「松風庵日記」 心はいつもお茶日和  (裏千家茶道)

後半の人生の楽しみ方見つけましょう!

お菓子で綴る旅の報告

2017年06月21日 | 日記

二泊三日の京都の旅から帰ってまいりました。
二日間はお天気に恵まれましたが、三日目は時折の雨に会いました。
それでも前日の夜からの大雨は峠を過ぎていましたので、
大したことにはならず、予定をこなせました。
帰りの新幹線は少し遅れていました。
これも峠を過ぎていたので、20分ほどの遅れで済みました。

旅の報告をと思いますが、
まずは三日間で頂いた、甘いお菓子を紹介しながらの報告です。

一日目は表千家の北山会館に、永楽善五郎さんの講演を聴きに。
講演の前の呈茶で頂いたお菓子です。

            

きんとんの「紫陽花」
お話しのテーマは、永楽家と表千家の関わりの歴史と、代々の作品について。
そしてご自身の作品に込める想いなど。
聴き終わって、永楽さんの焼物にとても親近感が持てました。
ちょっと今まで抱いていた作品への印象も変わりました。
やはり作者の人間性に触れることは、作品への理解が深まりますね。


明けて二日目には、今度は裏千家の茶道資料館へ。
現在開催中の展示「やきもの巡り~京都・滋賀編」を、
じっくりと見ることができました。

ここでも展示を見た後、お茶を一服頂きました。

           

お菓子は「水無月」でした。

この資料館では、偶然にも、文庫長の筒井先生にお会いし、
東京でお世話になっているご挨拶をすることができました。


三日目は、旅の最後に立ち寄った、「ZENカフェ」での甘いもの。
ここは鍵善さんのカフェです。
前回寄った時のことを思い出しながら、場所がわかるかと心配でしたが、
記憶をたどって、方向音痴の私には珍しく辿り着けました。

           

季節のお菓子は寒天と小豆と梅の甘露煮に、蜜をかけて。
最後は、ご覧のようなコーヒーとのセットで、
今回の旅の疲れを、少し癒しました。
ここはお菓子の味も、コーヒーも、器も素敵な、
とても落ち着いた空間で、旅の最後の一息にはとても良いです。

             

 

このように日替わりで、時候のお菓子と、お茶を頂き、
それだけでも楽しい旅でしたが、これだけではありませんよ。
次は美術館編とお寺編をご報告しますね。
それからお食事編もかしらね。

まずは甘い物編でした。
お土産は日持ちのする干菓子が中心ですが、
またしばらく皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合格でほっとしました | トップ | 遅くなりました~七月の稽古... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。