性が低い高齢の患者を在宅医療に移す流れを加速させるそうな。

厚生労働省は、在宅医療を推進し医療費の膨張を抑えると胸を張る・・・。
そして我々団塊の世代が、全て75歳以上になる25年。
それを前に効率的な提供体制を整えるんだって。

思うに、なぜ市井の生活者にばかり、こうもシワ寄せになるんだろう?
医療費も高い、院外薬局に行けば薬代も高い。
この薬局では、「お薬手帳」で訳のわからん説明。

それにも点数を付けて、薬単価に上乗せして請求する景色。
医者と院外薬局にばかり儲けさせず、切り詰めるところは切り詰める。
そんな施策をなぜ取らないのだろうか?

やはり政治屋たちに医療団体からの鼻薬が効いているからなのだろうか?
頑張ってきた団塊世代の私たちも、粗末に扱われる時代が到来と心すべき。
どうも美しい国のやることは、心底信用できない・・・。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇陛下の退位に思う | トップ | 原発のゴミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。