函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

都知事が散財に大活躍?

2016年11月20日 06時01分25秒 | 政治
東京都知事が、散財に八面六臂の大活躍?
今度は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて・・・。
外国人観光客を案内している東京都のボランティアの制服。

昨年6月のお披露目以降・・・。
ネット上で「ダサい」などと否定的な意見が相次ぐ。
これ受けてか、同知事は問題視し始めた。

躊躇なく変えていきたい、と決意も新た。
この制服は、東京都が若手デザイナーを起用して制作。
ポロシャツや防寒着など4種類、計3,735着を作り、制作費用は、計約3,015万円。

東京都知事は、こう語る・・・。
申し訳ないけど、色もバラバラ。
これを着たいからボランティアになるという話も聞いていない。

問題の制服は、東京ブランドのあり方検討会なるものを立ち上げて・・・。
今後の方向性等を協議するらしい。
より研ぎ澄まして都民が着たいものにすることが、東京のPRになると意気軒高。

ここにも税金の無駄遣いが、垣間見えるのである・・・。
ダサいか、そうでないかは感覚の問題。
既にできた制服をゴミ箱に捨てて新たな散財ドラマの演出に励む。

制服も税金・・・そんな感覚を忘れた政治ごっこの景色である・・・。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市長vs市議会の争い | トップ | 目立ち始めた憲法改正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。