函館発「団塊オヤジの独り言」

団塊世代の心意気をブログから情報発信。
遊び心を入れて日々思うこと、感じることを徒然なるままに・・・・。

共謀罪の審議が迷走

2017年05月13日 12時51分23秒 | 政治

いやはや、共謀罪の国会審議が迷走しているようだ。
織犯罪処罰法改正案で、こんな攻防。
無料通信アプリ「LINE」や電子メールが捜査の対象になるかどうか。

審議中の参議院予算委員会で法務大臣がチグハグな答弁。
民進党代表の質問に対して、こんな塩梅。

組織的犯罪集団が犯罪の実行を合意する手段は、電話やメール等、様々な方法があり・・・。
捜査の対象として限定することは考えていない、とした。

ところが捜査機関が合意を確認するため、ラインやメールを監視するのかと質問。
すると、デジタル情報を監視するものではない、という。

捜査機関が摘発のきっかけを得るため、一般人を幅広く監視するのではないか。
たたみかけるようなこの質問では・・・。
捜査にはメモや自供等、ほかのきっかけも必要だと主張したかったらしいが・・・。
言葉の上では、正反対の答弁をした形・・・。

法務大臣自身が、共謀罪の何たるかを知悉していないからこうなる。
共謀罪を作るのは、止めた方が無難。
そんな迷走審議に汗する美しい国の国会が、可哀想な景色である・・・。



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党は風前の灯 | トップ | 天皇陛下の退位に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。