函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

医学の進歩が凄い

2017年08月09日 05時55分32秒 | 健康・医療・福祉
一昨日は、「夢のがん治療法」を話題にしたが、今日もがんの話題。
医学の進歩の凄さに驚くニュース。
国立がん研究センター等は、血液1滴でがんを早期発見する新しい検査法を開発。

近く臨床研究を始めると言う。
胃・食道・膵臓・肝臓・胆道・肺・乳・卵巣・前立腺・膀胱がん。
そして骨軟部腫瘍・神経膠腫の13種類に対応できるそうな。

同センターの研究倫理審査委員会が、臨床研究実施を許可。
早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う予定・・・。

検査は細胞から血液中に分泌される遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用とか。
がん細胞と正常な細胞では、マイクロRNAの種類が異なり一定期間分解されない。

同センターや検査技術を持つ東レ等は、がん患者ら約4万人の保存血液から・・・。
乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓等13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定。
血液1滴で、がんの病期(ステージ)が比較的早い「1期」を含め・・・。
全てのがんで95%以上の確率で診断でき、乳がんは90%だったと言う。

医学の進歩の速さに、ただただ驚くばかりの昨今である・・・。
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新党の構想 | トップ | 芸能人の不倫劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康・医療・福祉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。