函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

カラス撃退法

2017年05月26日 04時06分03秒 | オヤジのつぶやき
カラスが文字を読めるのか?
岩手県大槌町にある東京大学の研究施設では・・・。
春になると、カラスに「警告文」を出す。

「カラス侵入禁止」と書いた紙を吊るす。
そうしたら、本当にカラスが来なくなった。
研究者が放つこの奇策!

今年で3年目!東大が連勝!とメディアは伝えるが信じられない。
大槌町にある「東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター」。
このセンターは、世界的な海洋研究の拠点として1973年に前身がオープン。

だが、震災の津波は3階建ての最上階まで到達。
その後、3階だけ仮修復したが、1・2階はがれきの撤去後、物置になった。
そしてカラスの被害が目立ち始めたのは、15年春。

津波で周囲の住宅が壊滅して人影が消え、センターも扉や窓がなくなった。
と言うことでカラスが繁殖期に建物に入り込む。
ところが、知人で「カラスの専門家」である宇都宮大学の研究員が・・・。
「警告文を出してみては」とアドバイス。

教授は半信半疑で警告文を吊るすと、カラスはすぐ来なくなった・・・。
まさか~?信じられない・・・。
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忖度政治を斬る | トップ | 忖度疑惑(続編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オヤジのつぶやき」カテゴリの最新記事