函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

忖度疑惑の眺め方

2017年07月15日 05時19分03秒 | 政治
最近、安倍クンや取り巻きの忖度軍団の行状を見ていると呆れ返ってしまう。
ほかならぬ記録文書への対応方針である・・・。

まずは、ないと言って捌く。
あったとなれば、出所不明の怪文書と言い切る。
怪文書でないとなっても、のらりくらりの対応でまともに調べない。

あるいは、廃棄されたと言って、その場を取り繕う。
それでも出てきたら、内容が不正確で違う、と言ってごねる。
何か最近の忖度政治を眺めていたら、こんなストーリーを思い浮かべるようになった。

あったものをなかったことにする政治のすばらしさに感動。
そして7月10日の参考人招致では、のらりくらりと時間稼ぎ。
ところが13日に忖度係の茶坊主軍団である自民党が、急きょ作戦を変更した。

野党が求めていた安倍親分が閉会中審査に出席することにした。
はぁ~~~?なんじゃ?こりゃ~~~?
今頃になって親分に説明責任を果たさせる場面を演出?

内閣支持率の下落が止まらない中での苦肉の策でしかないらしい。
支持率の急降下が止まらないらしく、支持率は30%を切ったとか。
ヤバイよねぇ~、困ったねぇ~、安倍クン。

こんなつぎはぎだらけの弥縫策では、今更、遅いって!自業自得だよ、安倍クン。
と言うことで忖度疑惑の眺め方を変えてみた・・・。
結論的に忖度があったか、なかったか・・・そんなことは、もう、どうでも良い。

学園の獣医学部も承認されたと仮定しよう。
受験生にすれば、既に志望の獣医学部に照準を合わせて猛勉強中。
そこに新規参入の獣医学部が参戦することになるが・・・。
大学と言えども、学生がいて商売が成り立つビジネスだ。

心配なのは、渦中の獣医学部に学生は集まるのか?ということである。
もし学生が集まらなければ、安倍くんは大恥をかくことになる・・・。
まぁ、その前に、説明責任の場で集中砲火。

しどろもどろの姿がテレビ放映されて・・・。
国民の笑い者にならなけれ良いんだが、まぁ、心して閉会中審査に出て来なさい!
せいぜい頑張ってね!安倍クン!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢のために生きる | トップ | 安倍政権のこれから »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。