函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

1千万円の報酬

2017年02月09日 05時11分23秒 | 政治
連日、文部科学省の組織的な「天下り」斡旋問題で盛り上がる。

国会での質問では、人事課OBの処遇はこんな塩梅。
顧問報酬では、月2日勤務で1千万円か?と質問に・・・。
社に出向く回数は基本的にそう、金額はその通りと答える始末。

裏稼業の斡旋を実行させるために表稼業を用意。
腰を抜かすほどの法外な報酬。
それに対して軽微な勤務条件。

文部科学省は、職員が多いため各種保険を扱う・・・。
ということで、保険会社にもメリットがある構図。
双方のビジネスチャンスが、図らずも一致。

年間24日の出社で顧問報酬1千万円。
1日ざっと42万円・・・目まいを起こしそうな金額。
保険会社の言い訳も、実に振るっている・・・。

報酬は労働時間ではなく、本人の経験や知見へのもの。
妥当な水準ととらえている、言って憚らない。
保険会社もクレージー過ぎやしまいか?

企業の常識は、世間の非常識か?・・・。
市井の生活者は、ため息しか出ない・・・あ~~~ぁ。
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文部科学省の嘘 | トップ | 年金機構の無駄 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。