函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

わずか1秒のうるう秒

2016年11月07日 06時51分48秒 | オヤジのつぶやき
メカ音痴の団塊オヤジ・・・。
日本時間2017年1月1日午前8時59分に挿入される1秒間。
「うるう秒」を巡って、ITエンジニアから悲鳴が上がっているそうな。

「元日出社待ったなし」とか「エンジニア泣かせのタイミング」とか。
そんなことを言われてもピンと来ない。
しかしITの世界では、イレギュラーな「うるう秒」が挿入。

それによって、情報システムに障害が発生する可能性があるという。
結果、トラブル対応や事前準備で出社する必要が出てくるそうな。

 「うるう秒」の挿入は、原子時計の刻む正確な時刻(原子時)。
それと地球等の天体の動きに基づく(天体時)のズレ。
それを調整するために実施するものらしい。

1972年に始まり、今回で27回目・・・そんなことも知らなかった。
そして、元旦に調整が行われるのは2008年以来9年ぶりとか。
たった1秒の「うるう秒」で、大きな影響を受けるのが情報システムの分野。

通常は存在しない「59分60秒」という時刻が挿入される。
いやはや、情報ツールが進化して喜んでいたが・・・。
陰でこんな苦労があるとは、知らなんだ、知らなかった。

たった1秒、わずか1秒・・・されど1秒である・・・。
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高速道路の逆走 | トップ | 怖過ぎる国、フィリピン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オヤジのつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。